電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • ご相談・ご質問なんでもお問い合わせください
  • LINEでも受付中!
ハンマードリル買取強化中 ハンマードリル買取強化中

ハンマードリル買取なら「ツールオフ」へ

電動工具の中でもあらゆる現場で活躍しているハンマードリル。
ツールオフには、あなたのハンマードリルを
まだまだ活躍できる工具へと見事に蘇らせる、熟練整備士たちがいます。
「もう使わなくなった…」「買取ってもらえなかった…」など、
そんなハンマードリルも、きちんと査定します。
高額買取、無料査定は、ツールオフ。

TOP >  電動工具買取専門ページ >  ハンマードリル買取

LINE査定3000円現金キャッシュバック

高く買い取ります! 買取強化中のハンマードリル

  • BOSCHGBH36V-LIY最高21,000円
  • makitaHR165RMJ最高18,000円
  • makitaHr262DWBX最高28,000円
  • MAXPJ-R266-B2C最高35,000円
  • PanasonicEZ7880最高32,000円
  • RYOBIED-351最高18,000円
  • 日立DH18DBL最高35,000円
  • ヒルティTE 6-A22最高54,000円

ツールオフはオリンピック需要で

ハンマードリル高額買取中!
ハンマードリルの 買取価格自信あり!

品薄の商品や未使用品でもコンディションの良い商品は更に高額で買取できます!
例)マキタ ハンマードリル HR171DRGX

A社
25,000円
B社
27,000円
C社
26,000円
ツールオフ買取実績
30,000円

ハンマードリルは電動工具の中でも使用しているユーザーが多く、高い作業効率と人気を誇る工具です。
だからこそ買取業者によって価格に大きな差が生まれやすくなります。希少価値が高い限定商品だけではなく、定番商品や最新作に至るまで、
業界トップクラスの実績を記録する「ツールオフ」なら、驚くほど高い買取金額をご提示することができます。売却の際は是非当店をご利用下さいませ。

ハンマードリルの買取金額が 他社よりも高い3つの理由

Point1
独自の海外販売ルートあり!
国内で売れない工具も
売り先があるから高額買取!

修理調整が自社で可能!
工具知識の豊富な鑑定士と整備士が多数在籍しているため、不具合がある場合でも高価買取実績が多数!
確実な診断力と修理コスト低下により、その分買取金額に還元いたします。

Point2
関東圏の店舗数NO1
各地の需要から導く
トップクラスの査定力

累計60万点を超える買取実績から1万アイテムを超える商材において現時点の相場だけでなく過去の実績やトレンドを把握しております。
その膨大かつ緻密なデータに基づき自信を持ってより正確な買取価格をお付けいたします。

Point3
工具修理職人が在籍
自社で修理整備するから
高値で売れる買える!

電動工具は使わないだけでも不具合が生じやすい商品です。
社内のベテラン整備士により常にメンテナンス・管理することによりローコストで長期在庫を保有することが可能に。
長期保有を実現することで適正な販売価格を付けることに成功しました。

多くのベテラン整備士の存在により
実現する高価買取

お買取りさせて頂いた電動工具の約6割の商品は常にメンテナンスが必要な商品です。例え未使用品であっても動作確認が必要な商品もあります。次にご使用いただくお客様に販売させて頂く前には定期的なメンテナンスが必要になってきます。当社ではそのメンテナンスを社内で内製化しており、中にはこの道40年ベテランの整備士も在籍しております。
通常では外部のメーカーや専門業者でなければ修理することができない電動工具も「ツールオフ」ののベテラン整備士により修復・管理が可能です。その外注費用を抑えることが出来るためお客様への買取価格を高く提示させて頂くことが出来るのです。

修理費や維持管理費を「ツールオフ」なら内製化で大幅削減!
だから、他社よりも高額買取!

ハンマードリルは買取強化中の商品です! 高価買取ランキング

1位
マキタ ハンマードリル HR171DRGX
詳細情報

最高値¥30,000円

マキタ makita

ハンマードリル HR171DRGX
長時間作業でも疲れにくい人気モデルです。新品中古問わず高額買取となりえます。

2位
ハイコーキ ハンマードリル DH18DBDL(2LYPK)
詳細情報

最高値¥39,000円

ハイコーキ HIKOKI

ハンマードリル DH18DBDL(2LYPK)
カーボンブラシの交換不要なモデルです。安定した高額買取対象が望めます。

3位
詳細情報

最高値¥15,000円

ボッシュ BOSCH

ハンマードリル GBH2-28DFV
BOSCH史上最高傑作と言わしめる人気モデルです。
状態により高額買取対象となる可能性大です。

もっと見る

ハンマードリル買取価格表

マキタ
商品名
新品買取価格
中古買取価格
HR170DRGX
26,000円~
19,000円~
HR164DRGX
27,000円~
19,000円~
HR164DRTX
15,000円~
HR164DRMX
15,000円~
HR162DRMX
14,000円~
ハイコーキ
商品名
新品買取価格
中古買取価格
DH28PB
11,000円~
8,000円~
DH40MRY
11,000円~
DH14DSL(LJCK)
22,000円~
14,000円~
DH28PBY
12,000円~
8,000円~
DH42
16,000円~
10,000円~
パナソニック
商品名
新品買取価格
中古買取価格
EZ78A1LJ2G
31,000円~
27,000円~
EZ78A1LS2G
27,000円~
21,000円~
EZ78A1LJ2F
31,000円~
25,000円~
EZ78A1LS2F
25,000円~
19,000円~
EZ7840LE2S
11,000円~
もっと見る

ハンマードリルなら
全メーカー買取対象です!

売りたいメーカーについて詳しく見る

買取強化中のハンマードリル

【マキタ】・HR2631F・HR2651・HR2811F・HR3530・HR3541FC・HR3811・HR4013C・HR4511C・HR5212C・HR1831FTX
【日立】・DH18MB・DH22PB・DH24PB・DH38SS・DH24PG・DH24PH・DH40MEY・DH28PMY・DH30PC2・DH52MEY
【BOSCH】・GBH2-26DFR・GBH2-28F・GBH3-28DRE・GBH4-32DFR・GBH11DE・GBH5-40DC・GBH5-40DC・GBH5-40DCE/N・GBH8-45DV・GBH2-23REA
【Panasonic】・EZ7880・EZ6813X・EZ78A1
【ヒルティ】・TE 2-A22・TE 4-A22・TE 6-A22 (04)・TE 6-A36
【MAX】・PJ-R266-B2C/40A・PJ-R265-B2C/40A・PJ-R265-B2C

ハンマードリル買取について よくあるご質問。

Qセットになってなくてもお買取りしてもらえますか?本体だけでも買い取ってもらえますか?
本体だけでもお買取り可能です!
ドリルなど先端工具もぜひセットでお売り下さい。
その際、未使用の状態と1回でも使用してしまった場合とで金額に差ができてしまいますので、できれば未使用のままお持ちください。
Qどのようなハンマードリルが高く買い取ってもらえますか?
型式では最新モデルが最も高く、限定モデルも高値がつきやすくなります。
仕様で言えば大型モデルになり電圧の高さに買取金額も比例してゆく傾向があります。
しかし、取り回しのよい小型モデルの人気は高く、買取額は安定しています。
大型のものになると、ハンドルの有無もお買取り金額に関係してきます。
Qメーカーによって買取金額に差はありますか?
メーカーによる買取金額の差はございます。メーカー、型式によって影響される事が多いです。
どのメーカーでも共通して、最新モデルから型落ちするほど買取相場が下落してゆきます。
しかし、ユーザーの多いマキタや日立、ボッシュ、ヒルティなどは多少型落ちしても高額買取されます。
Q店舗が近くになく店頭まで伺えませんが買取可能できますか?
対応エリア内であれば出張買取に伺います。
遠方にお住まいでございましたら宅配買取にて日本全国対応可能です!
Q大量の工具で持ち込みが出来ない時は?
大量買取大歓迎です。
過去には工場や金物屋等の店舗まるまるや4tonトラック・貸し倉庫内全ての買取などの大量買取の実績が多数ございますので安心してお問合せ下さい。
Q査定した工具はキャンセルは出来ますか?
査定のみも可能です。
査定額にご納得頂けない場合はキャンセルも可能です。その際に、査定費用等は一切掛かりません!
Q出張料金は発生しますか?
出張料金は発生しません。
何かご不明点はこちらまで
Q事前に金額が知りたいのだけれど?
買取価格表はこちらでご覧になれます。
買取価格表に無い時や中古の時はLINE査定にてご確認頂けます。
更に今なら

おまとめ査定 インパクトドライバー+もう1点以上の買取で
買取価格 最大12%アップ!

例えば・・・

インパクトドライバ

30,000円
+

エアコンプレッサー

90,000円
+

釘打ち機

50,000円
+

発電機

70,000円

通常の単品での買取金額合計

=240,000円

おまとめ査定なら

=254,400円

14,000円得!!

こんな商品も買い取ります!

  • インパクトドライバ

  • ドライバドリル

  • 電動マルノコ

  • 釘打ち機

  • 電動カンナ

  • エアコンプレッサー

  • 発電機

  • 墨だし器

  • スナップオン

  • 油圧工具

  • ウィンチ

  • ランマ

  • VVFケーブル

  • 住宅設備品

  • バッテリー

査定の前に! 査定ポイント・事前チェックポイント

・充電式・コード式の違い!
ハンマドリルのコード式と充電式の大きな違いは安定して力を発揮できることです。コード式は電源の確保が出来れば安定して力を発揮できますが、充電式はバッテリーの残量が少なくなると力が落ちてきます。
また、充電式よりもコード式の方が軽量化されているのも特徴になります。その為、インパクトドライバや丸ノコと違い充電式よりもコード式の方が人気の高い商材になります。
メンテナンスされている!
ハンマドリルはグリスなどの注油もしくは交換が必要な工具でもあります。前後に運動する為、金属部が擦れ摩耗します。
しかし、グリスなどの注油や交換を行うことで摩耗を大きく軽減する事が出来、寿命が長くなります。
型式が古くもしっかりと手入れをして頂けていると高価買取に繋がり、型式が新しくとも手入れがされていないと買取価格が下がる可能性があります。
外観!
ハンマードリルに限らず、外観は査定する際に大きなポイントになります。最初に未使用品か中古の違いです。
未使用品の中にも商品が未開封なものは新品、開封済みは未使用品になります。又、長期保管していて未使用品でも外観に傷や剥がれなどがある場合は新古品扱いになります。(新古品とは未使用品ではあるが中古品としての扱いになります。)中古品はおおきく分けると動くものと故障しており動かない等のジャンク品に分かれます。
更に細分化すると動くものでも外装の剥がれや付属品の欠品・箱の有無など多岐に分かれます。ジャンク品も修理が可能なものと修理が不可能なものも御座います。(修理が可能な例としてはコードが断裂しているがコードのみ交換で良いもの等。修理が不可能な例としてはモーター等の摩耗が激しく代替えの部品が無い時等。)
おすすめの買取方法・買取時の注意点!
ハンマードリルのおすすめの買取方法は店頭買取になります。理由と致しましては商品を店頭にお持ち込み頂けるとその場で動作確認や外観などがチェックでき、確定要素が増え高価買取が実現できるからです。LINE買取では動作確認や外観など写真だけでは判断できない箇所もあり、不確定要素が増えてしまい買取価格が下がる場合も御座います。
宅配買取は弊社の買取キットをお客様にお届けし、買取キットに則り弊社に送付して頂きます。遠方のお客様には便利な買取方法で御座います。梱包の際の注意点ですが商品を段ボールにそのまま入れるのではなく、お手数ですが1度商品を緩衝材で包んで段ボールに入れて下さい。理由としましては段ボールにそのまま入れて頂くと輸送時に商品が破損する恐れがある為です。
出張買取は弊社の担当がご指定の場所まで赴き査定・買取させて頂きます。査定は無料になりますが担当がご指定の場所まで赴き、店舗まで持ち運ぶため買取価格に多少なりとも影響が出てしまいます。よって、店頭買取をお勧め致します。

ご質問やご相談がある方は
お気軽にお電話下さい!

0120-590-220

ツールオフがハンマードリルの買取で 選ばれる理由

1豊富な知識を持ったスタッフがしっかり査定!
ツールオフには専門的な知識を持ったスタッフが多数在籍しております!ハンマードリルなら通電確認後、実際にハツリが出来ているかをチェックしています。
充電式の場合はバッテリーの状態も確認致します。勿論、バッテリー無しの本体のみでもしっかりお買取りさせて頂いております。またお客様が事前に清掃、メンテナンス、オーバーホールを行っている場合も、しっかりと査定金額に反映致します。その結果、安定した高額買取を実現させております。
2電話、LINEでお手軽に査定!
ツールオフでは電話査定、LINE査定にも対応しております。お売りになりたい工具のメーカー、型番、簡単の状態をお伝え頂ければ直ぐに査定しご連絡致します。
LINE査定の場合は、ハンマードリルの全体を角度を変えて2~3枚とメーカー型番の写真を一緒に送って頂ければ、より細かに査定する事ができます。
その結果を持って店舗に来てくだされば買取も一層スムーズになりお時間も取らせません。ツールオフではこういったスピーディな買取も大きな強みです。
3店頭以外での買取にも対応!宅配買取、出張買取サービス!
ツールオフでの買取方法は店頭だけではありません。宅配買取、出張買取にも対応しております。お客様のニーズに合わせて選べる3つの買取方法がたいへんご好評頂いております。
「工具が大きくて持ち込めない」「買取ってほしいけどお店が遠い」といった時も宅配、出張にてしっかり買取させて頂きます。
宅配送料、出張費用はすべて当方負担なので店頭買取同様、無料で査定させて頂いております。ハンマードリルのお買取りなら、店頭買取か宅配買取をオススメ致します。
4地域ナンバーワンの買取実績!
ツールオフは関東地方に現在6店舗展開しております。
東京都には八王子店と西東京店の2店舗、埼玉県には川越店と浦和店の2店舗、神奈川県には神奈川・川崎店、群馬県には高崎店がございます。
いずれの店舗も、それぞれの地域で買取ナンバーワンの実績を誇っております。ハンマードリルを売りたいけど、どこに持って行けばいいのか迷ってしまうという方、まずは買取ナンバーワンのツールオフにお問合せ下さい。
5様々なキャンペーンを定期的に開催!
ツールオフでは定期的に様々なキャンペーンを展開しております。LINE@入会キャンペーンやご友人紹介キャンペーンなど、ご利用頂ければ買取価格10%アップなど様々な特典があります。こういったお得なキャンペーンもお客様に大変ご好評頂いております。

買取に必要な書類

買取の際は本人必要書類のみお持ち下さい
身分証明書として利用可能なもの

運転免許証、健康保険証、パスポート、
外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)

※18歳未満のお客様からのお買取りはご遠慮させて頂いております。


埼玉県エリア
店舗名
ツールオフ川越店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
0120-590-220
住所
〒350-0001
埼玉県川越市大字古谷上3819-8
駐車場
有 14台
ツールオフ川越店|埼玉県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ草加店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
048-915-7821
住所
〒340-0044
埼玉県草加市花栗3-20-45
駐車場
ツールオフ草加店|埼玉県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ所沢・入間店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
04-2936-7304
住所
〒358-0014
埼玉県入間市宮寺2723-15
駐車場
ツールオフ所沢・入間店|埼玉県の詳細はこちら>>>
東京都エリア
店舗名
ツールオフ八王子店
営業時間
10:30~20:00
電話番号
0120-540-385
住所
〒192-0012
東京都八王子市左入町371-1
駐車場
有 4台
ツールオフ八王子店|東京都の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ西東京店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-453
住所
〒202-0022
東京都西東京市柳沢5-15-33
駐車場
ツールオフ西東京店|東京都の詳細はこちら>>>
神奈川県エリア
店舗名
ツールオフ川崎店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-521
住所
〒212-0005
神奈川県川崎市幸区戸手2-2-1
エミネンス御幸101
駐車場
ツールオフ川崎店|神奈川県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ横浜店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
045-530-5095
住所
〒227-0044
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野1-10
駐車場
ツールオフ横浜店|神奈川県の詳細はこちら>>>
千葉県エリア
店舗名
ツールオフ千葉店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
043-306-9515
住所
〒263-0035
千葉県千葉市稲毛区稲毛町5丁目60?12
駐車場
ツールオフ千葉店|千葉県の詳細はこちら>>>
群馬県エリア
店舗名
ツールオフ高崎店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-248
住所
〒370-0854
群馬県高崎市下之城町179-4
駐車場
有 9台
ツールオフ高崎店|群馬県の詳細はこちら>>>

▼近くに店舗がない方はコチラ

  • 出張買取
  • 宅配買取

高価買取に自信があります! お客様の”驚き”の声!

20代男性
要らない工具を処分出来る!
便利な工具が発売されるとすぐに購入するクセがある事で、新品同様の工具が倉庫で眠っていた時に工具の買取を利用しました。自宅の近くにツールオフがあり、オークション等より高く売れると思いお試しにハンマドリルを買取依頼に出しました。
平日の日中に利用したので他の利用者も少なく査定時間も10分程度で終わりました。手間も時間もかけずにササッと要らない工具を処分してちょっとしたお金も貰えたので大満足です。機会があればまた利用したいです。
40代男性
昔日曜大工にハマっていた時に購入した古いハンマドリルを査定してもらいました!
引っ越しの際に押入れから出てきた時は、そのまま処分しようとした時に嫁から「ツールオフなら売れるかも?」と言われました。インターネットで中古買取をしている店舗を探して店舗にいってみると様々な種類の工具があって驚きました。
初めての買取で流れが分かりませんでしたが、スタッフの方の丁寧な説明があったので問題なく買取依頼や手続きを行う事が出来ました。買取価格も2000円ぐらいになれば良いかと思っていましたが、1万円近い買取価格だったので引っ越し祝いにちょっと贅沢なディナーを食べる事が出来たので嬉しかったです。
20代男性
古かったハンマドリルが予想以上の値段で売れた!
古い工具を売って新しい工具を購入する時の足しにするために買取をしてもらいました。以前、友人からリサイクルショップよりもツールオフでの買取の方が価格が高かったという実体験を聞いていたので気になっていた事も利用するきっかけの1つでした。
2つのハンマドリルを買取に出しましたが、片方はほぼ新品同様だったので高値で買取をして貰えました。もう片方のハンマドリルもそこそこの価格だったので満足度は高かったです。
同じ店舗でそのまま新しい工具も購入出来る便利さも気に入って今ではちょくちょく店舗を覗いたり買取を利用したりとリピーターとして重宝しています。

ハンマドリルについて

壁面への穴あけ作業には電動ドリルを使用して素早く穴あけを行いますが、材質によってはなかなか穴が開かない、電動ドリルでは全く歯が立たないということもあります。特にコンクリートやモルタルといった材質の場合は少々のことでは穴は空かないため、専用の工具を使用して穴あけなどの作業を行うことになります。

その際に使用するのがハンマドリルという工具であり、ハンマドリルには電動ドリルには無いハンマー機構を搭載しており、先端のブルポイントに前後方向に打撃力を加えます。その叩く力とドリルの回転によりスムーズな穴あけ作業などが行える電動工具です。

種類としては軸の形状により分かれており、小型のハンマドリルの場合はSDS-plusシャンクという形状が多くを占めています。大型のものは6角シャンク、SDS-maxシャンク、スプラインシャンクがありますが、ほとんどの大型ハンマドリルは6角シャンクかSDS-maxシャンクが主流となっており、スプラインシャンクはほとんど出回っていません。

用途に関しては硬い材質のものに穴あけを行うほか、ハツリ作業や解体作業などにも使用します。使用する上では大きな振動を伴うため周りに人がいないことを確認して使用することと、振動により粉塵がでるためその対策を行って使用することが望ましいでしょう。

各種メーカーの違い

・マキタ 電動工具メーカーのトップとして抜群の人気を誇るマキタ製のハンマドリルは、リチウムイオン電池を使用する充電式の製品が取り扱われています。同じ14.4Vのシリーズの中でも複数のモデルが販売されていますが、その差はリチウムイオンのアンペア数の違いにあり、4.0Ahから6.0Ahの製品までは販売されています。アンペア数の少ないモデルほど充電時間も減ることが特徴的で、最短36分間と短時間でのフル充電が可能となっていることもメリットの一つでしょう。防塵・防滴機能も備わっており、バッテリーを含み最大2.2kgの重量ながら回転数は1,600min-1、打撃数は5,300min-1と十分なクオリティを備えています。 マキタのハンマドリルには、電池の残容量を表示させる機能に加えて、何らかの故障が発生した場合にランプで異常を示す自己故障診断機能が搭載されており、異常発生時に一目で分かる工夫が施されています。別売りになりますが集塵カップも販売されており、作業効率を向上させることが可能です。マキタの欠点としてはバリエーションの少なさであり、専門性の高い電動工具を複数所有したいという方にとってはデメリットとなるでしょう。

・日立 日立では数多くのハンマドリルを製造・販売しています。ACブラシレスモーターを搭載したハンマドリルの製造を行ったのは日立が業界初であり、革新的な技術を用いたメンテナンスフリーのモーターを使用できるということは大きな強みとなっています。販売を行っている各クラスのハンマドリルで暮らす最大のハツリ量を実現させており、振動値の軽減も達成するなど、職人がどんな現場でも使いやすいパワフルなハンマドリルの制作に重点を置いています。 日立ならではの特徴となっているのはハンドルであり、通常時にはサイドハンドルとして横に突っ張ったような形を持ちますが、360度回転可能な設計になっているため、狭い場所ではハンドルを縦に直した上で使用することが可能です。ビットの装着もワンタッチで行える簡単な構造であり、スイッチを握ることなく連続した作業が可能となる連続運転機能も搭載され、さらにメーカー保証は2年間という長期に渡り、アフターケアも充実しています。一貫してバランスが良く使いやすい製品作りが行われていますが、欠点を敢えて挙げるとするならば静音性についての問題であり、多くの機能を搭載することを優先し、静音性に関しては後回しにしている印象が拭えません。

・ボッシュ  ボッシュでは、職人向けのハイスペックなハンマドリルから、DIYに向いた初心者向けのハンマドリルまで幅広いアイテムの販売を行っています。職人向けのフラッグシップモデルとしては、コンクリートにおいても28mmφの穴開けに成功できる能力を持っており、重量も2.9kgまでに抑えています。安全性を考慮した機能に関しても豊富であり、二重絶縁構造となっていることをはじめ、回転停止機構や安全クラッチ機構、さらにキックバック防止機構まで搭載されています。 最大の長所として取り上げるべきポイントはアクティブバイブレーションコントロール機能を搭載しているという点にあり、ハンマドリルの自動計算によって作業を行う上で最もバランスの取れた重心を取ることができ、それによって反動を最大限にまで軽減させられ、作業が長時間に及んだとしても負担を感じることが少なく、なおかつハンマドリルの扱いに慣れていない方でも使いやすいということにメリットを感じている職人は数多く存在しています。ボッシュも性能面に優れているハンマドリルを販売していますが、若干の気掛かりとしては幅のサイズが大きめであることで、狭い場所での水平作業に苦労するケースがあります。

・ヒルティ ヒルティでは、充電式とコード式という両方のタイプのハンマドリルを販売しているため、用途や好みによってタイプを選択することができます。コンパクトなモデルを選んだとしてもパワーが強く、コンクリートや石材に対しても確実に作業をこなせる実力を備えています。充電式のハンマドリルには大容量のバッテリーが標準搭載されており、一度の充電で丸一日の作業を可能にするほどの持久力と耐久性を兼ね備えています。また、人間工学に基づいたフリップのデザインが施されており、ヒルティ製のアイテムは疲れにくいということも職人の間では評判になっています。 ヒルティはアフターサポートの質と速さに定評があり、最短3日という期間で修理に出したハンマドリルが手元に戻ってくるという安心感を得られます。また、同一のモデルを購入する場合においても、不要に感じる付属品は排除することができ、欲しいと思ったアイテムだけを購入できるという点は経済的にも優しく、エコという観点からも高く評価できます。欠点となっているのは商品の価格の高さでしょう。付属品の数によっては20万円近い価格となるモデルも存在することから、アフターサポート等に付加価値を感じられない方には不向きになってしまいます。

・ボッシュ パナソニックでは、28.8Vという大容量のハンマドリルに加え、18Vと14.4Vの切り替えができるマルチハンマドリルを販売しており、いずれもリチウムイオン電池を搭載した充電式のハンマドリルです。木工からサイディング、金工にまで対応可能であり、防塵機能を備え、雨がかかったとしても問題なく使用できる丈夫な構造で作られています。さらにLEDライトも標準搭載されているため、暗所での作業や、天候の問題で工事個所が見えにくいという悪条件に見舞われたとしても、性能を落とすことなく短時間での作業を可能にしています。 独自のグリップ幅を持たせて製造していることが特徴的で、余計な力を加えずに指を引っ掛けて持ち上げられる細型グリップが採用されているため、作業時間が長時間に及んだとしても疲労を感じにくいことが長所です。連続作業にも耐えられる冷却ファンを搭載し、半透明で位置決めがしやすい集塵カップを使用するなど、現場での作業の過酷さを和らげる機能が各所に採用されています。欠点となっているのは重量であり、ハイスペックモデルを選択すると総重量は3.85kgに及びます。ただし、このクラスにおいては軽量な部類に入るため、用途を間違えなければ極めて優秀なメーカーと言えるでしょう。

・マックス マックスでは合計3種類の充電式ハンマードリルを販売していますが、現行品として取り扱われているのはマックス イージスに適合したモデルとなるPJ-R266-B2C/40Aの1種類に限られています。 こちらにはリチウムイオン電池DC25.2Vを採用しており、回転数は中モードを利用した場合には0-749回転/毎分、打撃数は中モードで0-3770回/毎分となっています。鉄工、木工、コンクリートにそれぞれ対応可能で、電池パック装着時のサイズは225×90×335mm、4.0kgとなっています。 他社製品には無いマックスならではの特徴としては、独自のシステムを活用した低振動機構の存在を挙げられます。複数の振動吸収スプリングを手元の負担がかからない場所に配置することによって、長時間の使用にも耐えられるほど安定感のあるハンマードリルに仕上げられています。 また、現場の粉塵や水道水などを使用した耐久テストにおいても高い数値を残し、長持ちする商品であるという点もマックスならではの強みです。短所としては複数の商品の中からハンマードリルを選択する余地がなく、高性能と引き換えに価格が高額な設定であるという2点を挙げられます。

ハンマドリルの選び方

ハンマドリルを選ぶ際には、種類や用途によって使用するハンマドリルを使い分ける必要があります。何故なら種類によって使用した際のパワーも違いますので、選択を誤ると正しい作業を行うことが出来ません。

種類別としては小型のハンマドリルに関してはそれほどパワーがありませんので主にコンクリートなどの穴あけ作業に使用するのがメインとなります。小型であるため利便性が高く小回りも利くため、室内での作業にも支障をきたすことがありませんし、程ほどのパワーなので穴あけ作業において穴が開きすぎたといったこともありません。大型のものはハツリ作業などパワーが必要な場合に使用するのが最適だと言えます。

作業別に必要なスペックとしては、コンクリートなどの穴あけがメインで使用するのであれば、それほど大きな力は必要ないため打撃性能も分3000回以下でも十分な能力となります。ハツリ作業の場合は細かく粉砕する必要もあるので、打撃性能が高く分4000回以上のものを使用するほうが効率的な作業を行うことが出来ます。

メーカーごとの違いに関してはそれぞれ特徴があるハンマドリルを製造しており、粉塵を出さない機構を備えたものや引っかかりが合った場合にそれによる怪我を防止する機構を備えているものなのがあります。種類が多いので用途や作業に合わせてドリルを選ぶと良いでしょう。

ハンマドリルのメンテナンス方法について

ハンマドリルのメンテナンスに関しては、ハンマドリル本体だけでなく使用しているドリル刃のメンテナンスも一緒に行う必要があります。

本体に関して必ず行うべきメンテナンス作業は注油という作業です。これはハンマドリルの性能を維持するためにも必要となりますので、作業を行った後には忘れないようにしなくてはいけません。全てのハンマドリルでこの注油は必須となり、ハンマドリルはその機構上前後に動くため、その部分をスムーズに動かすためにはオイルが必要不可欠となります。もしオイルが切れてしまうと負荷がかかるために熱が必要以上に発生したり、作業中に負荷がかかりすぎてドリルが壊れてしまうこともあります。

種類別のメンテナンスとしては、6角タイプの場合ドリル刃をとめる軸が磨り減ってくることもあるので、常に軸に問題が無いかを確認する必要があります。SDSタイプの場合も軸が磨り減り刃が正常に取り付けできな苦なることがあるので、SDSの場合も軸のメンテナンスをしっかりと行う必要があります。 特に粉塵などが内部に入り込むことで軸を傷めることもあるので、清掃をしっかりと行いましょう。刃に関しても取り付けする軸の磨り減りや、刃自体に欠けや割れが無いかを確認して、異常があれば使用しないようにすることで怪我などのトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

超解説!正しい工具の使い方~ハンマードリル編~

ハンマードリルとは
ブロック塀といったコンクリート製のものに穴をあけていく際、最もよく使われている工具の一つです。 いわゆるドリルにはいくつかの種類があるのですが、通常の電動ドリルでは硬い素材に対してはパワーが足りず、全く歯が立ちません。 ハンマードリルは強力な回転と打撃の併用によってコンクリートにも楽々穴あけ・ハツリを行うことができるので、土木工事や建築業には今や欠かすことのできない工具となっています。

電動ドリル、振動ドリルとは別物なので注意
同じ穴をあける工具としてはハンマードリル以外に、「電動ドリル」があります。 電動ドリルは基本回転のみの力なので木材に下地となる穴をあける場合などは便利ですが、パワー不足なので石材などにはあまり適しません。またハンマードリルは、同じように打撃と回転を併用した「振動(インパクト)ドリル」とよく比較されます。 振動ドリルの場合は、電気ドリルとチャックが共通しているので同規格のビットを使用することができますが、ハンマードリルは電気ドリルとは全く別規格のチャックであり、ビットはその専用のものを用意しなければなりません。 また振動ドリルの場合は「回転のみ」「回転+打撃」の2つのモードで作業しますがハンマードリルの場合は「打撃のみ」で作業をすることも可能で、よりパワフルで大きい穴をあけるのに適していると言えます。

ハンマードリルを使うときの基本的な手順

1.目的に合わせたビット(先端部)を準備し、セットする。
ハンマードリルの作業の対象になる素材は、木材からコンクリート、場合によっては金属など目的によってさまざまで、さらに材質の硬さによって穴あけ可能なサイズ(半径)も決まっています。まず事前に、これから使用するハンマードリルで目的に合った穴をあけられるかどうか、付属の仕様書などの記載を確認しておきましょう。 その上で作業内容に応じてビットを選択し、電源を抜いた状態でビットを先にセットしておきます。

2.要所で安全対策をしておく。
ハンマードリルによる掘削は粉じんを飛び散らせるので、それを吸い込んだり、また当たったりする危険がありますので防備は必要です。 作業する人は防護メガネ(ゴーグル)やマスク、それに作業用手袋などを着用するようにしてください。

3.利き手で押し、その反対の手で支えて作業する。
ほとんどのハンマードリルの場合は例えば右利きの人であれば、左手で再度ハンドルを支え、右手でハンドルを押し込んでいく姿勢をとります。 まずは電源を入れ、上記のようにハンドルおよびサイドハンドルを両手でしっかりと保持した上で作業を開始します。穴をあけたい箇所にビットの先端を押し当て、振動などで軸がずれることを防ぐため、利き手で軽く押し当てるようにしながら掘り進めていきます。

4.定期的に穴の中の屑をきれいにしながら進める。
穴あけが進んでいくと、切削屑や粉塵が大量に出てきます。作業してできた穴の内部にこれらのごみがだんだんと溜まり、徐々に切削の邪魔となっていきます。時間とともにハンマードリルの進みが悪くなった(重くなった)ように感じたら一旦作業を止め、切削穴の内部を清掃して再開しましょう。あとは作業完成までそれを繰り返すだけです。

ハンマードリルを使うときの注意点とは

押し込む力の入れすぎに注意
利き手でドリルを押し付けていくのは、穴をあけるためではなく軸が振動でずれないためです。もともとハンマードリルは振動ドリルと違って、機械固有の打撃力が十分強力ですので、押し付ける力がわずかでも十分に掘り進めることができます。ですから手で強く押し当て過ぎると意味もなく疲れてしまい、結果として作業効率を下げてしまうので注意したいものです。

作業直後に持っている熱には注意!
穴あけ作業を終えた直後、先端のビット部分は高い熱を持っています。ここに不用意に手で触れると火傷を起こすおそれがあるほどです。 ですから作業の後はしばらくハンマードリルを放置してビットを冷却するようにしましょう。この時、誤作動を防ぐため作業が終わったらすぐに電源を抜いたうえで放置したほうがいいと思います。