ポリッシャーの
買取価格自信あり

ポリッシャー買取価格の比較


ツールオフ
¥ 28,000
A社
¥ 24,000
B社
¥ 25,000

品薄の商品や未使用品でもコンディションの良い商品は更に高額で買取できます!
例)マキタ PO500DRG

ポリッシャーは車等の研磨や艶出し専門で使用する工具です。当店では、ご自宅用のシングルポリッシャーも、業者用のギアポリッシャー、ダブルアクションポリッシャーもお買取りさせて頂いております。また、エアコンプレッサで使用するエアポリッシャーも落折扱いしています。
マキタが最近発売したPO500DRGはAC機並みのパワーを実現しています。
ツールオフにお持ち込み頂くのはコード式タイプが多く、自宅で使う際は使用頻度が少ないので中古品が欲しいとの声も頂きます。どこよりも高価買取とさせて頂きますので、中古のポリッシャーの買取ならツールオフまで是非お持ち込み下さい。

毎日更新!ポリッシャーの買取速報

買取実績をもっと見る

ポリッシャー買取で「ツールオフ」が選ばれる6つの理由

1 どこよりも高価買取に自信あり

その① 高く再販売するノウハウがある

  • ポリッシャーの買取ならツールオフまで。自社のベテラン整備士が1点1点細かくメンテナンスしています。

    ポリッシャーはモーターが回転しブラシ部分を回す構造から、モーター部分の摩耗による異音等の異常はありますがそこまで故障しにくい工具です。ツールオフにお持ち込み頂く場合は外面に傷や汚れ等の痛みがある状態でお持ち込み頂く場合がありますが、丁寧に清掃しメンテナンスさせて頂く事で中古品でも新品同様の状態で再販売させて頂きやすくなっています。そのため、ポリッシャーをお持ち込み頂く際の金額としても高価買取とさせて頂きます。

  • 修理費や維持管理費を「ツールオフ」なら内製化で大幅削減!
    だから、他社よりも高額買取!

  • 独自の海外販売ルートあり!
    国内で売れない工具も売り先があるから高額買取!

    修理調整が自社で可能! 工具知識の豊富な鑑定士と整備士が多数在籍しているため、不具合がある場合でも高価買取実績が多数! 確実な診断力と修理コスト低下により、その分買取金額に還元いたします。

その②高額買取ができる理由

  • 高価買取・高い接客レベル
    だから、
    「お持ち込みいただける確率が高い」
    「リピート率が高い」
    「ご紹介率が高い」
    なので、
    「広告費を抑えて、買取額に上乗せ」

2接客力も他店に負けません

ツールオフでは知識・経験豊富な査定員が買取額の理由を1点1点丁寧にご説明させて頂いております。
定期的に相場や接客の講習やポリッシャーの使用方法や知識、最新モデルなどの講習を行っており、
少しでも早く正確な査定をおこない、気持ちよく商談していただけるように取り組んでいます。

33点以上の持込で査定額UP

更に今なら! おまとめ査定
インパクトドライバー+
もう2点以上の買取で
買取価格 最大12%アップ!
*未使用品は適応対象外です

例えば・・・

  • インパクトドライバー 30,000円
  • エアコンプレッサー 90,000円
  • 釘打ち機 50,000円
  • 発電機 70,000円

通常の単品での買取金額合計
=240,000円

おまとめ査定なら
=254,400円

4査定・出張など全て無料

5ポリッシャー買取の業界No1店舗数

東京、大阪、埼玉、神奈川、千葉、群馬に16店舗。
店舗がないエリアも宅配、出張買取でどこでも東京価格でポリッシャー買取いたします。

6個人情報の徹底管理

本サイトは、全ページにSSLを導入し、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失またはき損等の予防や是正など個人情報の管理を徹底。

ポリッシャー買取のよくあるご質問

店頭買取可能な時間帯は何時ですか。

ツールオフの買取営業時間内(朝10時から夜7時)の間でご都合の良い時間をお選びいただけます。
店頭買取担当の予約状況によって、お預かりでの査定をご相談させて頂く場合がございます。

お店の在庫状況を知ることはできますか?

営業時間中はお電話にてお問合せ頂ければ、スタッフがすぐにお調べいたします。
店舗営業時間外の場合、ヤフオクをご覧いただくとお店の在庫を確認頂けます。
お買取り品のなかで、おすすめなものから毎日出品しておりますので、お時間がある時にこちらもご確認ください!

査定にはどれくらい時間がかかりますか。

店頭買取・出張買取の場合は、工具によって異なりますが、工具1点につき動作確認から査定まで2分程度が目安になります。10点の査定であれば20分程度で完了いたします。
査定点数が増える程、1点当たりの査定時間は短くなります。査定だけでも喜んでお調べいたしますので、ぜひおまとめ査定をご利用下さい。

宅配買取の場合は、最短で発送の翌日から、3営業日内にて査定結果のご連絡をさせて頂いております。
申込用紙にて査定結果のご連絡方法をご指定いただけます。

工具の数は何点から査定してもらえますか?

査定数の下限は、買取方法により異なります。
買取りの品とご都合にあわせて、ご都合のよい買取方法をお選びください。

【店頭買取の場合】
ハンドツールのようなものからフォークリフトのような重機まで、点数に関わらず1点ずつ丁寧に査定させて頂きます。

【宅配買取の場合】
ハンドツールのような小さい工具は原則3点からご利用いただけます。
工具の種類によっても異なりますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

【出張買取の場合】
原則として出張買取は工具10点からご利用可能ですが、出張予約状況次第では1点からでも喜んでお伺いさせて頂きます。
工具の種類によっても異なりますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

店頭で販売も行っていますか?

販売はツールオフ全店と、ネット通販(ヤフーオークション)にて行っております。
在庫状況は各店舗まで、お気軽にお問い合わせください。

ポリッシャーの買取の際どのような査定ポイントがありますか?

ポリッシャー買取の際、以下をポイントとさせて頂きます。
通電の有無、モーターに異音等が無いか、速度切替が正常に行えるかどうか、コード式の場合断線等の不良があるかどうか
以上を総合的に判断し、店舗スタッフが査定させて頂きます。

どのようなポリッシャーが高価買取となりますか?

コード式が主流となっていますが、マキタ製の充電式ポリッシャーが人気となっており、中古品の需要も高くなっているため高価買取とさせて頂きやすくなっております。
ポリッシャーはコード式の需要も充電式と同様に高く、中古品の買取も高価とさせて頂きます。

ポリッシャーの買取の際メーカーによって買取金額に差がありますか?

マキタ,HiKOKI,信濃,コンパクトツール,京セラ製のポリッシャーを中心に高価買取とさせて頂きます。
買取の際、最新モデルが発売され型落ちとなってしまうと買取価格が下がってしまうため、不要となったポリッシャーをお持ちの際は早めのお持ち込みをオススメしております。

ポリッシャー用消耗品のみの買取も可能ですか?

消耗品の買取に関して、未使用品のみ買取可能です。
マキタ,HiKOKI,BOSCH,信濃,コンパクトツール,のポリッシャーパッド等ポリッシャー用消耗品を多くお持ち込み頂いています。

ポリッシャー買取の際事前に金額が知りたいです。

ポリッシャーの買取価格表はこちらでご覧になれます。
買取価格表に無い時や中古の時はLINE査定にてご確認頂けます。

ポリッシャー買取をご利用されたお客様の声

  • 千葉県松戸市在住
    40代のお客様
    KIMO QM-5001

    わかりやすく丁寧に対応してくれました!

    カーポリッシャーにはいろいろなものがありますが、うちのはそんなにメジャーなメーカーのものではないので買取りを断られるか心配でした。
    直接持っていけば何とか考えてくれるかもと思い仕事帰りにツールオフさんに持ち込んでみてもらったのですが、動作確認などきちんと見てもらったうえで前向きに価格提示をしてもらえました。
    少しですが消耗品も付けた分上乗せしてもらえたのもありがたかったです。
    店頭買取りは敷居が高く感じることもあったのですが感じよく対応してもらえました。次も同じ担当さんにお願いしたいです。

  • 神奈川県南足柄市在住
    40代のお客様
    リョービ PEG-130

    初めての宅配買取でしたがとても分かりやすかったです!

    お店が遠いので持っていくのは面倒だったのですが、たったの1点で出張買取をお願いするのもできないと思い、宅配買取りにしました。
    うちの場合消耗品のスポンジもかなり余った状態だったのでそれも付けて配送したのですが、価格をつける際に考慮していただけたようです。
    料金が着払いで箱も用意してもらえたのはうれしかったですね。
    宅配買取りというのは不安があり、利用するのが初めてだったのですがこれなら大丈夫そうです。
    次も宅配でよろしくお願いします。

  • 埼玉県武蔵村山市在住
    30代のお客様
    リョービ RSE-1250

    期待以上の値段が付きました!

    事前に電話で問い合わせたところ、ラインでの査定が一番多いということを聞いたのでその場ですぐ登録し、査定依頼しました。
    ポリッシャーとしてはそんなにメジャーではないタイプで、10年くらい前に買ったやつなのでちゃんと値段が付くかな…と不安だったのですがすぐに回答があり、期待していた以上の値段が付いたので大満足です。
    古い物や多少傷があっても大丈夫…などの触れ込みをしている会社は多いんですが、建前でなくしっかり買取りをしてくれる会社だと思います。

ポリッシャー買取に必要な書類

買取の際は本人確認書類のみお持ち下さい

身分証明書として利用可能なもの

運転免許証、健康保険証、パスポート、
外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)

※ 18歳未満の方からのお買取りは
ご遠慮させて頂いております。

 

ツールオフ店舗一覧

お気軽に、店舗までお越しください!

東京都エリア

ツールオフ西東京店
ツールオフ西東京店
営業時間
電話番号0120-540-453
住所〒202-0022
東京都西東京市柳沢5-15-33
駐車場
お店の詳細を見る
ツールオフ八王子店
ツールオフ八王子店
営業時間
電話番号0120-540-385
住所〒192-0012
東京都八王子市左入町371-1
駐車場4台
お店の詳細を見る

埼玉県エリア

ツールオフ所沢・入間店
ツールオフ所沢・入間店
営業時間
電話番号0120-961-173
住所〒358-0014
埼玉県入間市宮寺2723-15
駐車場6台
お店の詳細を見る
ツールオフ鴻巣店
営業時間
電話番号0120-905-259
住所〒365-0075
埼玉県鴻巣市宮地5-1-13
駐車場10台
お店の詳細を見る
ツールオフ草加店
ツールオフ草加店
営業時間
電話番号0120-905-770
住所〒340-0044
埼玉県草加市花栗3-20-45
駐車場5台
お店の詳細を見る
ツールオフ川越店
ツールオフ川越店
営業時間
電話番号0120-590-220
住所〒350-0001
埼玉県川越市大字古谷上3819-8
駐車場14台
お店の詳細を見る

神奈川県エリア

ツールオフ厚木店
営業時間
電話番号0120-264-108
住所〒243-0016
神奈川県厚木市田村町11-18
駐車場5台
お店の詳細を見る
ツールオフ横浜店
ツールオフ横浜店
営業時間
電話番号0120-905-805
住所〒227-0044
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野1-10
駐車場8台
お店の詳細を見る
ツールオフ川崎店
営業時間
電話番号0120-540-521
住所〒212-0005
神奈川県川崎市幸区戸手2-2-1
駐車場5台
お店の詳細を見る

千葉県エリア

ツールオフ柏店
営業時間
電話番号0120-264-086
住所〒277-0872
千葉県柏市十余二248-4
駐車場21台
お店の詳細を見る
ツールオフ千葉店
営業時間
電話番号0120-963-485
住所〒263-0035
千葉県千葉市稲毛区稲毛町5-60-12
駐車場3台
お店の詳細を見る

群馬県エリア

ツールオフ高崎店
ツールオフ高崎店
営業時間
電話番号0120-540-248
住所〒370-0854
群馬県高崎市下之城町179-4
駐車場9台
お店の詳細を見る

大阪府エリア

ツールオフ茨木店
営業時間
電話番号0120-966-786
住所〒567-0865
大阪府茨木市横江2-4-40
駐車場10台
お店の詳細を見る
ツールオフ枚方店
営業時間
電話番号0120-987-263
住所〒573-0007
大阪府枚方市堂山2-32-10
駐車場9台
お店の詳細を見る
ツールオフ堺店
営業時間
電話番号0120-264-245
住所〒591-8024
大阪府堺市北区黒土町2357-1
駐車場5台
お店の詳細を見る
ツールオフ松原店
営業時間
電話番号0120-536-046
住所〒580-0045
大阪府松原市三宅西3-259-2
駐車場14台
お店の詳細を見る

ポリッシャー買取について

ポリッシャーとは車や床など、磨き作業が必要な際に研磨や清掃を行うための機械です。電動のポリッシャーの場合は人力で磨きや剥離を行う必要が無く、搭載されているモーターの力により取り付けられているブラシが回転することで汚れを落としたり磨きを行う事が可能です。

種類としては、シングルポリッシャーとギアアクションポリッシャーが主に使用される電動ポリッシャーとなります。それ以外にも仕上げ用に使用するダブルアクションポリッシャーと言うものもあるので、大きく分けると3種類の電動ポリッシャーがあります。

主な用途としては車のボディを磨いたり床の汚れを素早く落しながら磨くと言った清掃作業に用います。取り付けるブラシを交換することで様々な場所で使用できます。 シングル・ギアアクション・ダブルアクションによって使用する用途も異なるので可能であれば複数の機種を用意しておくと便利です。

使い方は両手でポリッシャーを持ち磨きや汚れを落としたい部分に当てて回転させるだけで使うことが出来ます。そのため誰でも使うのが簡単な機器と言えます。ただし使用する際には素材などを確認してから適切なブラシを選ばないと、キズを付けてしまうと言うトラブルも起きるのでその点には注意が必要です。

ポリッシャーの選び方

電動ポリッシャーを選ぶ場合には何に使用するのか、どういった作業を行いたいのかで種類を選ぶ必要があります。 種類別で選ぶのであれば、シングルアクションのポリッシャーは回転が一定なので研磨力が非常に強く、汚れなども落とす能力が高いという特徴があります。そのため最初の清掃の段階で使用するのに向いています。

ギアアクションの場合はシングルよりも回転した際の負荷が弱く、女性などでも手軽に使えるポリッシャーとなっています。研磨力はシングルよりも弱いですが、動きが複雑なためシングルに比べて磨いた後に残りやすいオーロラマークが出にくいという特徴があります。 ダブルアクションは、回転するだけでなく上下の運動も可能なポリッシャーですので、ムラなく磨き上げをするのに最適です。研磨力は弱いので汚れ落としではなく、最後の仕上げに使用するポリッシャーとなります。

作業別としては、床や車のボディなどの汚れを一気に落したい場合などには、シングルを使用すると時間をかけずに清掃を行えます。ある程度汚れが落ちた場合にはギアアクションに切替することで、さらに細かい清掃や磨きが可能となりますので、清掃や磨きの段階に合わせて使い分けをすると良いでしょう。

基本的にはメーカーごとに使い方の違いはありませんが、安価な機種の場合は駆動音がうるさい、ポリッシャーの耐久性に問題があると言うこともあるので、長く使用したいのであれば確かなメーカーのものを選ぶ方が良いでしょう。 入手すやすさと品質の良さから、コンパクトツール製のものを選ぶ方が多い印象です。

ポリッシャーのメンテナンス方法について

長期間安定して使用するために、必ず行うべき作業があります。 基本的にどの種類のポリッシャーの場合も、モーターによりブラシを回転させて駆動しているので、回転部分への注油は必須となります。 注油を怠ると回転部分が乾燥してしまい回転が不安定になる、負荷がかかりモーターの故障の原因になることがあるので、定期的に注油を行うことが必要となります。

磨きや清掃作業の際に水を使用しますので、使用後は本体とバフを乾燥させるということも重要なメンテナンスとなります。濡れたまま保管すると錆の原因にもなりますし、ポリッシャーの寿命を縮めてしまう原因にもなります。

シングルやギアアクションの場合はダブルアクションに比べて構造が簡単なので基本的なメンテナンスをしておけば問題ありませんが、ダブルアクションの場合は上下運動もする機構を搭載しているので、その点も踏まえて可動部への注油などを行う必要があるでしょう。 どの種類にも言えることですが、使用後はブラシを取り外し可動部に負荷がかからない状態で保管しておくことも故障させない為のポイントとなります。ブラシを付けたままで保管するとブラシが痛んでしまったたり、ブラシを下にして置きっぱなしにすることで可動部に負荷がかかり続けることになります。

動作不良としては回転が不安定になるケースが多いです。これは全てのポリッシャーで起こる可能性があり、単にブラシの取り付けが不十分である場合や、すり減ったブラシを無理に使い続けている事で歪んでしまうケースが考えられます。 そのためブラシは一定期間で交換することが動作不良を起こさないために重要です。

超解説!正しい電動工具の使い方~ポリッシャー編~

ポリッシャーとは
ブラシやスポンジなどを電気で高速回転させて、床や車の外面などの掃除を効率的にしていく電動工具です。 先端部分に洗剤を用いて洗浄をしたり、はく離剤を用いてワックスのはく離や磨き作業をするなど、いろいろな使い道があります。 電動ポリッシャーは機械本体の重量で圧力をかけつつ、回転力で洗浄していくので手作業(デッキブラシなど)と比較しても格段にきれいに、均一に、かつ短時間で効率的に洗浄作業が行えます。

先端部の付け替えで掃除や磨きなどに使い分けられる。
先端部分(円形)は主に「パッド」(柔らかく磨きなどにも適している)と「ブラシ」(硬くて掃除中心)の2つの系統に分けられ、それぞれ目的によっていろいろな硬度のものに付け替え可能です。 これに洗剤やワックス剥離剤など、何をつけるかで作業にもいろいろバリエーションを持たせることができます。

ポリッシャーを使うときの基本的な手順

1.必要なアタッチメント(掃除する部分)と洗剤などを用意し、セットする
床磨きなのか、家の外壁か、車の外装部分かなどにより使用するアタッチメントは違いますのであらかじめ用意し、装着しておきます。また洗剤やコンパウンド(磨き粉)などもそれに応じたものを用意します。

2.ポリッシャーが当たってほしくない部分にマスキングをする
意外としない人も多いのですが、当たってほしくないところに「養生」をしておかないと、その場はよくてものちの劣化に大きくつながります。例えば車であれば露出しているゴムの部分(ゴムは弱いです)、黒いプラスチックモール、(ガラスの周りによくついている) それからエンブレムなどのメッキ部分、あとはともかく磨く部分について素材の異なる部分には、念のために養生をしておきましょう。

3.高い部分から低い部分に向け磨いていく。
洗剤や磨き粉などをつけたらスイッチを入れ、磨きを開始します。 原則としては洗剤などは当然垂れてくるので、先に高いところを磨いてから低いところに下がれば、仕上がりはきれいになります。また奥行きがある場合も「奥から手前へ」という順で磨いていくと後が楽です。

ポリッシャーを使うときの注意点とは

作業をする方向に注意しましょう
一度に広範囲を磨かず、一区画ずつ均等に磨いていく
全体をある程度のブロック(区画)を意識して分割し、それを一定量のコンパウンド(磨き粉)や洗剤をつけたうえで均等に磨いていくと、全体の仕上がりとして均等に見えます。 薬剤のつけすぎや力の入れすぎで一度不均衡が出てしまうと、あとで直すのが大変なので「最初から一度で広範囲に磨こうとする」のは、特に慣れていないうちは避けましょう。