LINE査定3000円現金キャッシュバック

高く買い取ります!
買取強化中のインパクトレンチ

  • マキタ インパクトレンチ TW285DZ

    マキタ インパクトレンチ TW285DZ

    最高9,500

    最高買取価格

    高額買取中!

  • パナソニック インパクトレンチ EZ75A8X-B

    パナソニック インパクトレンチ EZ75A8X-B

    最高9,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • HIKOKI インパクトレンチ WR36DA(2XP)

    HIKOKI インパクトレンチ WR36DA(2XP)

    最高38,500

    最高買取価格

    高額買取中!

  • マキタ インパクトレンチ TW1001DRGX

    マキタ インパクトレンチ TW1001DRGX

    最高36,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • ハイコーキ インパクトレンチWR36DC2XP

    ハイコーキ インパクトレンチWR36DC2XP

    最高35,500

    最高買取価格

    高額買取中!

  • マキタ インパクトレンチ TW285DRGX

    マキタ インパクトレンチ TW285DRGX

    最高33,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • マキタ インパクトレンチ TW1001DRTX

    マキタ インパクトレンチ TW1001DRTX

    最高33,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • マキタ インパクトレンチ TW284DRGX

    マキタ インパクトレンチ TW284DRGX

    最高29,000

    最高買取価格

    高額買取中!

店舗や在庫状況により実際の価格が異なる場合がございますので、詳細な金額は店舗にご確認をお願い致します。

ツールオフはオリンピック需要で
インパクトレンチ高額買取中!

インパクトレンチの買取金額が
他社よりも高い3つの理由

  • Point1 独自の海外販売ルートあり!
    国内で売れない工具も
    売り先があるから高額買取!

    修理調整が自社で可能!
    工具知識の豊富な鑑定士と整備士が多数在籍しているため、不具合がある場合でも高価買取実績が多数!
    確実な診断力と修理コスト低下により、その分買取金額に還元いたします。

  • Point2 関東圏の店舗数NO1
    各地の需要から導く
    トップクラスの査定力

    累計60万点を超える買取実績から1万アイテムを超える商材において現時点の相場だけでなく過去の実績やトレンドを把握しております。
    その膨大かつ緻密なデータに基づき自信を持ってより正確な買取価格をお付けいたします。

  • Point3 工具修理職人が在籍
    自社で修理整備するから
    高値で売れる買える!

    電動工具は使わないだけでも不具合が生じやすい商品です。
    社内のベテラン整備士により常にメンテナンス・管理することによりローコストで長期在庫を保有することが可能に。
    長期保有を実現することで適正な販売価格を付けることに成功しました。

多くのベテラン整備士の存在により
実現する高価買取

お買取りさせて頂いた電動工具の約6割の商品は常にメンテナンスが必要な商品です。例え未使用品であっても動作確認が必要な商品もあります。次にご使用いただくお客様に販売させて頂く前には定期的なメンテナンスが必要になってきます。当社ではそのメンテナンスを社内で内製化しており、中にはこの道40年ベテランの整備士も在籍しております。
通常では外部のメーカーや専門業者でなければ修理することができない電動工具も「ツールオフ」のベテラン整備士により修復・管理が可能です。その外注費用を抑えることが出来るためお客様への買取価格を高く提示させて頂くことが出来るのです。

修理費や維持管理費を
「ツールオフ」なら内製化で大幅削減!
だから、他社よりも高額買取!

一般的には買取不可の品や査定ダウン商品でも、ツールオフでは部品交換・修理を内製化することにより高額買取が可能です!

ご質問やご相談がある方は
お気軽にお電話下さい!

0120-590-220

更に今なら! おまとめ査定 +もう1点以上の買取で
買取価格 最大12%アップ!

例えば・・・

  • インパクトドライバー インパクトドライバー 30,000円
  • エアコンプレッサー エアコンプレッサー 90,000円
  • 釘打ち機 釘打ち機 50,000円
  • 発電機 発電機 70,000円

通常の単品での買取金額合計
=240,000円
↓

おまとめ査定なら
=254,400円

約6%UP 14,000お得!!

ツールオフがインパクトレンチの買取で
選ばれる理由

  • 修理の内製化による高額査定!

    ツールオフには電動工具整備歴30年の熟練した鑑定士・整備士が多数在籍しており、社内修理が可能なので、その分高価買取が可能となります。
    東京・埼玉・群馬出身の熟練鑑定士による査定なので、勿論査定内容にも自信があります。電動工具の故障ポイントと致しましては、「ダイス装着部分の破損」「スプリングの損傷」などが挙げられます。
    しかし修理調整が自社で可能な工具知識の豊富な鑑定士と整備士が在籍している為、不具合がある場合でも高価買取が可能となっております。

  • LINE査定で「1分査定」を実現!

    ツールオフでは電動工具業界初の無料LINE査定を強化中!最短1分で査定結果が出ますので、お忙しい方でも査定して頂けます。
    「手間なく簡単査定」ということで、「いくらになるか気になった」「工具が重くて持ち運びが難しい」「売るかわからないけどだいたいの金額が知りたい」というお客様に多くご利用頂いております。
    電動工具の査定ポイントと致しまして、「事前に汚れなどを軽く拭き取る」「本体の全体が分かる(付属品がある場合はそれ等も含む)画像」「メーカー及び型式が分かる画像」等が挙げられます。
    その点を意識して頂けますとより一層スムーズに査定が行え、また高額買取に繋がる可能性も御座います。

  • 全店舗6店舗、買取実績60万件!

    東京(八王子・西東京)・埼玉(川越・浦和)・群馬(高崎)・神奈川(川崎)に6店舗展開、電動工具から電材、建材、重機、農機具など実績60万件。
    これまでに培ったノウハウや開拓販売ルート、独自の海外販路がツールオフの強みです。関東圏の店舗数NO1の需要から導くトップクラスの査定力により電動工具の高価買取が実現しております。

  • 選べる5つの査定方法!

    ツールオフでは店頭査定・宅配査定・出張査定・LINE査定・写メール査定と合計5つの査定方法に対応しております。東京・埼玉・群馬・神奈川以外の地域である北海道から沖縄も含め、全国各地のお客様にご愛用頂いております。
    お客様に合った買い取り方法を選択可能なので、よりお気軽にご利用頂けます。電動工具のサイズに合った買い取り方法を選択して頂くのも可能です。
    電動工具に関しましては、店頭買取をお勧めいたします。工具に詳しく、実績豊富な査定スタッフが査定致します。工具を1点1点丁寧に動作確認し、状態をお調べ致します!買取金額にご納得いただけましたら、その場で現金買取させて頂きます。

買取に必要な書類

買取の際は本人必要書類のみお持ち下さい

身分証明書として利用可能なもの

運転免許証、健康保険証、パスポート、
外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)
運転免許証、健康保険証、パスポート、外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)
※ 18歳未満の方からのお買取りは
ご遠慮させて頂いております。

ツールオフ店舗一覧
お気軽に、店舗までお越しください!

埼玉県エリア

ツールオフ川越店
店舗名
ツールオフ川越店
営業時間
電話番号
0120-590-220
住所
〒350-0001
川越市大字古谷上3819-8
駐車場
有:14台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ草加店
店舗名
ツールオフ草加店
営業時間
電話番号
0120-905-770
住所
〒340-0044
草加市花栗3-20-45
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ所沢・入間店
店舗名
ツールオフ所沢・入間店
営業時間
電話番号
0120-961-173
住所
〒358-0014
入間市宮寺2723-15
駐車場
有:16台
お店の詳細を見る ≫

東京都エリア

ツールオフ八王子店
店舗名
ツールオフ八王子店
営業時間
電話番号
0120-540-385
住所
〒192-0012
八王子市左入町371-1
駐車場
有:4台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ西東京店
店舗名
ツールオフ西東京店
営業時間
電話番号
0120-540-453
住所
〒202-0022
東京市柳沢5-15-33
駐車場
お店の詳細を見る ≫

神奈川県エリア

ツールオフ川崎店
店舗名
ツールオフ川崎店
営業時間
電話番号
0120-540-521
住所
〒212-0005
川崎市幸区戸手2-2-1
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ横浜店
店舗名
ツールオフ横浜店
営業時間
電話番号
0120-905-805
住所
〒227-0044
横浜市青葉区もえぎ野1-10
駐車場
有:8台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ厚木店
店舗名
ツールオフ厚木店
営業時間
電話番号
0120-264-108
住所
〒243-0016
厚木市田村町11-18
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫

千葉県エリア

ツールオフ千葉店
店舗名
ツールオフ千葉店
営業時間
電話番号
0120-963-485
住所
〒263-0035
千葉市稲毛区稲毛町5-60-12
駐車場
有:3台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ松戸店
店舗名
ツールオフ松戸店
営業時間
電話番号
0120-264-086
住所
〒270-0011
松戸市根木内62-1
駐車場
有:6台
お店の詳細を見る ≫

群馬県エリア

ツールオフ高崎店
店舗名
ツールオフ高崎店
営業時間
電話番号
0120-540-248
住所
〒370-0854
高崎市下之城町179-4
駐車場
有:9台
お店の詳細を見る ≫

大阪府エリア

ツールオフ堺店
店舗名
ツールオフ堺店
営業時間
電話番号
0120-264-245
住所
〒591-8024
堺市北区黒土町2357-1
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫

▼近くに店舗がない方はコチラ

  • 出張買取
  • 宅配買取

インパクトレンチについて

電動のインパクトレンチは、スイッチを押すと打撃を加え回転し、ボルトやナットを高いトルクで締める工具です。ボルトやナットを自動で締めてくれるので、手ではなかなか締めることができない部分もしっかりと固定できます。インパクトレンチによっては逆回りにも動かせるため、動かすことが困難になっているものや、硬すぎて取れないボルトやナットを外すために使う場合もあります。

種類としては、取り付けるソケットの大きさによって分かれています。インパクトレンチでも小型とされているものは、12.7ミリ大きさに先端軸が設定されていて、小さいボルトやナットに対応しているものとなります。中型は18ミリに設定されているものが多く、それを超えると大型インパクトレンチとなります。大型よりもさらに大きなものに対応できる、超大型インパクトレンチもあります。

使う際の注意点として、回しすぎるとナットが壊れてしまう可能性があります。適切な力で止めることが大事で、止まっているのに更に締める付けようとすると破損しやすいです。インパクトレンチは充電式が多くなっておりますが、バッテリー残量が不足すると回転が鈍り、締めきれない場合もあります。

インパクトレンチの選び方

インパクトレンチの選び方は、行う作業によって変えることとなります。小型のものは、部品の取り付けや少し大きなナットを締める時に使います。小さいものを扱うなら、小型のインパクトレンチを選んでください。

中型クラスになると、自動車のインパクトレンチとして使えます。自動車のタイヤ交換に使いたい方は、中型クラスのインパクトレンチを購入してください。小型ではナットが入らない場合もあり、中型でもそんなに大きくないものを選べば締められます。ただトルクが小さいと自動車のナットが閉まらない場合もあり、ある程度高いトルクを持っているインパクトレンチを購入してください。

大型のものは、業者向けに販売されています。個人で使うことはほぼ無く、機械のナットを止めたり、ボルトを締めるために使います。こちらもトルクが重要になっているタイプですので、トルクの高いものを利用してください。

メーカーによる違いは、トルクの違いが少し出ている場合もあります。また電源式として販売しているものと、エアーインパクトレンチを扱っているメーカーもあります。電源式はコードが電源と電源コードの制約がついてまわり、エアー式はエアーコンプレッサーが必要となりますので、個人で利用するなら充電式のタイプがオススメです。充電式は大手のメーカーが多く採用しています。

各種メーカーの違いは?

・マキタ ・工具の特徴 マキタ製のインパクトレンチはマキタの特徴であるリチウムイオンバッテリーを最大限に生かすことが出来るという特徴があります。インパクトレンチの場合長時間使用することも多いですし、ナットを回す際のパワーも必要となります。その場合バッテリーのパワーがそのままインパクトレンチのパワーに直結します。マキタの場合インパクトレンチの種類も多く、用途に応じた大きさ、それに合ったバッテリーを搭載した製品が数多くラインナップされているため、利便性の面でも他社を大きく上回り様々な場所での使用に応じて工具を使い分けることが出来ます。 ・他社製との違いと比較 他社と比較した場合の違いとしては、18Vというパワフルなモデルが数多くラインナップされており、バッテリーが他の電動工具と共用できるのでその点においても他社との差別化が図られています。締め付け作業にパワーを必要となる場合にはマキタ製に勝るものは無いと言えますし、さらに高出力、高耐久BLモータ採用で長時間の作業にも問題が生じにくく、メンテナンスフリーでも作業を続けることが出来ます。エネルギー効率がよいモーターなのでバッテリーのパワーをロスすることなく工具に伝えることも出来ます。アフターケアも充実しており価格も買いやすいのでその点も他社に勝る部分と言えます。

・日立 ・工具の特徴 日立製のインパクトレンチの特徴は、他社に比べて締め付け作業におけるトルクのパワーが非常に強いことが挙げられます。トルクレンチで締め付けるナット類はしっかりと締まっていないと大きなトラブルや事故を招くことになりますが、日立製のインパクトレンチは14Vモデルでも235N・mというトルクを発生しますし、18Vモデルに関しては250N・mという強力なトルクを発生させます。このトルクは日立製の特徴と言えます。 ・他社製との違いと比較 他社のトルクレンチと日立製を比べた場合の違いとしては、日立ならではの独自技術を搭載しているのが違いと言えます。モーターに関してはブラシレスモーターを取り入れることで作業効率を通常の1.5倍にすることを可能としていますし、バッテリーに関しても日立製のものは充電が他社に比べて非常に早く、作業を中断する必要がありません。予備バッテリーが1個あればそれと交互に使用することで時間のロス無しで作業を行ない続けることが出来るほどバッテリーが他社とは大きく違います。他の機器とも電圧があればバッテリーを共用できるので、スピーディな作業を行うことも可能です。この点は他社にはない日立だけの強みと言えます。ただ価格面とアフターケアに関しては他社に劣る部分もあります。

・パナソニック ・工具の特徴 パナソニックのインパクトレンチの特徴は、モデルごとに大きな特徴を持っています。18V専用のインパクトレンチに関しては最大トルクが実に470N・mという非常に強力なトルクを発生させることが出来ます。この470N・mというトルクは他社と比較しても類を見ないほどの強さですので、締め付けをしっかりと行いたい場所での使用には最も適していると言えます。デュアルという方式を取り入れているのもパナソニックの特徴で、14V・18Vどちらのバッテリーでも使用できる機種をラインアップしているので、バッテリーを選ぶことなく両対応での使用が出来ます。 ・他社製との違いと比較 パナソニックと他社を比較した場合、ラインアップが少ないので選択肢という面においては他社に劣ってしまいます。しかし実際に使用する場合の使用感や取り回しに関しては、小型でパワフルと言った特徴があるので、狭い場所でも自由自在に使用できますし、デュアルタイプであればバッテリー切れの場合でも14Vでも18Vでも使用できるので、他社にはない利便性を感じることが出来ます。もう少し種類が増えれば更にパナソニック製のインパクトレンチの普及も進むでしょう。

・ヒルティ ヒルティでは充電式のインパクトレンチを販売しています。特に最新式のモデルとなるSIW 6AT-A22は、22Vのインパクトレンチであり、アンカー打ちやボルト締めといった作業に対しては特に性能を発揮するアイテムとして評価されています。 スペックとしては、無負荷打撃回数が3500回/毎分、回転数は1000rpm、150rpm、2300rpmで、最大トルクは90Nm、135Nm、213Nmとなっています。サイズは154×94×228mmで、重量は1.5kgに抑えられていることが特徴です。 ヒルティ製インパクトレンチならではの長所としては、3段階のパワーセレクトモードを搭載していることが挙げられ、工藤速度とトルクを手元で簡単に切り替えられる設計が施されています。また、高効率のブラシレスモーターを搭載したことによって作業効率が上がり、インパクトレンチそのものの寿命を長くすることも可能にしているほか、LEDライトが4箇所に搭載され暗所での作業にも役立ちます。 デメリットとなるのは価格設定であり、本体そのものの料金は比較的安価になっていますが、バッテリー等の付属品を購入すると予算が跳ね上がってしまうという問題を抱えています。

・ボッシュ ボッシュではコードレスインパクトレンチを合計4種類販売しています。モデルに応じてトルク数が異なるため、作業の規模や内容に合わせて最適なインパクトレンチを選べることがボッシュの魅力と言えます。 エントリーモデルとしても購入しやすいGDS-18V-EC250を例に取ると、246×163mm、1.9kgというサイズ感でありながらパワフルさをしっかりと維持しており、回転数は0~2400回転/毎分、打撃数は0~3400回/毎分を確保。最大締め付けトルクは250Nmで、普通ボルトはM10~M18、高力ボルトはM10~M14にまで対応しています。 ボッシュならではの強みとしては、範囲外温度という過酷な環境下で使用した場合にも本体を守るための機能が備えられているという点になります。過放電や過電流、オーバーヒートからも本体を保護できるECP機能は特許を取得したボッシュだけの長所となっており、購入後の過失による劣化も防ぎながら長く使い続けることができます。 デメリットとしてはトルクの切り替えが簡単に行えないという点や、若干のパワー不足などの問題を挙げられますが、軽作業であればエントリーモデルでも何ら問題ありません。

・マックス マックスでは、現行品のインパクトレンチとしてPJ-IW161-B2C/40Aの販売を行っています。こちらはDCブラシレスモーターを搭載したモデルとなり、大きさは236×82×141mm、重さは1.4kgと軽量に設計されています。 無負荷回転数は強モードを選択すると0~2600回転/毎分、打撃数も同じく強モードで3000回転/毎分を誇り、最大締め付けトルクは240Nmです。能力としては普通ボルトM8~M16、高力ボルトM8~M12に対応可能です。リチウムイオン電池を搭載し、電池電圧は14.4Vです。 マックス製インパクトレンチならではのメリットは、電池残量の確認が容易であるという点に集約されます。残量確認ボタンと残量ゲージが搭載されており、ボタンを一つ押すだけで電池残量を%表示で確認できるため、充電不足による作業の中断を防ぐことができます。 また、1秒、2秒、3秒のオートストップタイマの搭載によって無駄な電力消耗や過度な締め付けを防止でき、作業に慣れていない方にとっても使い勝手の良い製品です。一方でデメリットとしてはやはりパワー不足が否めず、小まめな充電を強いられることになる点は若干のストレスに繋がります。

・リョービ リョービでは、一般的なインパクトレンチに加えて充電式のインパクトレンチも取り扱っています。通常タイプは最大締め付けトルク200Nmのモデルと300Nmのモデルがあり、用途に合わせて使い分けが可能。充電式の場合にも、容量を14.4Vと18Vの2種類から選択することができます。 充電式インパクトレンチのBIW-182L5を例に取ると、最大190Nm、5000mAhという基本性能を持ち、普通ボルトはM8~M16、高力ボルトはM8~M14にまで対応が可能です。回転数と打撃数は3段階から選ぶことができ、強を選択した場合の回転数は2700回転/毎分、打撃数は3800回/毎分に仕上げられています。 リョービのインパクトレンチにしかない特徴としては、124×79×238mmとこのクラスの中ではサイズが最小規模であることや、防塵や耐水に優れた国際規格のIP56に適合していることが挙げられ、狭い場所や暗い場所、漏水などの問題がある場所でも利用しやすい商品に仕上がっていることが挙げられます。 一方のデメリットとしては、極端な短所が見当たらない代わりに大きな長所も無く、良い意味でも悪い意味でもバランスの取れた中間的な商品という点を指摘しなければなりません。