LINE査定3000円現金キャッシュバック

ベンダーの買取金額が
他社よりも高い3つの理由

  • Point1 独自の海外販売ルートあり!
    国内で売れない工具も
    売り先があるから高額買取!

    修理調整が自社で可能!
    工具知識の豊富な鑑定士と整備士が多数在籍しているため、不具合がある場合でも高価買取実績が多数!
    確実な診断力と修理コスト低下により、その分買取金額に還元いたします。

  • Point2 関東圏の店舗数NO1
    各地の需要から導く
    トップクラスの査定力

    累計60万点を超える買取実績から1万アイテムを超える商材において現時点の相場だけでなく過去の実績やトレンドを把握しております。
    その膨大かつ緻密なデータに基づき自信を持ってより正確な買取価格をお付けいたします。

  • Point3 工具修理職人が在籍
    自社で修理整備するから
    高値で売れる買える!

    電動工具は使わないだけでも不具合が生じやすい商品です。
    社内のベテラン整備士により常にメンテナンス・管理することによりローコストで長期在庫を保有することが可能に。
    長期保有を実現することで適正な販売価格を付けることに成功しました。

多くのベテラン整備士の存在により
実現する高価買取

お買取りさせて頂いた電動工具の約6割の商品は常にメンテナンスが必要な商品です。例え未使用品であっても動作確認が必要な商品もあります。次にご使用いただくお客様に販売させて頂く前には定期的なメンテナンスが必要になってきます。当社ではそのメンテナンスを社内で内製化しており、中にはこの道40年ベテランの整備士も在籍しております。
通常では外部のメーカーや専門業者でなければ修理することができない電動工具も「ツールオフ」のベテラン整備士により修復・管理が可能です。その外注費用を抑えることが出来るためお客様への買取価格を高く提示させて頂くことが出来るのです。

修理費や維持管理費を
「ツールオフ」なら内製化で大幅削減!
だから、他社よりも高額買取!

一般的には買取不可の品や査定ダウン商品でも、ツールオフでは部品交換・修理を内製化することにより高額買取が可能です!

ご質問やご相談がある方は
お気軽にお電話下さい!

0120-590-220

更に今なら! おまとめ査定 +もう1点以上の買取で
買取価格 最大12%アップ!

例えば・・・

  • インパクトドライバー インパクトドライバー 30,000円
  • エアコンプレッサー エアコンプレッサー 90,000円
  • 釘打ち機 釘打ち機 50,000円
  • 発電機 発電機 70,000円

通常の単品での買取金額合計
=240,000円
↓

おまとめ査定なら
=254,400円

約6%UP 14,000お得!!

ツールオフがの買取で
選ばれる理由

  • 修理の内製化による高額査定!

    ツールオフには電動工具整備歴30年の熟練した鑑定士・整備士が多数在籍しており、社内修理が可能なので、その分高価買取が可能となります。
    東京・埼玉・群馬出身の熟練鑑定士による査定なので、勿論査定内容にも自信があります。電動工具の故障ポイントと致しましては、「ダイス装着部分の破損」「スプリングの損傷」などが挙げられます。
    しかし修理調整が自社で可能な工具知識の豊富な鑑定士と整備士が在籍している為、不具合がある場合でも高価買取が可能となっております。

  • LINE査定で「1分査定」を実現!

    ツールオフでは電動工具業界初の無料LINE査定を強化中!最短1分で査定結果が出ますので、お忙しい方でも査定して頂けます。
    「手間なく簡単査定」ということで、「いくらになるか気になった」「工具が重くて持ち運びが難しい」「売るかわからないけどだいたいの金額が知りたい」というお客様に多くご利用頂いております。
    電動工具の査定ポイントと致しまして、「事前に汚れなどを軽く拭き取る」「本体の全体が分かる(付属品がある場合はそれ等も含む)画像」「メーカー及び型式が分かる画像」等が挙げられます。
    その点を意識して頂けますとより一層スムーズに査定が行え、また高額買取に繋がる可能性も御座います。

  • 全店舗6店舗、買取実績60万件!

    東京(八王子・西東京)・埼玉(川越・浦和)・群馬(高崎)・神奈川(川崎)に6店舗展開、電動工具から電材、建材、重機、農機具など実績60万件。
    これまでに培ったノウハウや開拓販売ルート、独自の海外販路がツールオフの強みです。関東圏の店舗数NO1の需要から導くトップクラスの査定力により電動工具の高価買取が実現しております。

  • 選べる5つの査定方法!

    ツールオフでは店頭査定・宅配査定・出張査定・LINE査定・写メール査定と合計5つの査定方法に対応しております。東京・埼玉・群馬・神奈川以外の地域である北海道から沖縄も含め、全国各地のお客様にご愛用頂いております。
    お客様に合った買い取り方法を選択可能なので、よりお気軽にご利用頂けます。電動工具のサイズに合った買い取り方法を選択して頂くのも可能です。
    電動工具に関しましては、店頭買取をお勧めいたします。工具に詳しく、実績豊富な査定スタッフが査定致します。工具を1点1点丁寧に動作確認し、状態をお調べ致します!買取金額にご納得いただけましたら、その場で現金買取させて頂きます。

買取に必要な書類

買取の際は本人必要書類のみお持ち下さい

身分証明書として利用可能なもの

運転免許証、健康保険証、パスポート、
外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)
運転免許証、健康保険証、パスポート、外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)
※ 18歳未満の方からのお買取りは
ご遠慮させて頂いております。

ツールオフ店舗一覧
お気軽に、店舗までお越しください!

埼玉県エリア

ツールオフ川越店
店舗名
ツールオフ川越店
営業時間
電話番号
0120-590-220
住所
〒350-0001
川越市大字古谷上3819-8
駐車場
有:14台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ草加店
店舗名
ツールオフ草加店
営業時間
電話番号
0120-905-770
住所
〒340-0044
草加市花栗3-20-45
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ所沢・入間店
店舗名
ツールオフ所沢・入間店
営業時間
電話番号
0120-961-173
住所
〒358-0014
入間市宮寺2723-15
駐車場
有:16台
お店の詳細を見る ≫

東京都エリア

ツールオフ八王子店
店舗名
ツールオフ八王子店
営業時間
電話番号
0120-540-385
住所
〒192-0012
八王子市左入町371-1
駐車場
有:4台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ西東京店
店舗名
ツールオフ西東京店
営業時間
電話番号
0120-540-453
住所
〒202-0022
東京市柳沢5-15-33
駐車場
お店の詳細を見る ≫

神奈川県エリア

ツールオフ川崎店
店舗名
ツールオフ川崎店
営業時間
電話番号
0120-540-521
住所
〒212-0005
川崎市幸区戸手2-2-1
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ横浜店
店舗名
ツールオフ横浜店
営業時間
電話番号
0120-905-805
住所
〒227-0044
横浜市青葉区もえぎ野1-10
駐車場
有:8台
お店の詳細を見る ≫

千葉県エリア

ツールオフ千葉店
店舗名
ツールオフ千葉店
営業時間
電話番号
0120-963-485
住所
〒263-0035
千葉市稲毛区稲毛町5-60-12
駐車場
有:3台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ松戸店
店舗名
ツールオフ松戸店
営業時間
電話番号
047-702-7601
住所
〒263-0035
松戸市根木内62-1
駐車場
有:6台
お店の詳細を見る ≫

群馬県エリア

ツールオフ高崎店
店舗名
ツールオフ高崎店
営業時間
電話番号
0120-540-248
住所
〒370-0854
高崎市下之城町179-4
駐車場
有:9台
お店の詳細を見る ≫

▼近くに店舗がない方はコチラ

  • 出張買取
  • 宅配買取

ベンダーとはどのような工具なのか

ベンダーは、名前の通りBend(曲げる)するための工具です。鉄製のガス管などを滑らかに曲げることができます。他にも、空調機を取り付ける時の配管を曲げたり、車のマフラーの加工、テーブルや椅子の足などの曲げ加工に使われています。油圧式ベンダーは、手動と電動の2タイプあります。

手動式ベンダーは、メモリのある丸い部分に管をセットします。左右どの位置から曲げるかによって、使い方が異なります。管の右側から曲げたい場合は、Rマークにして管の左側からの場合は、Lマークを使います。管の曲げたい位置に線を付けて、左右のマークの位置と重なるようにして管をフックにかけます。この時、スライダーハンドルとラッチハンドルの0の位置が合うようにセットすることが大切です。そして、スライダーハンドルをゆっくり曲げて左右のマークが、ラッチハンドルのメモリ90°の所に合わせます。

電動タイプは、ダイヤルで簡単に角度設定ができます。簡単に曲げ加工ができるだけでなく、仕上がりもきれいなのが特徴です。ヘッドを交換して、切断など様々な加工を行うこともできます。ベンダーを使用すると、鉄筋の細かいカスが出てきます。カスが付着したままでベンダーを使用すると精度が落ちてしまいますので、きれいに掃除をして使用しましょう。

ベンダーの賢い選び方

仕事で1日に何度も曲げ加工を行う機会がある場合や大きい管を加工する場合は、電動タイプがおすすめです。疲れない上に、数秒で加工することができるので便利です。手動で無理をして管が折れてしまったり、潰れてしまうと元に戻すことは不可能となりますし、必要以上に材料費がかかってしまいます。

空調器に取り付ける冷媒管は、配管をきれいに隠すように仕上げるのが好まれています。早い作業を行うには、持ち運びが便利な手動式があると非常に重宝します。どのような加工が必要なのか、頻度はどのくらいなのかを考慮して選ぶ必要があります。

・レバーベンダー
エアコンの工事などで冷媒管を折らずにきれいに曲げることができます。

・スプリングベンダー 小さな曲げなど、微妙な加工を要するときに使います。

・直管ベンダー 大きな管を加工する時に使用します。

・タスコ製ベンダー 作業スペースを取らないコンパクトサイズで、様々なサイズの管を加工することができます。

・TAIYO製ベンダー 軽くてコンパクトなので、持ち運びしやすいです。シリンダとポンプが合わさっているので、操作がしやすく便利です。

・アサダ製ベンダー ミニベンダは、小さい管の曲げ加工に便利です。

ベンダーのお手入れ方法

ベンダーは、カスが付着したままだと、サビを招いてしまいます。エアーガンで汚れを飛ばすと、カスが目に入ったりする恐れがありますので、必ず乾いた布などで拭き取るようにします。

・手動式 油量が不足している状態で使用すると、作業効率が低下します。定期的に油量の点検を行います。また、ポンプ内に空気が入ってしまうとハンドルが動かないので、空気が抜けている状態か確認しましょう。作業中に出た鉄などのカスは、丁寧に取り除ききれいにしておかないと、動作が重くなります。また、作動油は、1年に1回ペースで新しいものと交換します。

・電動式 必ず電源が入っていないことを確認してから、お手入れを行います。コードに汚れが付着していたら、きれいに拭き取って下さい。使用したら、機械の表面をブラシなどで掃いて掃除をします。石油などで表面を拭くと、傷みの原因となります。 機械を拭く場合は、乾いた布で拭くか石鹸水で軽く拭きます。水をかけるとサビの原因となりますので止めましょう。 ネジの緩みがないか点検し、緩みがあったら事故防止のために、速やかに締め直します。保管場所は、湿気や高温でない安全な場所で保管します。風窓にゴミが詰まっているとスムーズに動かなくなりますので、気を付けましょう。

超解説!正しい油圧工具の使い方~ベンダー編~

ベンダーとは
ベンダーとは銅・ステンレス・アルミなどの配管をきれいに曲げる工具で、ハンドルを操作して閉じることで捻じ曲げていきます。

チューブベンダーと油圧ベンダーに分けられます。
内径規制管(硬質で肉厚なガス管など)の曲げ加工には、油圧ベンダーを使用します。 チューブベンダーは外径規制管(比較的軟質、薄肉で水道配管などに多用されている)を曲げ加工するのに適しています。

ベンダーを使うときの基本的な手順

1.ハンドルを直線状にして開いておく
基準となるラッチハンドル、動かしていくスライヤーハンドルを持ち、それが一直線になるように開きます。 (機種により一直線ではなく、直角などが「一番開いた状態」である場合もあります。) 機種により異なりますが多くの場合両側のメモリの「ゼロ」同士が合った状態がスタート地点です。

2.パイプの位置を正確に測定してベンダーに通す
そして所定の個所にパイプを通します。この際パイプに接触していく内側の部分にほこりや汚れがついていないこと、パイプの位置がずれて曲げるポイントが変わってしまわないよう注意してください。 パイプの曲げ始める地点にはあらかじめ印をつけるといいでしょう。あとはどの方向に曲げるかによってその「基準点」をどのメモリに合わせるか確認し(機種により違うので説明書等を見てください)、通したパイプをその位置に固定します。

3. ベンダー作業をしていく
スライヤーハンドルを動かして、パイプを曲げていきます。 何度曲げたところで終了するかは、メモリがついているのでそこまでで作業を終了しましょう。 やり直しがきかないのと素材を傷つける可能性があるので、曲げる勢いをつけすぎないよう注意してください。

4. 注意深くパイプを取り外す
ハンドルを初期の位置近くに戻して緩め、曲げたパイプをベンダーから取り除きます。 この時すでにパイプは曲がって形状が変わっているので、完全に初期位置(一直線になった状態)に戻してしまうと逆にパイプに曲げる力をかけてしまう場合もあるので、ゆっくりとハンドルを戻し、パイプを取り外せるようになったら外すのがベストです。

ベンダーを使うときの注意点とは

LマークとRマークの違いに注意。
ベンダー作業は始めてしまえば単純ですが、やり直しや元に戻すことはできません。 パイプをベンダーにセットする作業時点でずれが生じてしまわないようにすることが一番大切です。 特にパイプの基準点を「Lマーク」「Rマーク」「ゼロマーク」のいずれに合わせてセットし曲げていくのかについては、「どこに指定寸法をとって曲げていくのか」ということが直接かかわっています。 説明書などを見て、どうセットするかについては熟知したうえでセットしてください。