高く買い取ります!
買取強化中の発電機

  • ヤマハ 発電機 EF2800ISE

    ヤマハ 発電機 EF2800ISE

    最高91,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • ホンダ 発電機 EU18i

    ホンダ 発電機 EU18i

    最高86,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • 新ダイワ インバータ発電機 IEG1800M-Y

    新ダイワ インバータ発電機 IEG1800M-Y

    最高86,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • ヤマハ 発電機 EF1800iS

    ヤマハ 発電機 EF1800iS

    最高86,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • ホンダ 発電機 EU24i(車輪あり)

    ホンダ 発電機 EU24i(車輪あり)

    最高76,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • ホンダ 発電機 EG25i

    ホンダ 発電機 EG25i

    最高76,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • ホンダ 発電機 EU16i

    最高76,000

    最高買取価格

    高額買取中!

  • ヤマハ 発電機 EF2000iS

    最高76,000

    最高買取価格

    高額買取中!

店舗や在庫状況により実際の価格が異なる場合がございますので、詳細な金額は店舗にご確認をお願い致します。

ツールオフはオリンピック需要で
発電機高額買取中!

発電機の価格表を見る

発電機の買取金額が
他社よりも高い3つの理由

  • Point1 独自の海外販売ルートあり!
    国内で売れない工具も
    売り先があるから高額買取!

    修理調整が自社で可能!
    工具知識の豊富な鑑定士と整備士が多数在籍しているため、不具合がある場合でも高価買取実績が多数!
    確実な診断力と修理コスト低下により、その分買取金額に還元いたします。

  • Point2 関東圏の店舗数NO1
    各地の需要から導く
    トップクラスの査定力

    累計120万点を超える買取実績から1万アイテムを超える商材において現時点の相場だけでなく過去の実績やトレンドを把握しております。
    その膨大かつ緻密なデータに基づき自信を持ってより正確な買取価格をお付けいたします。

  • Point3 工具修理職人が在籍
    自社で修理整備するから
    高値で売れる買える!

    電動工具は使わないだけでも不具合が生じやすい商品です。
    社内のベテラン整備士により常にメンテナンス・管理することによりローコストで長期在庫を保有することが可能に。
    長期保有を実現することで適正な販売価格を付けることに成功しました。

多くのベテラン整備士の存在により
実現する高価買取

お買取りさせて頂いた電動工具の約6割の商品は常にメンテナンスが必要な商品です。例え未使用品であっても動作確認が必要な商品もあります。次にご使用いただくお客様に販売させて頂く前には定期的なメンテナンスが必要になってきます。当社ではそのメンテナンスを社内で内製化しており、中にはこの道40年ベテランの整備士も在籍しております。
通常では外部のメーカーや専門業者でなければ修理することができない電動工具も「ツールオフ」のベテラン整備士により修復・管理が可能です。その外注費用を抑えることが出来るためお客様への買取価格を高く提示させて頂くことが出来るのです。

修理費や維持管理費を
「ツールオフ」なら内製化で大幅削減!
だから、他社よりも高額買取!

ご質問やご相談がある方は
お気軽にお電話下さい!

発電機買取に寄せられる よくあるご質問。

定休日はいつ?買取時に必要なものは?
定休日は年末年始のみになっています!
ツールオフ店舗の営業時間は各店舗によって若干異なります。
買取時には、現住所がわかるご本人様確認書類(免許証、保険証、住民基本台帳など)が1点あれば大丈夫です!
メーカーによって買取金額に差はありますか?

メーカーによる買取金額の差はございます。メーカー、型式など人気によって多少変わってきます。
どのメーカーでも共通して、最新モデルから型落ちするほど買取相場が下落してゆきます。
しかし、ユーザーの多マキタ、日立工機(HIKOKI)などは多少型落ちしても高額買取されます。

どのような電動工具が高く買い取ってもらえますか?

型式では最新モデルが最も高く、限定モデルも高値がつきやすくなります。
仕マキタ製の本体色では、基本カラーの青よりも人気のある黒やグリーン、希少なピンクの方が高いことも多いです。
仕様で言えば14.4Vモデルよりも18Vのモデルの方が全体的に高い傾向があり、付属バッテリー容量が多いセットの方が高くなります。
また、HIKOKIでは36Vのマルチバッテリーやマキタでは40Vのバッテリーが販売されており、安定した買取金額になります。

セットになってなくてもお買取りしてもらえますか?本体だけでも買い取ってもらえますか?

本体だけでもお買取り可能です!
充電タイプも本体のみのお買取りが可能です!!
特に充電器は必要以上に手元に残る事が多いと思いますので、ぜひお売り下さい。
その際、未使用の状態と1回でも使用してしまった場合とで金額に差ができてしまいますので、極力未使用のままお持ちください。

査定にはどれくらい時間がかかりますか。

店頭買取・出張買取の場合は、工具によって異なりますが、工具1点につき動作確認から査定まで2分程度が目安になります。10点の査定であれば20分程度で完了いたします。
査定点数が増える程、1点当たりの査定時間は短くなります。査定だけでも喜んでお調べいたしますので、ぜひおまとめ査定をご利用下さい。

宅配買取の場合は、最短で発送の翌日から、3営業日内にて査定結果のご連絡をさせて頂いております。
申込用紙にて査定結果のご連絡方法をご指定いただけます。

工具の数は何点から査定してもらえますか?

査定数の下限は、買取方法により異なります。
買取りの品とご都合にあわせて、ご都合のよい買取方法をお選びください。

【店頭買取の場合】
ハンドツールのようなものからフォークリフトのような重機まで、点数に関わらず1点ずつ丁寧に査定させて頂きます。

【宅配買取の場合】
ハンドツールのような小さい工具は原則3点からご利用いただけます。
工具の種類によっても異なりますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

【出張買取の場合】
原則として出張買取は工具10点からご利用可能ですが、出張予約状況次第では1点からでも喜んでお伺いさせて頂きます。
工具の種類によっても異なりますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

店頭買取の手順が知りたいです。

直接ツールオフ店舗へ工具をお持ち込み下さい。
スタッフへお声がけ頂ければその場ですぐ査定をさせて頂きます。
査定結果もその場でご提示致しますので、ご納得頂きましたら伝票にお名前等をご記入頂きます。
お買取り金額もその場で現金にてお渡しさせて頂きます。

買取はどのような方法がありますか?

買取方法は店頭買取・出張買取・宅配買取の3つがあります。
店舗までの距離やご都合にあわせてお選びください。

査定は無料ですか?

はい。査定は無料になりますお気軽にお問い合わせください。
宅配買取の場合も、万が一お買取り成約に至らなかった場合でも送料や査定料を頂く事はございません。

更に今なら! おまとめ査定 +もう1点以上の買取で
買取価格 最大12%アップ!

例えば・・・

  • インパクトドライバー 30,000円
  • エアコンプレッサー 90,000円
  • 釘打ち機 50,000円
  • 発電機 70,000円

通常の単品での買取金額合計
=240,000円

おまとめ査定なら
=254,400円

14,000お得!!

ツールオフが発電機の買取で
選ばれる理由

  • 修理の内製化による高額査定!

    ツールオフには電動工具整備歴30年の熟練した鑑定士・整備士が多数在籍しており、社内修理が可能なので、その分高価買取が可能となります。
    東京・埼玉・群馬出身の熟練鑑定士による査定なので、勿論査定内容にも自信があります。電動工具の故障ポイントと致しましては、「ダイス装着部分の破損」「スプリングの損傷」などが挙げられます。
    しかし修理調整が自社で可能な工具知識の豊富な鑑定士と整備士が在籍している為、不具合がある場合でも高価買取が可能となっております。

  • LINE査定で「1分査定」を実現!

    ツールオフでは電動工具業界初の無料LINE査定を強化中!最短1分で査定結果が出ますので、お忙しい方でも査定して頂けます。
    「手間なく簡単査定」ということで、「いくらになるか気になった」「工具が重くて持ち運びが難しい」「売るかわからないけどだいたいの金額が知りたい」というお客様に多くご利用頂いております。
    電動工具の査定ポイントと致しまして、「事前に汚れなどを軽く拭き取る」「本体の全体が分かる(付属品がある場合はそれ等も含む)画像」「メーカー及び型式が分かる画像」等が挙げられます。
    その点を意識して頂けますとより一層スムーズに査定が行え、また高額買取に繋がる可能性も御座います。

  • 全店舗12店舗、買取実績120万件!

    東京(八王子・西東京)・埼玉(川越・浦和)・群馬(高崎)・神奈川(川崎)に12店舗展開、電動工具から電材、建材、重機、農機具など実績120万件。
    これまでに培ったノウハウや開拓販売ルート、独自の海外販路がツールオフの強みです。関東圏の店舗数NO1の需要から導くトップクラスの査定力により電動工具の高価買取が実現しております。

  • 選べる5つの査定方法!

    ツールオフでは店頭査定・宅配査定・出張査定・LINE査定・写メール査定と合計5つの査定方法に対応しております。東京・埼玉・群馬・神奈川以外の地域である北海道から沖縄も含め、全国各地のお客様にご愛用頂いております。
    お客様に合った買い取り方法を選択可能なので、よりお気軽にご利用頂けます。電動工具のサイズに合った買い取り方法を選択して頂くのも可能です。
    電動工具に関しましては、店頭買取をお勧めいたします。工具に詳しく、実績豊富な査定スタッフが査定致します。工具を1点1点丁寧に動作確認し、状態をお調べ致します!買取金額にご納得いただけましたら、その場で現金買取させて頂きます。

買取に必要な書類

買取の際は本人必要書類のみお持ち下さい

身分証明書として利用可能なもの

運転免許証、健康保険証、パスポート、
外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)

※ 18歳未満の方からのお買取りは
ご遠慮させて頂いております。

ツールオフ店舗一覧
お気軽に、店舗までお越しください!

千葉県エリア

店舗名
ツールオフ千葉店
営業時間
電話番号
0120-963-485
住所
〒263-0035
千葉市稲毛区稲毛町5-60-12
駐車場
有:3台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ松戸店
店舗名
ツールオフ松戸店
営業時間
電話番号
0120-264-086
住所
〒270-0011
松戸市根木内62-1
駐車場
有:6台
お店の詳細を見る ≫

埼玉県エリア

ツールオフ川越店
店舗名
ツールオフ川越店
営業時間
電話番号
0120-590-220
住所
〒350-0001
川越市大字古谷上3819-8
駐車場
有:14台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ草加店
店舗名
ツールオフ草加店
営業時間
電話番号
0120-905-770
住所
〒340-0044
草加市花栗3-20-45
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ所沢・入間店
店舗名
ツールオフ所沢・入間店
営業時間
電話番号
0120-961-173
住所
〒358-0014
入間市宮寺2723-15
駐車場
有:16台
お店の詳細を見る ≫

大阪府エリア

店舗名
ツールオフ枚方店
営業時間
電話番号
0120-987-263
住所
〒573-0007
枚方市堂山2-32-10
駐車場
有:9台
お店の詳細を見る ≫
店舗名
ツールオフ堺店
営業時間
電話番号
0120-264-245
住所
〒591-8024
堺市北区黒土町2357-1
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫
店舗名
ツールオフ松原店
営業時間
電話番号
0120-536-046
住所
〒580-0045
松原市三宅西3-259-2
駐車場
有:14台
お店の詳細を見る ≫

東京都エリア

ツールオフ八王子店
店舗名
ツールオフ八王子店
営業時間
電話番号
0120-540-385
住所
〒192-0012
八王子市左入町371-1
駐車場
有:4台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ西東京店
店舗名
ツールオフ西東京店
営業時間
電話番号
0120-540-453
住所
〒202-0022
西東京市柳沢5-15-33
駐車場
お店の詳細を見る ≫

神奈川県エリア

店舗名
ツールオフ川崎店
営業時間
電話番号
0120-540-521
住所
〒212-0005
川崎市幸区戸手2-2-1
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫
ツールオフ横浜店
店舗名
ツールオフ横浜店
営業時間
電話番号
0120-905-805
住所
〒227-0044
横浜市青葉区もえぎ野1-10
駐車場
有:8台
お店の詳細を見る ≫
店舗名
ツールオフ厚木店
営業時間
電話番号
0120-264-108
住所
〒243-0016
厚木市田村町11-18
駐車場
有:5台
お店の詳細を見る ≫

群馬県エリア

ツールオフ高崎店
店舗名
ツールオフ高崎店
営業時間
電話番号
0120-540-248
住所
〒370-0854
高崎市下之城町179-4
駐車場
有:9台
お店の詳細を見る ≫

▼近くに店舗がない方はコチラ

インバーター発電機について

従来の発電機では、50Hzや60Hzなどの周波数を維持するため、常にエンジンを一定数にして回転させる機構が備わっているものの、エンジンは消費電力が多くなればなるほど重くなってしまい、エンジンの回転数にムラが出て電圧や周波数が変わってしまうという欠点があります。

インバーター発電機では、交流から整流である直流に一度変換を行い、ふたたび交流に戻すことで波形を安定させることが出来る、という特徴があります。 このため、通常の発電機では使用できない、充電器なども使用する事ができます。

インバーター発電機ではコンバーターという装置を使って交流を直流へと変換し、直流から交流に戻す際にインバーター装置を使って交流へと変換するのですが、このときにインバーターが周波数をコントロールするため、安定して省エネ運転をすることが可能となります。

インバーター発電機の最大の特徴は、消費電力が少ない場合には自動的にエンジンの回転数が下がり、燃料の消費を抑えてくれる点です。 エンジンの回転数は従来の発電機では一定のため、消費する燃料も減ることがほとんどないことから、インバーター発電機は従来の発電機よりも省エネ性能に優れた発電機となります。 また、インバーター発電機は回転数をそのつど下げる機構があるため、騒音が従来の発電機よりも小さい、という特徴もあります。

各種メーカーの違い

・ホンダ ・工具の特徴について ホンダ製発電機の特徴は、用途に合わせた豊富なラインナップがあることです。一般的な発電機の場合汎用として販売されていることが多いのですが、ホンダ製は精密機器向きのインバータ搭載発電機、電動工具などの使用に適しているサイクロコンバータ搭載発電機、汎用タイプのスタンダード発電機、大容量の電力を生み出せるプロ用の三相発電機があります。それぞれ電力を生み出す点においては変わりありませんが、使用する機器を安全に使用することが出来る機能を搭載しているため、現場によってどの発電機を使用するかを考えることでトラブルの無い運用が可能となります。発電能力はスタンダード発電機でも定格出力60Hzで2.3kVA、50Hzで2.0kVAを可能としており、三相タイプであればそれ以上の出力が可能となっています。 ・他社製との違いと比較について ホンダ製発電機と他社との違いは、やはり搭載しているエンジン性能が高いため長時間の運用が可能という点です。防音設計もしっかりしておりそれほど大きな音もしませんし、クリーンな排ガスにより空気を汚さない工夫もしてあります。小型で持ち運びしやすいモデルもあるので家庭用としてもオススメですし、災害時の電力供給にも最適でグリーン購入法災害備蓄用品適合商品としても認められています。賠償責任保険が付いている点も使用する際の安心感に繋がります。短所は価格が他のメーカーよりも高い点が考えられます。

・デンヨー ・工具の特徴について デンヨー製発電機はガソリンタイプとディーゼルタイプの2種類がラインナップされています。ガソリンタイプは小型で持ち運びしやすいもの、ディーゼルタイプはガソリンタイプよりも大型で現場での使用に最適なものがラインナップされています。どちらの発電機も騒音を出来る限り抑えた低騒音となっており、発電機を使用する際に懸念される騒音によるトラブルも軽減することが出来ます。発電能力は最も小型のものでも0.9kVAと問題ない出力となっており、安定した電力供給が可能となります。 ・他社製との違いと比較について デンヨー製発電機は操作の簡素化を行っているため、他社の発電機と比べた場合に使いやすい点が大きな違いとなっています。他社の場合発電能力は高いが操作性に難ありというものも多く、初めて使用する人では操作が難しいケースもあります。しかしデンヨー製の発電機は簡単な操作で発電機を動かすことが出来ますし、軽量でコンパクトなデザインなので置き場所にも困りません。短所としてはデンヨーを取り扱っているお店がそれほど多くないので、入手する際に多少不便を感じることがあります。これはデンヨーの販売網が広がらないと解決できないでしょう。

・ヤマハ ・工具の特徴について ヤマハ製発電機の特徴は、用途に合わせて3タイプの発電機をラインナップしている点が挙げられます。ヤマハではインバータ・FW・スタンダードという発電機があり、インバータは周波数を整え安定した電力を供給できる発電機で小型で軽量なのが特徴となっています。FWは整った出力波形を実現し、幅広い電気機器に使用可能な発電機で、価格も安価なため購入しやすいという特徴があります。スタンダードは高出力で価格も安価、メンテナンスもし易いという特徴があり、それぞれに特徴が異なっているので用途に合わせたチョイスが出来ます。 ・他社製との違いと比較について ヤマハ製発電機は人と環境に配慮した設計を行っているため、日本国内の排出ガス規制値だけでなく世界で最も厳しいカリフォルニア州の排ガス規制値もクリアしています。これは他社と比べた場合でも大きなアドバンテージとなっており、世界中で安心して使用できるという証明と言えます。エンジンに関してはヤマハのノウハウを詰め込んだ高性能エンジンですので安定した動作を約束してくれます。他社製の発電機にヤマハのエンジンを搭載しているケースも少なくないので、そう考えた場合ヤマハの技術力の高さと汎用性が良くわかるのではないでしょうか。

・マキタ ・工具の特徴について マキタ製発電機の特徴は、オートアイドル機能を搭載したことで、電力を使用していない際には自動的にエンジンがアイドル状態に移行します。そうすることで燃料消費を抑えるとともに排ガスの排出も抑制することが出来ます。発電機としての能力は小型タイプでも1.35KVAを実現しているので、発電能力に問題はありません。インバータ搭載で電力を調整しながら出力可能なため、多種多様な機器を使用することが出来ます。基本性能が高いので電力不足が起きることも有りませんし、現場での使用にも最適なモデルもラインナップされています。 ・他社製との違いと比較について マキタ製発電機は他社と比べて基本性能を高めている点が違いとして挙げられます。種類はそれほど多くないのですがその少なさを基本性能のアップで補っているため、購入した際に不満が出ることも少ないと言えます。長時間使用しても動作が不安定になり難く、頑丈な作りなので現場での使用でも問題が起こることは無いでしょう。短所としては重量がかなり重いので持ち運びという点においてはあまりほめられたものではありませんし、小型モデルも1機種のみなので家庭での使用という面においては他社に劣る部分もあるでしょう。

・新ダイワ ・工具の特徴について 新ダイワ製発電機は、現場での使用や家庭での使用どちらにも対応可能な保父なラインナップが魅力です。小型の発電機だけでなく超大型の発電機もラインナップされていますので、電力を必要とする現場での使用でも電力不足になることなく安定した利用が可能となっています。小型の発電機はガソリンエンジンを搭載、大型のものはディーゼルエンジンを搭載と大きさによってエンジンを載せ分けている点も特徴と言えます。ディーゼルエンジンは燃料が安価なので経済的に有利ですし、小型のものはガソリンエンジンにすることで発電能力を高めています。基本的にインバータ搭載なので使用電力に合わせて発電を調整することも出来、パソコンなども使用可能なほど良質で安心の電力供給が可能です。 ・他社製との違いと比較について 他社と新ダイワ製発電機の違いは、超大型発電機をラインナップしているため非常に使用できる範囲が広いという点があります。他社の場合中型程度の発電機はありますが、超大型となるとラインナップされていないので、現場で安定した電力を供給したい場合は新ダイワ1択となるでしょう。その為現場での支持が高く、幅広い作業に使用可能というメリットがあります。短所としては小型のものでも重量があるので、持ち運びという点においては多少不満があるかもしれません。

インバーター発電機の選び方

インバーター発電機を選ぶときには、どのような場所でどんな目的で使うかをまずイメージしながら、発電機の使い方を考えるとよいでしょう。具体的には、たとえばキャンプで使用するために、安定した出力でなおかつ燃料の消費も抑えることが出来るインバーター発電機を選ぶとよいでしょう。 高出力でDIYや各種作業を行いたい場合にはインバーター発電機よりも通常の発電機の方が適している場合もあります。

さらに、インバーター発電機を選ぶ際には発電機を利用して使う電気製品がどのくらいの消費電力があり、起動電力は何ワットなのかを前もって調べておくことで、「せっかくインバーター発電機を買ったのに電気製品が起動しない」といった不具合の発生を防ぐことが出来ます。

インバーター発電機には現在、0.85kVA(1000ワットが1kVA)から5.5kVAの高出力タイプまでさまざまな製品がありますので、お使いになる家電製品がどれくらいの起動電力がかかるかを調べておくとよいでしょう。インバーター発電機には、ガソリンで動き長時間駆動に強いガソリン式と、カセットボンベで動き燃料保管がしやすいカセットボンベ式の、2種類の燃料方式があります。こちらもシチュエーションや目的に合わせた方式を選ぶことをおすすめします。カセットボンベ式は、メンテナンスが少ない分取り扱いは簡単です。

インバーター発電機のメンテナンス方法について

インバーター発電機のメンテナンスをする際には、発電機の形式がガソリンで動くタイプかそれともカセットボンベを燃料とするタイプかでメンテナンス方法が変わってきます。

カセットボンベ方式のインバーター発電機については、現在は各メーカーともメンテナンスフリーのモデルを販売しているため、ガソリンで動くタイプよりはメンテナンスは簡易になります。 エンジンオイルの点検をしてオイルが劣化している場合には交換を行い、エアクリーナーなどに損傷がないかを確認して損傷があれば部品の交換、さらに内側の汚れを布で拭き、きれいにするなどのメンテナンスは必要となります。

ガソリンで動くタイプのインバーター発電機については、燃料タンクフィルタと点火プラグの清掃、マフラーに詰まりが発生していないかどうかの確認を行い、マフラーが詰まっている場合には清掃を行いましょう。

また、ガソリンタイプのインバーター発電機のメンテナンスの仕上げには絶縁抵抗計を使って100V以上の電圧がきちんと発生しているかどうかを確かめることにより、インバーター回路が正常に動作しているかをチェックすることが出来ます。発生している電圧をメンテナンスの最後にチェックする作業は、カセットボンベ式のインバーター発電機でも同様に行うようにしましょう。

超解説!正しい用途と使い方~インバータ発電機編~

キャンプなどのアウトドアやDIYなどにも大活躍のインバータ発電機。電源の無いところでも電化製品や電動工具を使えるようになる便利な装置で、特にアウトドアでは重宝されるアイテムです! ただサイズも大きく使い方も良く分からず、購入をためらっている人もまだまだいるようです。今回はインバータ発電機について機能や使い方をお話ししていきます!
そもそもインバータ発電機の特色や用途って何?
発電機ってどんな原理で、どういう使い道をしていくの?
動力は2種類あります。
皆さんは発電機というと、どういう物を思い浮かべるでしょうか。言葉からすると部屋の中にある大きな装置のようなもの(ボイラーのような)を思い浮かべる人もいると思いますが、ここでいう発電機とは海の家やキャンプなどでよく見かける、スーツケースを少し大きくしたような箱形の物です。多くの発電機は手持ち出来るように上に取っ手が付いていて、キャスター付きでスーツケースのように動かせるものもあります。始動については小型船の後ろについているエンジンなどで見たことがあるかもしれませんが燃料を入れ、ついているひもを引いて回転させることで音が出て、動き始める…そんな風にイメージしてもらえれば間違いありません。
そうです。エンジンの原理を利用して発電し、それをつないだ電荷製品を使用できるようにするのが発電機ですね。家庭にあるコンセントを、何もない野外などの場所に持っていけるようなイメージです。(もちろん燃料は必要です。ガスボンベとガソリンを使う2つのタイプに分類されます。排気には十分注意しましょう。)
使用方法はコンセントと同じですから、DIYなどの野外作業をする場合や電動工具に電力を供給するのにも使えます。他にもキャンプなどであれば照明や調理器具、暖房やノートパソコンなど、屋内と変わらない電化製品の使用を可能にしてくれるわけです!しかしノートパソコンなどの精密機器やモーターなどの回転数を安定させるような機器につないだ場合、ただの発電機ではうまく動かず、最悪故障の原因になってしまう事があるのです。

インバータ発電機は普通の発電機と何が違うのか?
結論から言うとインバータ発電機の一番のメリットは、「パソコンやモーターがらみの精密な電子機器につないでも安心して使用できる」という点です。
「インバータ」というのは一言でいうと、周波数を整え、出力を安定させる装置です。パソコンや精密機器内蔵の電気機器を正しく稼働させるには周波数や電圧の変動が少ない、良質な電気供給が求められます。それを可能にするための装置が「インバータ」と呼ばれるものです。インバータ(Inverter)とは簡単にいえば「直流を交流に変換する装置」のことです。インバータ発電機では、まず交流で発電し、それをコンバータ(Converter)という装置で直流へと変換しています。その後、再びインバータによって直流から交流へと変換しますが、この際、インバータによる働きで周波数をコントロールし、出力のバラつきを抑えることができます。
インバータは発電機以外にも身近なところに使われています。例としては
〇インバータエアコン
エアコンの冷媒を圧縮する圧縮機にもインバータが使用されています。従来のエアコンでは室温が安定せず消費電力も多いなど効率が良くありませんでした。インバータエアコンは室温に応じて圧縮機を的確にコントロールすることが可能で、快適性と省エネ性が大幅に向上しています
〇インバータ蛍光灯
インバータが電源を高周波へと変換してランプを点灯させるのがインバータ蛍光灯です。周波数が安定しているので光のチラつきが少なく目に優しいほか、明るく、消費電力も少ないなどの特徴があります。
また日本国内で電力会社から提供されている電力も周波数は一つではなく、東日本では50Hz(ヘルツ=周波数の単位)、西日本は60Hzで供給されています。現代では家電製品などほとんどの機械が50Hz/60Hz両方に対応しており、意識することは少ないですが、一部の産業用機械や古い機械などでは片方にしか対応していないことがまだまだたくさんあります。このような場合にも、インバーターを使って50Hzを60Hzに上げたり、その逆を行ったり、ということをします。
野外式の発電機などの場合には、エンジンの回転数が変われば周波数も安定せず変わってしまうので、安定させるためにインバーターが組み込まれているわけです。インバーター付きの発電機は、例えばパソコンを使用にするときや、モーターの回転を安定させたいときなど、安定した周波数の電源を得たいときに使用します。(通常は、50Hzか60Hzの2択)特にパソコンでは周波数から時間を計算したりしているのでこれが安定しないと狂いを生じてしまうわけです。

使用場所など、インバータ発電機を使う前の注意

使用場所には十分に注意しましょう。 燃料の扱いに注意しなければならないこと、また燃焼により一酸化炭素が発生することもあるので原則は屋外で使用した方がいいです。※ただ雨の中や水がかるような場所も故障の元ですので避けましょう。換気や風通しが不十分で排気ガスがこもる場所ではエンジンを始動しないでください。
設置場所については注入した燃料が問題を起こさないためにも平たんな場所を選び、傾斜している地面には置かないようにしてください。あとは小型エンジンと似たような原理で動きますので熱気や一酸化炭素等燃焼によりやけどや中毒を起こさないよう、排気口の場所などを確認し立ち位置等には注意が必要です。

インバータ発電機の動かし方

始動前の燃料注入などの用意
初使用の時はまず設置したらエンジンオイルを注入していきます。注入方法や箇所は各メーカーによって異なるので説明書等を確認しましょう。また初使用でない場合もエンジンオイルがどの程度残っているかの確認(方法はメーカーや機種により異なります)を必ずして、規定の量を入れておくようにします。発電機では燃料よりエンジンオイルの確認と注入を先に優先して行います。エンジンオイルの量が足りないと多くの発電機の場合保護回路が働いてしまい、いくら操作してもエンジンがかからなくなってしまうので必ず十分な量を入れておきましょう。
次に燃料を注入します。インバータ発電機の燃料は大きく2タイプあり、ストーブのようにガソリンを注入しておくタイプとガスボンベをつなぐタイプがあります。それぞれの説明書を確認して注入または接続しましょう。ガソリンの場合は車用の無鉛レギュラーガソリンです。漏れないように注意して入れましょう。ガソリンの場合は入れ過ぎ、ガスボンベの場合は接続時の漏れに注意します。
〇ガソリンでなくカセットボンベタイプの場合は液化ブタン(LPG)などを充てんしたカセットガスは、出力や連続使用時間では劣るものの、身近なスーパーやホームセンターでも簡単に、しかも安価に入手しやすいので便利です。余ったら家庭用のカセットコンロなどにも流用して消費できて無駄がありません。たまにアウトドアに出かけて短時間使うなら、このタイプの方がお得かもしれません。カセットボンベカバーを開けて、操作レバーが”解除”位置にあることを確認してから、カセットボンベ(2本)のキャップを外し、切欠きまたは赤いラインを本体にある表示と合わせ、先端から奥に差し込みます。次にカセットボンベが連続して回転しないことを確認して、発電機本体についている操作レバーを「固定」にセットします。その後の手順は燃料注入タイプと同じです。

発電機を始動していきます。
最近のインバータ発電機の場合、本体に操作する番号を数字で表示してあるものも多いので、その場合はその番号順に操作していきますが、基本的には以下の手順になります。
〇燃料キャップつまみをONにする(燃料が流れるようにする)。
〇燃料コック(つまみ)を「始動」の位置にする。
〇エンジンスイッチをONにする。
これらの手順についてはスイッチの名称やついている位置が各メーカーの発電機によってかなり異なりますのでよく確認して操作してください。ただ基本は燃料が流れるようにつまみを操作し、点火スイッチを点火できる状態にします。※エコノミー(省エネ)スイッチがある場合始動時はOFFにしておきましょう。
〇リコイルスターター(ひも)を引いてエンジンを始動する。
リコイルスターターを引くと重くなるところがあり、そのあと軽くなるところまで引きます。始動ノブをいったん戻してから一気に引っ張ります。通常はこれでエンジンがかかりますのでかかったらスターターはゆっくりと戻します。かからない場合はこの操作を繰り返し行うことでエンジンはかかります。もし繰り返してもかからない場合エンジンオイルの注入量が足りない場合もあります。エンジンがかかったら燃料コックを「始動」から「運転」に合わせます。

電化製品を接続し、使用していきます。
〇エンジン始動後はしばらく暖機運転をするのがおすすめです。
特に冬など気温が低い時期は車のエンジンと同じで3-5分程度暖機運転をしないとトラブルの元となります。そうでない時期もエンジンと電圧双方の安定のため、電化製品をつなぐ前に暖機運転をした方がいいでしょう。暖機運転をしつつ「出力ランプ」が正常についていることを確認してください。
〇周波数を合わせていきます。
50Hzと60Hzの2つがあり、ほとんどの電化製品ではどちらにも対応しているのであまり意識することはないかもしれません。ただ古い機械や一部の産業用機械では片方にしか対応していないことがあり、事前に確認しておいた方がよさそうです。本体に切り替えスイッチがついていますのでどちらか片方に合わせなければならない場合はそうしておきましょう。迷った場合は東日本であれば50Hz 西日本なら60Hzにしておくと無難です。
〇電化製品を接続する。
ライトやストーブ、電動工具、パソコンなど色々なものがコンセントから接続・使用できるのですがまず電化製品側の電源が完全に切れている状態を確認してから、コンセントをインバータ発電機に差し込みます。(スイッチが入っている状態で接続すると家庭用コンセント同様の問題が起きる場合があります)コンセントを差したら電化製品の電源を入れ、使用を開始します。
〇使用を始めたら「過負荷」の表示にだけ注意
通常インバータ発電機には「出力」(電気を供給しているという正常な表示)ランプの横に「過負荷」ランプがついている場合が多いです。電化製品の消費電力が高すぎる場合(能力オーバーの場合)、「過負荷」のランプが点灯する場合があります。 始動時に一瞬ついたりするのは問題ありません。しかしそれが付きっぱなしになっている場合は十分なパワーを供給できなかったり、逆に発電機が故障をする場合があります。※始動後しばらく見て「過負荷」がつかなければ大丈夫でしょう。つきっぱなしになっている場合は一度使用を中止し、設定や使用機器を見直した方がいいかもしれません。

電化製品の使用が終わったら
まず先に電化製品側のスイッチをOFFにしたうえでコンセントを発電機から抜きます。エンジンのスイッチを停止の位置に動かし、動きを止めたうえで、燃料コックレバーをOFF(流れが止まる位置)に直します。(機種により細かい手順は異なりますが基本的には機器→発電機→燃料関係の順です)その後しばらく使わない場合はガソリンの場合は抜き、ボンベの場合は外しておくといいでしょう。まず先に電化製品側のスイッチをOFFにしたうえでコンセントを発電機から抜きます。

各メーカー、機種による違いは説明書で確認しましょう。
いかがでしたか?
各メーカーのものに共通する使い方の流れをざっと書いてきました。しかしメーカーにより当然スイッチの名称や位置は違いますし、手順も変わってきます。上記に書いたことはあくまでも原則ですので、先にそれを読んだうえで各機種の説明書で手順を読んでもらって最終確認をしてもらえると早いのかなと思います。インバータ発電機は熱や音も大量に発生するので扱いには注意が必要ですが、手順や注意点をしっかりクリアすればこれほど便利なものがありません。ぜひ早めに慣れていきましょう!