電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • ご相談・ご質問なんでもお問い合わせください
  • LINEでも受付中!
サンダ買取強化中 サンダ買取強化中

サンダ買取なら「ツールオフ」へ

電動工具の中でも木工に便利なのがサンダ。
ツールオフには、あなたのサンダを
まだまだ活躍できる工具へと見事に蘇らせる、熟練整備士たちがいます。
「もう使わなくなった…」「買取ってもらえなかった…」など、
そんなサンダも、きちんと査定します。
高額買取、無料査定は、ツールオフ。

TOP >  電動工具買取専門ページ >  サンダ買取

LINE査定3000円現金キャッシュバック

高く買い取ります! 買取強化中のサンダ

  • BOSCHGSS23AE最高5,500円
  • makita9404最高10,000円
  • makitaBO4900V最高8,000円
  • makitaBO5030最高7,000円
  • PanasonicEZT511最高5,500円
  • RYOBIS-1200E最高9,000円
  • 日立SB8V2最高14,000円
  • 日立SV12SG最高5,500円

ツールオフはオリンピック需要で

サンダ高額買取中!

サンダの 買取速報マガジン!

もっと見る
サンダの 買取価格自信あり!

品薄の商品や未使用品でもコンディションの良い商品は更に高額で買取できます!
例)マキタ サンダ 9404

A社
14,000円
B社
12,000円
C社
13,000円
ツールオフ買取実績
17,000円

サンダは電動工具の中でも使用しているユーザーは多く、高い人気を誇る工具です。
だからこそ買取業者によって価格に大きな差が生まれやすくなります。希少価値が高い限定商品だけではなく、定番商品や最新作に至るまで、
業界トップクラスの実績を記録する「ツールオフ」なら、驚くほど高い買取金額をご提示することができます。売却の際は是非当店をご利用下さいませ。

サンダの買取金額が 他社よりも高い3つの理由

Point1
独自の海外販売ルートあり!
国内で売れない工具も
売り先があるから高額買取!

修理調整が自社で可能!
工具知識の豊富な鑑定士と整備士が多数在籍しているため、不具合がある場合でも高価買取実績が多数!
確実な診断力と修理コスト低下により、その分買取金額に還元いたします。

Point2
関東圏の店舗数NO1
各地の需要から導く
トップクラスの査定力

累計60万点を超える買取実績から1万アイテムを超える商材において現時点の相場だけでなく過去の実績やトレンドを把握しております。
その膨大かつ緻密なデータに基づき自信を持ってより正確な買取価格をお付けいたします。

Point3
工具修理職人が在籍
自社で修理整備するから
高値で売れる買える!

電動工具は使わないだけでも不具合が生じやすい商品です。
社内のベテラン整備士により常にメンテナンス・管理することによりローコストで長期在庫を保有することが可能に。
長期保有を実現することで適正な販売価格を付けることに成功しました。

多くのベテラン整備士の存在により
実現する高価買取

お買取りさせて頂いた電動工具の約6割の商品は常にメンテナンスが必要な商品です。例え未使用品であっても動作確認が必要な商品もあります。次にご使用いただくお客様に販売させて頂く前には定期的なメンテナンスが必要になってきます。当社ではそのメンテナンスを社内で内製化しており、中にはこの道40年ベテランの整備士も在籍しております。
通常では外部のメーカーや専門業者でなければ修理することができない電動工具も「ツールオフ」ののベテラン整備士により修復・管理が可能です。その外注費用を抑えることが出来るためお客様への買取価格を高く提示させて頂くことが出来るのです。

修理費や維持管理費を「ツールオフ」なら内製化で大幅削減!
だから、他社よりも高額買取!

サンダは買取強化中の商品です! 高価買取ランキング

1位
詳細情報

最高値¥17,000円

マキタ makita

サンダ 9404
軽量型かつ集じん機接続可能機能が人気のモデルです!
フルセットでお持ち頂ければ高額買取が望めます!

2位
詳細情報

最高値¥13,000円

リョービ RYOBI

サンダ BDS-1010
交換が簡単にできるマジック式が人気のモデルです!
状態により高額買取対象となる可能性大です!

3位
詳細情報

最高値¥4,000円

ボッシュ BOSCH

サンダ GSS23AE
カウンターウェイトとソフトラバーが人気のモデルです!
刃等の付属品があった場合、更に高額買取UPが望めます!

サンダ買取価格表

マキタ
商品名
買取価格
9237C
14,000円
BO4900V
13,000円
GV7000C
12,000円
GA504DZ
10,000円
リョービ
商品名
買取価格
DSE-5010
12,000円
BE-3210
11,000円
BY-1030
6,000円
PE-2010
10,000円
日立工機
商品名
買取価格
SB10V2
17,000円
SB8V2
15,000円
G18DBVL
11,000円
SV13YB
6,000円
ボッシュ
商品名
買取価格
GEX 125AVE
12,000円
GSS 230AE/MF
7,000円

サンダなら
全メーカー買取対象です!

売りたいメーカーについて詳しく見る

マキタ サンダ
マキタ買取
リョービ サンダ
リョービ買取
日立 サンダ
日立工機買取
ブラック&デッカー
買取
ボッシュ サンダ
ボッシュ買取
高儀買取
買取強化中のサンダ

【マキタ】・9237C・BO4900V・GV7000C・GA504DZ
【リョービ】・DSE-5010・BE-3210・BY-1030・PE-2010
【日立工機】・SB10V2・SB8V2・G18DBVL・SV13YB
【ブラック&デッカー】・KA320E・ESH183・KA2000-JP・KA3000
【ボッシュ】・GSS 230AE/MF・GSS 23AE/MF・GSS 1400A・GSS 140A
【高儀】・SD-100SC・SD-180A・SD-110Li・SD-100SC

査定の前に! 査定ポイント・事前チェックポイント

・充電式かコード式の違い!
サンダーは充電式とコード式に大きく分けることが出来ます。コード式の利点といたしましては電源の確保が容易な場所で作業する際はコード式のサンダーを使用される方が多いです。
バッテリーの残量を気にせずに安定した力を発揮します。充電式の利点と致しましては持ち運びが容易な為、広範囲な場所での作業に向いていて電源の確保が必要がありません。また、同じ型のバッテリーをお持ちの方は他の工具とバッテリーを併用できることが出来ます。
他にはサンダーは木材や金属の研磨に使用されることが多く、集じん機能が搭載されているサンダーが人気になります。上記の事から充電式で集じん機能が搭載されているサンダーは人気が高いです。
メンテナンスされているか!
サンダーの故障の原因で多いのが粉塵によるものです。サンダーは木材や金属の研磨に使われるため、多くの粉塵が舞います。
モーターに入る・駆動部分に入り焼き付けや破損の原因になります。その為、集じん機能が搭載されているタイプを使われる方も多いですが、管が粉塵で詰まっていると吸い込むことが出来ません。
定期的に粉塵を取り除き詰まらないようにしましょう。また、駆動部分はエアなどを使い吹き飛ばすこともできます。
外観!
サンダーに限らず、外観は査定する際に大きなポイントになります。最初に未使用品か中古の違いです。
未使用品の中にも商品が未開封なものは新品、開封済みは未使用品になります。又、長期保管していて未使用品でも外観に傷や剥がれなどがある場合は新古品扱いになります。(新古品とは未使用品ではあるが中古品としての扱いになります。)中古品はおおきく分けると動くものと故障しており動かない等のジャンク品に分かれます。特に集じん機能が搭載されているタイプは粉塵を集める袋の有無が重要になります。
更に細分化すると動くものでも外装の剥がれや付属品の欠品・箱の有無など多岐に分かれます。ジャンク品も修理が可能なものと修理が不可能なものも御座います。(修理が可能な例としてはコードが断裂しているがコードのみ交換で良いもの等。修理が不可能な例としてはモーター等の摩耗が激しく代替えの部品が無い時等。)
おすすめの買取方法・買取時の注意点!
マルノコのおすすめの買取方法は店頭買取になります。理由と致しましては商品を店頭にお持ち込み頂けるとその場で動作確認や外観などがチェックでき、確定要素が増え高価買取が実現できるからです。特にサンダーの場合は木工用と金属用で分けられている場合も御座いますので、店頭にて確認させて頂きます。LINE買取では動作確認や外観など写真だけでは判断できない箇所もあり、不確定要素が増えてしまい買取価格が下がる場合も御座います。
宅配買取は弊社の買取キットをお客様にお届けし、買取キットに則り弊社に送付して頂きます。遠方のお客様には便利な買取方法で御座います。梱包の際の注意点ですが商品を段ボールにそのまま入れるのではなく、お手数ですが1度商品を緩衝材で包んで段ボールに入れて下さい。理由としましては段ボールにそのまま入れて頂くと輸送時に商品が破損する恐れがある為です。中古のサンダーは粉塵がついていることも御座いますが梱包の前に必ず清掃を行ってください。理由としましては輸送中に粉塵が漏れ外観が大きく見劣りする場合が有る為です。
出張買取は弊社の担当がご指定の場所まで赴き査定・買取させて頂きます。査定は無料になりますが担当がご指定の場所まで赴き、店舗まで持ち運ぶため買取価格に多少なりとも影響が出てしまいます。よって、店頭買取をお勧め致します。

サンダ買取について よくあるご質問。

Qセットになってなくてもお買取りしてもらえますか?本体だけでも買い取ってもらえますか?
本体だけでもお買取り可能です!ヤスリなどの消耗品も、ぜひお売り下さい。
その際、未使用の状態と1回でも使用してしまった場合とで金額に差ができてしまいますので、できれば未使用のままお持ちください。
Qどのようなサンダが高く買い取ってもらえますか?
型式では最新モデルが最も高く、限定モデルも高値がつきやすくなります。
仕様で言えばベルトサンダの方が元の値段に比例して高くなる傾向があります。
しかし、取り回しのよい小型モデルの人気は高く、買取額は安定しています。
Qメーカーによって買取金額に差はありますか?
メーカーによる買取金額の差はございます。メーカー、型式によって影響される事が多いです。
どのメーカーでも共通して、最新モデルから型落ちするほど買取相場が下落してゆきます。
しかし、ユーザーの多いマキタや日立などは多少型落ちしても高額買取されます。
更に今なら

おまとめ査定 インパクトドラー+もう1点以上の買取で
買取価格 最大12%アップ!

例えば・・・

インパクトドライバー

30,000円
+

エアコンプレッサー

90,000円
+

釘打ち機

50,000円
+

発電機

70,000円

通常の単品での買取金額合計

=240,000円

おまとめ査定なら

=254,400円

14,000円得!!

こんな商品も買い取ります!

  • インパクトドライバー

  • ドライバドリル

  • 電動マルノコ

  • 釘打ち機

  • 電動カンナ

  • エアコンプレッサー

  • 発電機

  • 墨だし器

  • スナップオン

  • 油圧工具

  • ウィンチ

  • ランマ

  • VVFケーブル

  • 住宅設備品

  • バッテリー

ご質問やご相談がある方は
お気軽にお電話下さい!

0120-590-220

ツールオフがサンダの買取で 選ばれる理由

1便利な工具!
サンダーは紙やすりを使って木材のささくれを削ったり、塗装をはいで色を塗りなおしたり正面を滑らかにする道具です。小さいものであれば手でヤスリをかける事も可能ですが、大工さんや家具などを手作りされる場合、大きな面積を手でヤスリがけするのは時間がかかりすぎてしまいます。
そこで、サンダーの出番です。電動ですので楽に均一に研磨することが出来ます。刃物ではないので、どなたでも使いやすく便利な工具になります。プロの方が使う物からDIY用にちょこっと使う物、普通のサンドペーパーが使えるもの、ベルト状になったサンドぺーパーを使う物、先端がとがっており角を研磨できる物まで種類は本当に様々です。
2豊富な知識!
工具専門店ですのでスタッフは様々な工具に対して豊富な知識をもっています。その為売る際には細部まで確認ができ、正確な状態判断が可能になります。整備士も在籍しているので、販売時にはしっかりと清掃、整備を行い壊れた部分は修理しての販売も可能になりますので、高価買取が可能になります。もう使わないというサンダー、ぜひ当店までお持ち下さい。プロ用からDIY用まで、きちんと査定させて頂きお買取りさせて頂きます。
3販売までサポート!
工具専門店ですので、工具を求めるお客様が多く来店くださいます。もちろん本職のお客様から、DIYをしたいというお客様までたくさんの方に来店いただいております。
最近はDIY女子も流行っているので、女性の客様も増えております。女性スタッフもいるため是非お気軽にご来店ください。販売に関しても種類豊富なサンダーですが長年の経験や豊富な知識を持ったスタッフが丁寧にアドバイスさせて頂きますので、販売までしっかりサポートさせて頂きます。
また、使い勝手が悪くて買い替えたい、ちょっと使いたいが新品を買う程ではない、いつも使っている物を修理に題しているのでその間に使うので安くていい、というお客様も是非、当店にご相談ください。お買取りから販売までお手伝いさせて頂きます。
4査定・買取方法!
すぐお金が欲しいというお客様、是非店頭までお持ち下さい。その場で査定させて頂きます。また遠くて気軽に行けない、事前に参考価格が知りたい、売れるのか見てもらいなど店頭にお持ちいただけない場合でもLINE、電話でのお問合せである程度の参考価格を提示させて頂きます。宅配買取、出張買取もございますので是非ご検討ください。

買取に必要な書類

買取の際は本人必要書類のみお持ち下さい
身分証明書として利用可能なもの

運転免許証、健康保険証、パスポート、
外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)

※18歳未満のお客様からのお買取りはご遠慮させて頂いております。


埼玉県エリア
店舗名
ツールオフ川越店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
0120-590-220
住所
〒350-0001
埼玉県川越市大字古谷上3819-8
駐車場
有 14台
ツールオフ川越店|埼玉県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ草加店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
048-915-7821
住所
〒340-0044
埼玉県草加市花栗3-20-45
駐車場
ツールオフ草加店|埼玉県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ所沢・入間店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
04-2936-7304
住所
〒358-0014
埼玉県入間市宮寺2723-15
駐車場
ツールオフ所沢・入間店|埼玉県の詳細はこちら>>>
東京都エリア
店舗名
ツールオフ八王子店
営業時間
10:30~20:00
電話番号
0120-540-385
住所
〒192-0012
東京都八王子市左入町371-1
駐車場
有 4台
ツールオフ八王子店|東京都の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ西東京店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-453
住所
〒202-0022
東京都西東京市柳沢5-15-33
駐車場
ツールオフ西東京店|東京都の詳細はこちら>>>
神奈川県エリア
店舗名
ツールオフ川崎店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-521
住所
〒212-0005
神奈川県川崎市幸区戸手2-2-1
エミネンス御幸101
駐車場
ツールオフ川崎店|神奈川県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ横浜店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
045-530-5095
住所
〒227-0044
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野1-10
駐車場
ツールオフ横浜店|神奈川県の詳細はこちら>>>
群馬県エリア
店舗名
ツールオフ高崎店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-248
住所
〒370-0854
群馬県高崎市下之城町179-4
駐車場
有 9台
ツールオフ高崎店|群馬県の詳細はこちら>>>

▼近くに店舗がない方はコチラ

  • 出張買取
  • 宅配買取

高価買取に自信があります! お客様の”驚き”の声!

40代男性
まとめ売りが便利でした!
遺品整理の過程でサンダをまとめ売りしました。大量で嵩張ったため出張買取に応じてくれる買取店を探し、行き着いたのが工具を専門的に取り扱っているツールオフです。
連絡を入れてからあっという間に自宅まで駆け付けて下さり、一点一点に時間をかけて査定して下さったことがとても印象に残っています。買い取り金額の総額も満足できるものでしたし、不満が一切ありません。素晴らしい取引を行うことが出来て嬉しく思っています。
50代男性
きっちり査定してもらえた!
今はもう使わなくなったサンダが物置から見つかり、処分しようとしていたところ息子からツールオフのことを教えられ、初めての経験で戸惑いながらも申し込みを進めてみました。
簡単な説明と入力だけで買取に向けた準備を進められ、数千円で購入した一台のダンダに対してもきっちりと査定して貰えて、完全に動作する品という事情が後押しして思わぬ臨時収入に繋がりました。大変便利なサービスを利用で着て感激しています。
30代男性
こんなに便利だと思いませんでした!
今まで職人として働いて来ましたが、転職で畑違いの業種に移るため工具の処分を開始し、手始めにサンダをインターネットの口コミで評判の良いツールオフに出すことを決めました。
不用品は今までネットオークションで売買していましたが、ツールオフを使えば自分で梱包をする手間も、発送をする手間もかからず、あっという間に現金化できて本当に楽です。正直に言えばこんなに便利なサービスだとは思いませんでした。

電動サンダーについて

木工作業を行う場合には切断に使用する工具や木材同士を打ち付け固定する工具なども必要ですが、表面などを研磨し滑らかにする工具も重要となります。その際に使用するのがサンダーという電動工具で、使用することにより表面の研磨だけでなく仕上げなどにも使用することが出来ます。

サンダーは木工作業以外にも使用可能な電動工具であり、使い方によっては幅広い作業で活躍することが出来る工具です。基本的な構造としては本体が振動することで研磨を行える構造となっており、本体下部に紙やすりなどを装着して研磨作業を行います。 種類としては家庭用とプロ用の2種類がラインナップされており、家庭用は構造も簡易的で誰でも使いやすいものとなっています。プロ用は速度調整機能などが備わっており、研磨の際に発生するチリやホコリ、木くずなどを集塵する機能が備わっているものもあります。

使用する際には振動部分を研磨したいものに押し当て、スイッチを入れることで広範囲の研磨や磨き作業を行うことが出来ます。研磨するための紙やすりはマジックテープ式やクランプ式があり、クランプ式は挟み込む形で使用する為専用のペーパー以外でも使用可能となります。マジックテープ式は専用のヤスリを使用する為金額が高いですが、ワンタッチで装着・取り外しが出来るので利便性が高いのが特徴となります。 使用する際にはヤスリ面を人に向けたりしないことと、スイッチを入れっぱなしにしないことでケガやトラブルを回避できます。

電動サンダーの選び方

電動サンダーを選ぶ場合、何に使用するのか何処で使用するのかで種類を選び分ける必要があります。家庭で使用する場合にはそれほど使用頻度も高くないでしょうし、高機能が備わっていなくても特に問題はないので家庭用の安価なモデルをチョイスするとよいでしょう。仕事や現場で使用する場合、長時間の利用が考えられますし、使用する場所も違えば材質も異なりますし、場合によっては研磨をゆっくりと行う必要や、一気に研磨してしまわなければいけないケースもあります。その為使用頻度が高い場合や柔軟な対応が必要になる場合はプロ用をチョイスするほうが良いでしょう。

木くずが出やすい作業においては集塵機能付きのものが重宝しますので、出来るだけ集塵機能の高いものを選ぶと作業効率がアップします。メーカーごとの大きな違いはありませんが、形状が違うので自分で使いやすいものを選ぶほうが使用する際には便利ですし、大きいものほど一度に作業できる範囲が広くなりますが、その分本体の大きさも重量も増えるため、作業する場所に応じて数種類のサンダーを用意しておくほうが便利です。 頻繁に紙ヤスリを変える必要がある場合はマジックテープ式が素早く交換できるので便利ですが、費用対効果を重視するのであればクランプ式を購入するほうが良いでしょう。

サンダーのメンテナンス方法について

サンダーを使用する場合、日々のメンテナンスをしっかりと行うことでトラブルなく使用し続けることが出来ます。メンテナンスで重要なのは本体を常に清潔に保つと言うことが重要で、サンダーの場合その性質上どうしても木くずなどが付きやすくなります。それをそのままにして使用していると可動部分に木くずが入り込み正常な動作をしなくなることも有りますので、使用した後には木くずなどのごみを綺麗に取り除く必要があります。

サンダーの底面には紙ヤスリを装着するパッドが付いており、その部分がすり減ってくると紙ヤスリを取り換えても均一な研磨が出来なくなってしまいます。その為パッド部分に問題が無いか、すり減って変形していないかを確認し、異常があれば速やかにパッドを交換することも研磨作業に支障をきたさないためには必要なメンテナンスとなります。どの種類の場合もパッド面の定期的な交換は必要ですので確認を怠らないようにしましょう。

マジック式のサンダーの場合、マジック部分が劣化することも有りますし、クランプ式の場合は留め具の破損や劣化も考えられるので、その部分の点検も重要となります。それとフィルター付の機種の場合は、フィルターの清掃も行わないと本体に負荷がかかり故障の原因になるので注意しましょう。

超解説!正しい電動工具の使い方~サンダー編~

電動サンダーとは
サンドペーパー(ヤスリ)を底部に装着し、電動で細かく振動させることにより、木材や金属の表面を研磨する電動工具のことです。 加工前の木材の表面はとても荒れていて、ささくれなどもあります。仕上がりを美しくしたり、表面を塗装するためには、サンダーによる研磨作業が大切になってきます。特に面積が広い場合には、手動で研磨していくよりはるかに効率的です。電動サンダーはモーターの力を利用するので、また均等に研磨できることもメリットなので、あまり作業に慣れていない日曜大工が趣味の人なども、ぜひ揃えて置きたい電動工具の一つです。

大きく4つに分類されます。
「オービタルサンダー」(市販の四角いサンドペーパーを取り付けられる。円運動で研磨)
「ランダムサンダー」(円形の専用ペーパーを取り付け、円運動で研磨)
「デルタサンダー」(先端がとがっているので細かい部分での研磨に向く)
「ベルトサンダー」(研磨ベルトを取り付け回転させる。プロ向きで強力)
目的に合ったサンダーを選びましょう。初めての人にはオービタルサンダーがお勧めです。

電動サンダーを使うときの基本的な手順

1.まずサンドペーパーを固定する。
サンダーの種類によってマジックテープで取り付けたり、クランプ方式で両端をはさんで固定したり、ベルト方式で巻いたりする場合があります。やり方はそれぞれですが大切なのは「たわみやしわを作らない」ことに尽きます。 しわなどがついた状態で研磨を始めると一部に研磨が集中してしまい仕上がりの見た目も平たんでなく崩れてしまいます。また集塵機など付属のものも先に取り付けておきます。

2.まずスイッチを入れて振動を開始させてから、対象にサンダーを当てる
この手順が逆にならないよう注意してください。先に対象に触れた状態でスイッチを入れるとうまく動かないことや初期の振動で予期せぬ動きをしてしまう場合があります。

3.ゆっくりと対象にサンダーを押し当てて研磨していく
強く押し当てすぎるとそれが振動に対する抵抗になってしまい、抵抗力で振動を止められてしまう形で故障に結びついてしまいます。最初は軽く当てるのみでどの程度研磨できるか確認し、その後必要ならゆっくりと押し当てる力を増やしていくのがいいです。

電動サンダーを使うときの注意点とは

サンドペーパーの消耗にはまめに目配りしよう。
当然ですが研磨していくとサンドペーパーの側も削れていくので、平たんになっていき、最後には破れてしまいます。もし気づかず作業しているうちにペーパーが消耗してきて、破れなどができるとそこから破れが広がり、均一な研磨ができなくなります。どのくらい消耗していくのかはまめに目配りし、早めにサンドペーパーの交換はしましょう。