この度の、熊本県・大分県を震源とする熊本地震の被災者の皆様、またそのご家族の皆様へ謹んでお見舞い申し上げます。

電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店TOP >  店舗一覧 >  ツールオフ大田店

大田川崎店へ
電動工具のおまとめ査定で、さらに高額買取のチャンス

大田の電動工具買取

東京都内の国道1号線沿い。オレンジ色の大きな看板が目印です。

東京で電動工具の買取なら、電動工具専門のツールオフ大田・川崎店にお任せ下さい。古くて動かないもの、 型落ちしたもの...なんでも買取り致します!電動工具歴40年の熟練整備士がしっかりと大切な電動工具の査定しますので ご納得いただける買取金額をご提示させて頂きます。電動工具を高く売るなら是非、ツールオフ東京・大田川崎店をご利用下さい。

大きな地図

店舗詳細情報とは

太田アクセス

選べる4つの電動工具買取方法

  • LINE査定
  • 店頭
  • 出張
  • 宅配

お客様のご利用しやすい方法を選べます!

電動工具買取専門
ツールオフ東京・大田・川崎店へお越し下さい!

東京都の交通の要所である国道2号線と環状八号線の交差点付近!国道2号線沿いなのでアクセス抜群! 「工具・買取」と書かれたオレンジ色の大きな看板が目印です!

大田・川崎店は駐車場スペースもございますので、大型車でのご来店でも大丈夫です! 査定は無料ですので「電動工具の買取価格を知りたい」というだけでも、 安心してご利用くださいませ。 東京都内から多くのお客様にご愛顧いただいております。また大田・川崎店の特徴は都内、川崎市だけではなく東京都周辺や神奈川県内に出張対応可能な点です。勿論、東京や神奈川県以外の方でも対応可能ですのでお気軽に御問合せ下さい。多くのお客様から「品揃えが充実している」というお言葉を頂きますので是非購入目的のお客様もご来店をお待ちしております。

お客様の電動こうぐは大田区出身で電動こうぐ歴40年のベテラン整備士がしっかりと買取させて頂きます。 大田・川崎店では1円でも電動こうぐの高額買取をできる体制でお待ちしております。 ぜひ、電動こうぐ専門店ツールオフ大田・川崎店にお気軽にご来店ください。電動工具以外でも勿論OK。買取価格を知りたいだけでも勿論OKです!


東京都について

日本の首都であり、人口の流入が激しいので建築需要が高く、建設重機や電動工具を使用する工事がとても多いです。 鉄筋による耐震強度の高い物件の建造や、コンクリートによる舗装が日々行われています。最近では東京オリンピックも 2020年に決定し建設ラッシュが続き、工事現場で多くの電動工具が活躍しています。また、円安による影響で外国人旅行者 が増え、ホテルの建設も進んでいます。電動工具の市場はまだまだ拡大してゆく見込みです。また、各電動工具メーカーの 本社も多く、電動工具専門の卸やショップ、電動工具の新商品発表なども東京で頻繁に開催されています。

元々東京都は首都ではなく、1868年頃に首都機能が移動し、日本の象徴的な街として知られるようになりました。 戦後に首都建設法という法律を立てて、いち早く復興を目指していました。 その後法律が変更されて、首都圏全体を開発 るような形になりました。これによっていち早く土木建材が導入され、 多くの建設機械によって急速に開発が進みました。 徐々にショベルカーやダンプといった移動型の建築機械が導入され、 開発するペースは更に加速してゆきました。 様々な建築方法を採用したことにより電動工具も日々進化してゆき、従来よりも軽い電動工具や細かい作業を行える電動工具が 開発されています。工具のニーズが高いエリアでしたので、ツールオフがエリア初となる工具専門の買取&販売店を出店し、 多くの職人の皆様にご愛顧頂いております。


横浜市について

横浜市は、関東地方南部、神奈川県の東部に位置する都市で、国際港湾都市として名を馳せています。沿岸部には京浜工業 地帯が広がり、埋立地を中心とした地域には、鉄鋼業や化学工業等の大規模工場や火力発電所が多く立ち並んでいます。 日本の音風景100選に【横浜港新年を迎える船の汽笛】が選ばれている他、みなとみらい21や横浜中華街等、 多くの観光スポットが存在する日本有数の観光地です。

農産物では、キャベツ・ほうれん草・小松菜等を始め、「横浜ブランド農産物」の生産が意欲的に行われており、 中には港北区綱島の桃「日月桃」や保土ケ谷区の「保土ヶ谷芋」等、全国に知られた野菜産地も市内に存在しています。

また、指定特定重要港湾(スーパー中枢港湾)に指定されている横浜港(美称:金港)は、鉄鋼・機械類・油脂の輸入と 機械類・金属製品・鉄鋼の輸出を主とする工業港となっています。現在では、本牧埠頭、大黒埠頭、南本牧埠頭の三つの 複合型コンテナ埠頭群が整備され、コンテナ貨物取扱や倉庫物流における日本経済の重要な拠点です。 関税法施行令上の開港で国際貿易港(五大港)、日本三大貿易港等に含まれている程の日本屈指の大型港湾です。


川崎市について

川崎市は神奈川県の第二の政令指定都市になります。東京へのアクセスも良いので、神奈川県で二番目に人口が多く、 いまだ増加傾向にあります。 また川崎市自体も多くの企業を抱えており、四大工業地帯の一つである京浜工業地帯を 形成する地域の一つとしても有名です。川崎市に工場を設置している大企業も多く、富士通や日立製作所、 さらには食品大手の味の素などの工場があります。その他大小さまざまな工場があり、非常に活気のある市です。

そんな川崎市ですが、あらゆる産業に挑戦し、紆余曲折を経て工業地帯として発展を遂げました。 明治40年に初めて横浜製糖の工場が出来ると、それを皮切りに次々と大規模な工場が立ち並ぶようになります。そして、 これらの工場とともに大正期や戦時の混乱を乗り切り、現在の川崎市を形作っていくのです。 増加していく住民、活気が ある大小さまざまな工場、多くの人々を楽しませる娯楽施設など様々な表情を見せながら、川崎市は今後も発展していく でしょう。そんな川崎市の発展の一角を担う職人の方々を工具買取店としてサポートしていきたいと思います。

東京・大田店買取強化ランキング

  1. 電材(VVFケーブル)・電設資材

    大田店の1位は電動工具ではなくVVFケーブル(Vinyl insulated Vinyl sheathed Flat type cableの頭文字を取った略称)です。電動工具との違いは未使用の状態でお持ち込みしかお買取りすることができない点です。この点については大田店ではなく全店共通とさせていただいております。 VVFケーブルはそのケーブルの外側を新たにビニールで覆ったタイプのケーブルであり、屋内配線で非常に多用されているケーブルの一つです。 このケーブル自体、ビニールで覆っただけであるため、その構造は極めて単純であり、コストも低いのが利点です。 およそ15Aまでの照明やコンセントへの電源供給用のケーブルとして使用されており、 もはやVVFケーブルは建築用に無くてはならないものになっているといえるでしょう。 基本的にVVFケーブルは平形タイプのものが一般的ですが、なかには丸形タイプのものも存在しており、これは通称「VVRケーブル」と呼ばれています。 ただし、VVFケーブルと違ってコストが高い事から使用率は高く無いとされています。 また、VVFケーブルの場合ですと、工事関係者などでなくとも、一般人がホームセンター等で安価に購入する事が出来、 手軽に設置する事も出来ます。基本的にカラーは灰色が一般的ですが、 保安用であったり、非常用である場合は、黄色、赤色になる事もあり、改修工事などでも付け間違いを防ぐために色分けする場合もあります。

  2. 住宅設備品

    住宅設備品の中でも、混合栓と呼ばれるものはかなり使われています。 混合栓といっても2つの種類があり、1つはハンドルを利用しているタイプ、もう1つはレバーを利用しているものがあります。 ハンドルタイプは、複数のハンドルを搭載しているものが多く、住宅設備品としては定番となっています。 一方でレバー式となっているものは、レバーの方向を変える事によって、効果を帰ることができます。 こうした混合栓は、お湯を出すことができる機能がしっかり付けられているところにメリットを持っています。 住宅設備品として利用されているものは、お湯などをしっかり出せるようにして、生活にいい影響を与えてくれることが大事です。 それを行ってくれるのがこの混合栓であり、ハンドルのどちらかをお湯の出るようなものにしたり、 レバーを変更することで変えられるようにしたりと簡単にできます。 住宅設備品の中には、このように機能を複数持っているものも沢山あります。 ウォッシュレットだってその1つであり、1つのもので複数の機能を持っていて、住宅設備品として多く利用されています。 これらが無ければ生活ができないほど、現在の住宅というのはかなり高度なものになっているので、大事な素材でもあります。

  3. インパクトドライバ(電動工具)

    インパクトドライバとは電動ドライバーと形は似ていますが、機能面で大きく異なり、 回転数とトルクが大きいのがインパクトドライバの特徴です。 平均120Nのトルクがあり、単にネジなどを回すだけのこうぐではなく、 先についているビットを交換すれば、ドリルやタップ立てとしても使えます。 また、タイヤレンチの代わりとしても簡単に使うことができて便利です。 一般的に電動ドライバーとインパクトドライバのバッテリーは違います。 電動ドライバーは日曜大工的なものなので、安価なものはコード式であったりしますが、 通常ニッケルカドミウム電池やニッケル水素電池が使われており、容量の小さいものです。 インパクトドライバではトルクの違いによって、大容量のバッテリーが必要になってきます。 そこで主に使われているバッテリーとして3Ah程度のリチウムイオン電池が使われています。 先に付けるビットの形状は六角形のものに限定されているので、 一度装着すれば間違っても抜けることがないのものインパクトドライバの特徴です。 最初に見たときは戸惑うかもしれませんが、各種ビットが販売されているので、揃えていくと用途と使い方が次第に増えていきます。 vドライバと名がついていますが、小さいのネジを使うときはトルクの大きさでネジの頭が飛ぶことがあるので注意が必要です。 主に6mm以上のネジやボルトから23mmに適しているので使い分けも必要になります。

  4. コンプレッサー

    エアコンプレッサは、空気を利用して使うこうぐに対して、空気を送り込む役割を持っています。 これに接続してこうぐを利用することが一般的で、強いエアーを送り込むことが可能となり、こうぐの利用を行えるようになっています。 色々なこうぐを購入する際には、どうしてもエアコンプレッサが必要となり、持っていないと様々なこうぐを動かせない問題に直面します。 この機械を利用するときは、エアーをしっかり発生させるための準備が大事です。 満タンにならない状態でエアコンプレッサを動かそうとすると、全く動かないままになったり、すぐにエアー不足になって動かせなくなります。 満タンにしてから動かすことが重要になっているので、メーター部分をしっかり確認して、指定されている数字まで行ってから使うようにしてください。 これなら当面の間は、エアー切れが起こりません。 エアコンプレッサについては、こうぐ以外にもタイヤ交換のために利用したり、スプレーの塗装を行う際にも利用されています。 幅広い用途で使うことができるので、持っていると私生活でも活躍してくれる道具になります。 コンセントに接続しないと使えませんので、発電機や家庭用の延長コードで電力を確保しないと、エアコンプレッサは動かない点に気をつけてください。

  5. インバータ発電機

    「インバータ」とは、「電流の直流を交流に変換する装置」の事で、インバータ発電機は この「電流を直流を交流に変換する性質」を採用した発電機の事を指します。 インバータ発電機は三相からなる交流電源を直流に変換するコンバータ部分と 、コンバータ部分で変換された直流を再度交流に変換してくれるインバータ部分を併せ持つのが最大の特徴です。 交流電源を直流に変換するコンバータ部分と直流を交流に変換するインバータ部分の 2つの部分を併せ持つインバータ発電機は従来のコンデンサー補償タイプの発電機と比べて小型で軽量な発電機が多く、 取り回しがしやすいというメリットがある他、「エコノミーコントロール」と呼ばれる負荷に合わせてエンジンの出力を制御出来る機能により、 低負荷の時にはエンジンの回転数を低く自動調整し、燃費が従来のコンデンサー補償タイプの発電機よりも抑えられるというメリットや、 エンジンの回転数が低くなる事で騒音も少ない点がメリットとして挙げられます。 コンバータ部分とインバータ部分の機能を併せ持つインバータ発電機は商用電源と同等レベルの使用も可能であり、 インバータ発電機をパソコンなどの大型の端末の電源として問題無く使用する事が出来るのも特徴の一つです。

  6. プレートコンパクター・ランマ
  7. エア工具・釘打ち機・フロアタッカ・ピンネイラ
  8. エンジンチェンソー・電気チェーンソー
  9. 高圧洗浄機
  10. 油圧・圧着工具

高く売るための4つのポイント

  1. 箱&付属品の持込み

    電動工具の取扱説明書・付属品を揃えて査定される事をお勧めします。
    消耗品(替え刃等)がある場合、同時にお持ち頂くと買取金額アップに繋がり易くなります。
    ぜひ、ご一緒にお持ちくださいませ。

  2. 未使用品・新品は更に高額買取

    開封済みの電動こうぐと未開封の電動工具とでは、買取金額が異なるケースが多くあります。 もし、未使用状態の電動工具がございましたら、開封せずにそのまま買取依頼されることをお勧めいたします。 たった一度の開封しただけで中古品として扱われて販売されることになりますのでその分査定額もダウンしてう傾向にあります。

  3. 「おまとめ査定」で買取額アップ

    一括して複数の商品をお買取りさせて頂くことで更に高額買取させて頂きます。 複数商品を個別に分けて査定に出されるよりも手間が省けると同時に 販売の物量を確保することにより販売しやすくなる為です。 ハンマドリル、発電機、墨出し器、インパクト、コンプレッサー、ランマ、電材などジャンルが異なる商品も 「おまとめ査定」をお勧めします。勿論、電動工具以外の商品でも買取可能です。

  4. 査定前に電動工具の清掃・掃除

    箱や本体を拭くだけでも第一印象が大きく変わり、高額買取に結び付きやすくなります。 何も手入れせずに店頭に並べられる商品は人手がかからなくなりますので、その分高額買取させて頂きます! 埃や簡単に取れる汚れや、可能な限りキレイにされることをお勧めいたします。

選べる4つの電動工具買取方法

  • LINE査定
  • 店頭
  • 出張
  • 宅配

お客様のご利用しやすい方法を選べます!

大田・川崎店へぜひお越し下さい

電動工具買取・販売専門「ツールオフ(TOOL OFF)」東京|大田・川崎店!既に多くのお客様にご来店頂き、 数多くの電動こうぐを査定させて頂いております。 環状八号線と国道2号線の交差点付近なのでアクセス抜群!東京都と神奈川県を結ぶ国道2号線沿いなのでアクセス最高です! 「電動こうぐがいくらになるか知りたい」というだけでも査定は無料ですので安心してご利用くださいませ。 電動こうぐの高い知識と経験を持ったスタッフが大田・川崎店にはいるので高価買取を実現しており、大切に使われていた電動工具を 1円でも高く売れるルートを開拓できる日々、精進しております。

国道2号線で目黒区・川崎市からも近く北は 東京都品川区、西は東京都世田谷区、神奈川県川崎市、南は横浜市など 東京都や神奈川県内の幅広いエリアからご来店いただいております。

電動こうぐ歴40年のベテランの整備士により1円でも電動こうぐの高額買取をできる体制でお待ちしております! お気軽にお越しくださいませ。東京・大田・川崎店での電動こうぐ買取なら「ツールオフ(TOOL OFF)」大田・川崎店へ!

ツールオフでは、お持ちの電動こうぐや電材、トラクター、耕運機、コンバイン、田植機、乾燥機、籾摺り機などの農機具、 ホイスト、ウィンチ、チェーン、レバーブロック、プレート、ランマなどの土木建設機械、フォークリフト、ショベルカー、 バックホウ、ユンボなどの重機などのお買取りには出張買取サービスを行っております。 もちろん直接店舗にお持ち頂き店頭査定させて頂くことも可能です。 電動こうぐの処分にはお金がかかってしまいますので、 ご自宅に眠っている電動こうぐ、農機具、土木建設機械、重機などがありましたら、ツールオフへご連絡下さい。 出張査定、店頭査定致します。勿論、伝こうぐ以外の商品もお売りいただけます!

また、上記以外にも電動こうぐの写メール査定、無料LINE査定も実施しております。 「お時間のないお忙しい方」や「自分の電動こうぐがいくらになるか気になった」というお客様に 「手間なく簡単に査定できる」ということで多くご利用頂いております。 また、東京都は建築ラッシュが進んでおりますので電動こうぐの幅広いニーズがあり、 そのニーズは年々増加し電動こうぐのお買取りも増加しております。

東京都の概要について

日本の首都であり、現在でもコンクリートによる舗装、そして鉄筋による耐震強度の高い物件が作られ続けています。人口の流入が激しいので建築需要も多く建設重機や電動こうぐを使用する工事が多く、電動こうぐを使用する職人の方たちも多く勤務しています。最近では東京オリンピックも2020年に決定し、建設ラッシュが続いており、ビル工事などで多くの電動こうぐが活躍しています。また、円安による影響で外国人旅行者が増えホテルの建設も進んでおります。電動こうぐの市場はまだまだ増える見込みです。また、各電動こうぐメーカーの本社も多く、電動こうぐ専門の卸やショップ、電動こうぐの新商品発表なども東京で頻繁に開催されています。 元々東京都は首都ではなく、様々な部分に移動してきた首都としての機能が、1868年ごろになり移動してきたとされています。 その上で東京市と合併したことによって首都となり、日本の象徴的な街として知られるようになりました。

戦後は大きくダメージを受けていたところであり、首都建設法という法律を立てて、いち早く復興を目指していました。 その後法律が変更されて、首都圏全体を開発するような形になりました。これによっていち早く土木建材が導入され、 多くの建設機械によって、色々な場所が作られるようになります。徐々にショベルカーやダンプといった移動型の建築機械が導入されて、 開発するペースは進むことになります。多くの地方に先駆けて、様々な建築方法を採用したこともあります。それに伴い電動こうぐも日々進化しており、従来よりも軽い電動こうぐや細かい作業を行える電動工具が開発されています。工具のニーズが高いエリアでしたのでこの度、ツールオフがエリア初の買取専門店として買取&販売をさせて頂いております。

現在では東日本大震災の影響もあり、より耐震強度の高い街にして、安心できる東京都を作り出すことを考えています。 鉄筋を利用して、少しでも地震に耐えられるようにする場所、そして橋などの点検も行いつつ、安心して生活できる中心都市としての発展も行っています。そうした動きの中で手動工具ではなく電動工具のニーズが増しています。まさに電動工具なくして東京の建設ラッシュは成り立たないのです。

大田区の概要について

大田区は「モノづくりの町」とも呼ばれるように、小さな町工場が集まった産業の町です。その工場数は実に4千を超え、これは東京都でも一番の多さです。大田区は都内有数の居住エリアとしての人気を誇っていますが、その他方で、工業の町としての顔も持ち合わせているのです。

大田区に町工場が増えはじめたのは、およそ50年ほど前に始まる高度経済成長の時代です。大田区は多摩川を挟んで川崎市と隣接しますが、その川崎市を中心とする京浜工業地帯の一角として、大田区には大企業の下請けをこなす町工場が数多く開かれることになったのです。日本の急速な工業発展を牽引してきたのは京浜工業地帯をはじめとする四大工業地帯でしたが、その縁の下の力持ちとして日本の技術力を底上げしてきたのが、大田区の町工場に勤める職人たちでありました。

そのため、大田区は工具との関わりが深い土地でもあります。大田区の職人たちによる精密な金属加工は世界中で評価されていますが、彼らの手足となって、その仕事ぶりを支えてきたのが工具にほかならないからです。職人とは道具にこだわるものです。それは大田区の町工場の職人たちも同じであって、東京の工具店は彼らの高い要求に応えながら成長してきました。そして、今後も大田区がモノづくりの町であり続けられるよう、工具店として精一杯サポートしていきたいと思っています。

川崎市の概要について

川崎市について

川崎市は神奈川県の第二の政令指定都市になります。人口も二番目に多く、東京へのアクセスも良いことから人口も増加傾向にあります。 ただし、川崎市自体も多くの企業を抱えており、関東有数の工業地帯としても有名です。こちらに工場を設置している大企業も多く、富士通や日立製作所、さらには食品大手の味の素などの工場があります。その他大小さまざまな工場があり、非常に活気のある市であると言えるでしょう。


川崎市の歴史

そんな川崎市ですが、当初から工業地帯として発展したわけではありません。江戸時代は多摩川に隣接しているという利点を生かし、二ヶ領用水によって各地に這わされた水路によって稲作が盛んに行われていました。

また東海道の宿場町としても栄えましたが、転換期が明治5年に訪れます。それは東京ー横浜間の鉄道の開通です。 それまでは中継地点として川崎宿を利用していた人たちが、一足飛びに東京と横浜を行き来するようになったのです。

その後、紆余曲折を経て辿り着いたのが工業地帯として生きていく道です。明治40年に初めて横浜製糖の工場が出来ると、それを皮切りに次々と大規模な工場が立ち並ぶようになります。そしてこれらの工場とともに大正期や戦時の混乱を乗り切り、現在の川崎市を形作っていくのです。 現在では工業地帯としての顔もありつつ、旧来から存在する川崎大師や娯楽設備の川崎競馬場など、その市名を冠したものが数多くあります。 増加していく住民、活気ある工場群、そして多くの人を楽しませる観光施設など様々な表情を見せながら、今後も川崎市は発展していくことでしょう。