ご相談・ご質問何でもお問い合わせください 0120-590-220

受付時間 10:00〜19:00年中無休(年末年始を除く)

工具
コラム
ページ
竹田の部屋

ツールオフの熟練スタッフよる工具のコラム!便利な情報をたっぷり配信中!!!

三菱電機のエアコンの特徴と歴史

投稿日:2022年6月20日

本日の
スタッフ

電機における三菱の歴史と伝統とは

 

電機メーカーとしての三菱の歴史

 

会社名に「三菱」という名前が付くとともかく伝統・歴史がある…というイメージが湧きますよね!
確かに数あるエアコンメーカーの中でも、株式会社としての三菱は群を抜いて長い歴史を持ち、創業は明治初頭の1873年と150年もの歴史を持つことになります。
三菱「電気」としてのスタートもかなり古く、この名前で会社がスタート(設立)されたのは1921年ですから、それでも100年の歴史があることになります。

 

当時の三菱造船から独立する形でスタートした「三菱電機」ですが、財閥としての資金力もあり電気冷蔵庫など様々な電気製品の開発・販売においても戦前・戦後を通して存在感を発揮していきます。

 

現在ではエアコンや冷蔵庫などの家電はもちろんですが、エレベータや発電機、鉄道関係用品やパワー半導体など多くの産業用機器で国内トップシェアを誇っており、総合電機メーカーとしても国内2位の売り上げを誇るまでになっています!

 

三菱電機におけるエアコン発展の歴史

 

三菱電機が初めて本格的にエアコンを手掛けたのは1954年、初めてのルームエアコンを発売したことに始まると言われています。 その後1959年には初めての家庭用エアコンを販売するなど、かなり早期からエアコンに力を入れ、家庭への普及に貢献してきたのが同社です。

 

しかし当時のエアコンはアメリカ式の、室内機と室外機が一体型で大きくなっているものが大きくどうしても狭めの日本住宅に取り付けるには無理がありました。

 

そこで三菱電機では日本にマッチしたエアコンとして「セパレート型エアコン」を開発します。
これは現在のように室外機は外、室内機を部屋に取り付けする現在の方式の先駆けとなったもので、室内機については現在一般的になっている「壁掛け型」(「霧ヶ峰」)を初めとして「窓かけ型」、「床置き型」(「上高地」「志賀」)、「棚置き型」といった合計4つのタイプがありました。

 

そしてその代表シリーズとして1968年に発売されたのが壁掛け型の「霧ヶ峰」になります。
他の床置き型など3つが衰退し生産終了していく中、4タイプの中でこの壁掛け型タイプのエアコンが唯一残り、発展を続けている形になります。

 

その後形状の進化においても、三菱電機はエアコン業界の先端を行くことになります。
1975年には奥行きわずか17cmの薄型エアコンを登場させ、1979年には業界で最も薄い10.9cmのMS-1807Rを世に送り出します。
1993年には縦幅を抑えた現在に続くコンパクトエアコン「ダブルすっきりがみね」が登場し、現在でもよく見かけるコンパクトエアコンのスタンダードな形となります。

 

機能面においても1978年には室内温度表示(グリーンサイン)をしてくれるタイプ、1986年にはセンサー技術を駆使した体感温度制御を持つタイプを発売。
センサー機能も1994年には体感センサー(人の有無)、2000年にはふく射センサー、2005年にはムーブアイによる可動式床温度センサーで部屋の状態を全体的に感知して対応できるようになっていきます。

 

21世紀にはいると省エネや、より自然な空調を求める志向が高まり、三菱電機でも2008年に「省エネお知らせサイン」を搭載しチェックできるようになりました。
2012年式ではさらにハイブリッド運転システムが搭載され、室温次第で省エネをコントロールすることができるようになるなど、年々きめ細かい機能が搭載されてきています。

 

三菱電機のエアコンは誕生して60年前後経過しますが、変わることなくエアコン業界で「何が求められているか」ということと向き合い常に先端を走り続けていると言えます。

 

三菱電機製エアコンの特徴・強みとは

 

三菱製エアコンの特色

 

三菱電機は総合電機メーカーとして知られていますがエアコンでも60年以上の歴史があるので、かなりの老舗と言えます。
三菱製は耐久力や冷暖房の性能など、完成度が高いので口コミでも全体的に評価が高いのですが、あえて同社エアコンの特色を他社比較で分析していくと「センサー機能に優れ、きめ細かく対応してくれる」ことにあると言えるのではないでしょうか。

 

同社のセンサーである「ムーブアイ」は最も優れたエアコンセンサーと言われていて、壁や体などの細かい表面温度を0.1度単位まで検出することが可能で、これを運転に生かしているという訳です。

これは、同じ部屋にいる別々の人に個別の空調を提供するというような「快適さの向上」につながるのと同時に、余計なエネルギーを使わない「省エネ」に大きく貢献することが可能です。

 

また機能そのものではないのですが同社のエアコンはアプリ経由でスマホをリモコン代わりにして操作することもできます。
これにより外出先からも予約や操作ができるなど、多忙で外出がちなご家庭にも喜ばれています!

 

三菱製エアコンの集大成、霧ヶ峰シリーズ

同社の高いセンサー機能やAIなどを生かした代表的な同社のシリーズがです。
省エネ大賞や節電大賞を何度も受賞したこともあり三菱電機を代表するロングセラーシリーズといえます!
シリーズ共通の機能としては上記の優れたセンサーが体感温度を感知し、自動的に快適な室温をキープするところです。

 

代表的な機能の一つとしてある「みまもり機能」は、エアコンを使用していなくても所在者の体感温度を感知しみまもり、一定の環境になると自動で起動してくれるので、小さな子供や熱中症に気づきにくい高齢者の方がいる場合でも安心できます。

 

またセンサーの進化により現在では赤外線で360度の情報を読み取り、最新の機種ではAIで自動運転する「ムーブアイmirA.I.+」を搭載し、現在だけではなく少し未来の状態まで予測しながら運転を調整してくれるものもあります。

 

また細かいニーズに合わせた派生シリーズも展開しており、

〇空間に合わせた気流調整ができるZシリーズ
〇空気を無駄なく再利用し、電気代も抑えられるRシリーズ
〇床温度を検知して運転を切り替えられるハイブリッド運転のGEシリーズ
などがあります。

 

他にも細かい派生型を持った同シリーズはきめ細かい運転をしてくれることで人気です。
省エネときめ細かい運転を重視する方であれば、三菱電機のエアコンは有力な選択肢になること間違いありません!