トラクターの
買取価格自信あり

トラクター買取価格の比較


ツールオフ
¥1,560,000
A社
¥1,200,000
B社
¥1,400,000

品薄の商品や未使用品でもコンディションの良い商品は更に高額で買取できます!
例)クボタ SL24F

トラクターは電動工具の中でも専門性が高く、中古の人気が高い工具です。
だからこそ買取業者によって価格に大きな差が生まれやすくなります。希少価値が高い限定商品だけではなく、定番商品や最新作に至るまで、
業界トップクラスの実績を記録する「ツールオフ」なら、驚くほど高い買取金額をご提示することができます。売却の際は是非当店をご利用下さいませ。

トラクター買取で「ツールオフ」が選ばれる6つの理由

1どこよりも高額買取価格に自信あり

その①高く再販売するノウハウがある

  • 新古に近づけて再販。高く売れるから高く買取ができるベテラン整備士が自社で修理・整備

    お買取りさせて頂いた電動工具の約6割の工具は常にメンテナンスが必要な商品です。
    例え未使用品であっても動作確認が必要な工具もあります。次にご使用いただくお客様に販売させて頂く前には定期的なメンテナンスが必要になってきます。
    当社ではそのメンテナンスを社内で内製化しており、中にはこの道40年ベテランの整備士も在籍しております。
    通常では外部のメーカーや専門業者でなければ修理することができない電動工具も「ツールオフ」のベテラン整備士により修復・管理が可能です。その外注費用を抑えることが出来るためお客様への買取価格を高く提示させて頂くことが出来るのです。

  • 修理費や維持管理費を「ツールオフ」なら内製化で大幅削減!
    だから、他社よりも高額買取!

  • 独自の海外販売ルートあり!
    国内で売れない工具も売り先があるから高額買取!

    修理調整が自社で可能! 工具知識の豊富な鑑定士と整備士が多数在籍しているため、不具合がある場合でも高価買取実績が多数! 確実な診断力と修理コスト低下により、その分買取金額に還元いたします。

その②高額買取ができる理由

  • 高価買取・高い接客レベル
    だから、
    「お持ち込みいただける確率が高い」
    「リピート率が高い」
    「ご紹介率が高い」
    なので、
    「広告費を抑えて、買取額に上乗せ」

今すぐ査定または買取方法などを確認

2接客力も他店に負けません

ツールオフでは知識・経験豊富な査定員が買取額の理由を1点1点丁寧にご説明させて頂いております。
定期的に相場や接客の講習や工具の使用方法や知識、最新モデルなどの講習を行っており、
少しでも早く正確な査定をおこない、気持ちよく商談していただけるように取り組んでいます。

32点以上の持込で査定額UP

更に今なら! おまとめ査定
インパクトドライバー+
もう1点以上の買取で
買取価格 最大12%アップ!

例えば・・・

  • インパクトドライバー 30,000円
  • エアコンプレッサー 90,000円
  • 釘打ち機 50,000円
  • 発電機 70,000円

通常の単品での買取金額合計
=240,000円

おまとめ査定なら
=254,400円

4査定・出張など全て無料

5工具買取の業界No1店舗数

東京、大阪、埼玉、神奈川、千葉、群馬に16店舗。
店舗がないエリアも宅配、出張買取でどこでも東京価格で工具買取いたします。

6個人情報の徹底管理

本サイトは、全ページにSSLを導入し、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失またはき損等の予防や是正など個人情報の管理を徹底。

トラクター買取のよくあるご質問

事前に金額が知りたいです。

買取価格表はこちらでご覧になれます。
買取価格表に無い時や中古の時はLINE査定にてご確認頂けます。

大量の工具で持ち込みが出来ない時は?

大量買取大歓迎です。
過去には工場や金物屋等の店舗まるまるや4tトラック・貸し倉庫内全ての買取などの大量買取の実績が多数ございますので安心してお問合せ下さい。

メーカーによって買取金額に差はありますか?

メーカーによる買取金額の差はございます。メーカー、型式など人気によって多少変わってきます。
どのメーカーでも共通して、最新モデルから型落ちするほど買取相場が下落してゆきます。
しかし、ユーザーの多いマキタ、日立工機(HIKOKI)などは多少型落ちしても高額買取されます。

どのような電動工具が高く買い取ってもらえますか?

型式では最新モデルが最も高く、限定モデルも高値がつきやすくなります。
マキタ製の本体色では、基本カラーの青よりも人気のある黒やグリーン、希少なピンクの方が高いことも多いです。
仕様で言えば14.4Vモデルよりも18Vのモデルの方が全体的に高い傾向があり、付属バッテリー容量が多いセットの方が高くなります。
また、HIKOKIでは36Vのマルチバッテリーやマキタでは40Vのバッテリーが販売されており、安定した買取金額になります。

セットになってなくてもお買取りしてもらえますか?本体だけでも買い取ってもらえますか?

本体だけでもお買取り可能です!
充電タイプも本体のみのお買取りが可能です!!
特に充電器は必要以上に手元に残る事が多いと思いますので、ぜひお売り下さい。
その際、未使用の状態と1回でも使用してしまった場合とで金額に差ができてしまいますので、極力未使用のままお持ちください。

店頭買取可能な時間帯は何時ですか。

ツールオフの買取営業時間内(朝10時から夜7時)の間でご都合の良い時間をお選びいただけます。
店頭買取担当の予約状況によって、お預かりでの査定をご相談させて頂く場合がございます。

買取金の受け取り方法を知りたいです。

店頭買取・出張買取の場合は、即日その場で現金にてお渡しさせて頂いております。
買取金額が100万円をこえる場合は、銀行振込でのお渡しになる事もございますが、原則として現金でのお渡しとさせて頂いております。
すぐに現金がご入用という場合は、ぜひ店頭買取・出張買取をご利用下さい。

宅配買取の場合は、査定結果のご連絡後、即日銀行振込をさせて頂きます。
祝日や受付時間など金融機関の手続きの都合上、反映が遅れてしまう場合もございますので、何卒ご了承ください。

査定にはどれくらい時間がかかりますか。

店頭買取・出張買取の場合は、工具によって異なりますが、工具1点につき動作確認から査定まで2分程度が目安になります。10点の査定であれば20分程度で完了いたします。
査定点数が増える程、1点当たりの査定時間は短くなります。査定だけでも喜んでお調べいたしますので、ぜひおまとめ査定をご利用下さい。

宅配買取の場合は、最短で発送の翌日から、3営業日内にて査定結果のご連絡をさせて頂いております。
申込用紙にて査定結果のご連絡方法をご指定いただけます。

工具の数は何点から査定してもらえますか?

査定数の下限は、買取方法により異なります。
買取りの品とご都合にあわせて、ご都合のよい買取方法をお選びください。

【店頭買取の場合】
ハンドツールのようなものからフォークリフトのような重機まで、点数に関わらず1点ずつ丁寧に査定させて頂きます。

【宅配買取の場合】
ハンドツールのような小さい工具は原則3点からご利用いただけます。
工具の種類によっても異なりますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

【出張買取の場合】
原則として出張買取は工具10点からご利用可能ですが、出張予約状況次第では1点からでも喜んでお伺いさせて頂きます。
工具の種類によっても異なりますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

店頭買取の手順が知りたいです。

直接ツールオフ店舗へ工具をお持ち込み下さい。
スタッフへお声がけ頂ければその場ですぐ査定をさせて頂きます。
査定結果もその場でご提示致しますので、ご納得頂きましたら伝票にお名前等をご記入頂きます。
お買取り金額もその場で現金にてお渡しさせて頂きます。

トラクター買取に必要な書類

買取の際は本人確認書類のみお持ち下さい

身分証明書として利用可能なもの

運転免許証、健康保険証、パスポート、
外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)

※ 18歳未満の方からのお買取りは
ご遠慮させて頂いております。

トラクター買取をご利用されたお客様の声

  • 埼玉県在住
    4mのお客様
    クボタ GL321

    大型の工具や重機まで対応していて助かります!

    倉庫などでずっと現役だったのですが事業規模の縮小により手放すことになりました。
    時間数は1000時間程度とそれほどでもなく、また状態も良く汚れもそれほどなかったのでその辺を評価していただけるかなと思って査定を依頼したところ、調べていた相場以上の価格での引き取りが決まり助かりました。
    ツールオフさんには以前から工具関係でお世話になっていたのですがこうした大型重機でも対応していただけるとは思いませんでした。ありがとうございました。

  • 埼玉県在住
    4mのお客様
    イセキ TJ85C-FS1GQCY

    スタッフの方が自宅まで来てくれて簡単に売却できました!

    父が離農するので処分を任されました。 ほかの農業系工具の時の処分もツールオフさんに持ち込んでお世話になっていたのでお話をしたところ買取り可能ということで、ただ今回は運搬の都合もあり見に来ていただく運びになりました。
    父にも立ち会ってもらって値段をつけてもらったのですがとても信用のできる動作確認と、価格評価をしていただき満足しています。新しい持ち主の人が大切にしてくださることを祈るばかりです。

  • 埼玉県在住
    5mのお客様
    ヤンマー AF250

    中古品でも高く売れました!

    事実上離農してしまうことになりそうなので、トラクターも売りに出すことにしました。
    4WDの定番のもので買った時はそれなりの値段がしたのですが中古ですから、大きく価格が下がってしまうことは覚悟の上でした。
    しかし洗車や整備などある程度してから持ち込んだせいもあるのでしょうか、十分にそれらのものが撮れる満足のいく価格が付きました。ありがとうございました。

 

ツールオフ店舗一覧

お気軽に、店舗までお越しください!

東京都エリア

ツールオフ西東京店
ツールオフ西東京店
営業時間
電話番号0120-540-453
住所〒202-0022
東京都西東京市柳沢5-15-33
駐車場
お店の詳細を見る
ツールオフ八王子店
ツールオフ八王子店
営業時間
電話番号0120-540-385
住所〒192-0012
東京都八王子市左入町371-1
駐車場4台
お店の詳細を見る

埼玉県エリア

ツールオフ所沢・入間店
ツールオフ所沢・入間店
営業時間
電話番号0120-961-173
住所〒358-0014
埼玉県入間市宮寺2723-15
駐車場6台
お店の詳細を見る
ツールオフ鴻巣店
営業時間
電話番号0120-905-259
住所〒365-0075
埼玉県鴻巣市宮地5-1-13
駐車場10台
お店の詳細を見る
ツールオフ草加店
ツールオフ草加店
営業時間
電話番号0120-905-770
住所〒340-0044
埼玉県草加市花栗3-20-45
駐車場5台
お店の詳細を見る
ツールオフ川越店
ツールオフ川越店
営業時間
電話番号0120-590-220
住所〒350-0001
埼玉県川越市大字古谷上3819-8
駐車場14台
お店の詳細を見る

神奈川県エリア

ツールオフ厚木店
営業時間
電話番号0120-264-108
住所〒243-0016
神奈川県厚木市田村町11-18
駐車場5台
お店の詳細を見る
ツールオフ横浜店
ツールオフ横浜店
営業時間
電話番号0120-905-805
住所〒227-0044
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野1-10
駐車場8台
お店の詳細を見る
ツールオフ川崎店
営業時間
電話番号0120-540-521
住所〒212-0005
神奈川県川崎市幸区戸手2-2-1
駐車場5台
お店の詳細を見る

千葉県エリア

ツールオフ柏店
営業時間
電話番号0120-264-086
住所〒277-0872
千葉県柏市十余二248-4
駐車場21台
お店の詳細を見る
ツールオフ千葉店
営業時間
電話番号0120-963-485
住所〒263-0035
千葉県千葉市稲毛区稲毛町5-60-12
駐車場3台
お店の詳細を見る

群馬県エリア

ツールオフ高崎店
ツールオフ高崎店
営業時間
電話番号0120-540-248
住所〒370-0854
群馬県高崎市下之城町179-4
駐車場9台
お店の詳細を見る

大阪府エリア

ツールオフ茨木店
営業時間
電話番号0120-966-786
住所〒567-0865
大阪府茨木市横江2-4-40
駐車場10台
お店の詳細を見る
ツールオフ枚方店
営業時間
電話番号0120-987-263
住所〒573-0007
大阪府枚方市堂山2-32-10
駐車場9台
お店の詳細を見る
ツールオフ堺店
営業時間
電話番号0120-264-245
住所〒591-8024
大阪府堺市北区黒土町2357-1
駐車場5台
お店の詳細を見る
ツールオフ松原店
営業時間
電話番号0120-536-046
住所〒580-0045
大阪府松原市三宅西3-259-2
駐車場14台
お店の詳細を見る

トラクター買取について

トラクターは、乗用の耕うん機と定義されます。田んぼや畑を耕す為に用いられ、今ではその利用が当たり前となっていますが、その歴史は1892年にアメリカでジョン・フローリッチが現在のトラクターに繋がる第一号を発明したことで始まりました。このトラクターが登場するまでは手押しの耕うん機を利用したり、牛や馬にそれに似たものを引かせて田んぼなどを耕していました。乗用で運転通りに耕すことができるこれが登場したことで、農業は大きく変わった(とても楽になった)と言われています。1917年になると、自動車メーカーのフォードが開発したトラクターが登場しました。この当時よりエンジンを搭載し、乗用車の応用と言えるスタイルは現在でも変わっていません。ただし、より農業用に向いたエンジンやトランスミッションの開発などにより、現在使われているものは大きく進化しています。近年では自動運転で使用できるものも登場しており、設定したルート通りに自動で走ってくれる機能が搭載されたものと共に実用段階に入っています。乗用タイプと共に、有人での運転ができるものはナンバーの取得と小型特殊車両(普通免許でも大丈夫です)の運転免許が必要ですが、完全に自動で使えるものは私有の敷地内であればそれらは不要です。日本で有名なメーカーはクボタ、ヤンマーなどで、それぞれ最新の技術が詰まった色々なサイズの乗用タイプはもちろん、自動運転ができるものまで広いラインナップがあります。「ツールオフ」では様々なトラクターを、豊富な買取実績と相場のリサーチ力により、高額買取を実現しております。トラクターの買取なら「ツールオフ」へお任せください!

トラクターについて

トラクターは、それ自体で進まないようなものを牽引したり、あるいは動力を供給する装置となっています。農業用トラクターという意味でも使われることも多く、農業用の耕運機としてなどの用途で使用されるケースが多いです。耕起をはじめ各種農作業や、トレーラーを引くために使用されています。

耕運機としては小型の人力で押しながら使用する歩行型から、タイヤが付いている自走式、人が乗り込んで運転する乗用トラクターまで幅広く製造されています。日本国内においても、農業の大規模化に合わせ、トラクターも大型化している傾向にあります。 最近では100馬力強のトラクターも珍しくなく、北海道など広い土地があるため場所では、200馬力級のトラクターも導入されています。大型、高出力のトラクターの種類が増えてきている傾向がみられます。

使用時の注意点ですが、運転中に転倒しないよう傾斜や凹凸など路面に注意する必要があります。 特に小型の乗用トラクターの場合、傾斜のきつい場所や何かに乗り上げる事で転倒してしまう危険性があります。 転倒時に運転者を保護する為のバーが備え付けられているものも多いのですが、トラクターが破損してしまわないよう、細心の注意を払うことが重要です。

トラクターの選び方について

トラクターにはさまざまな用途があります。畑を耕したり、田んぼの代掻きなど、まずは主な用途に合わせて選ぶと良いでしょう。 まず耕作する土質を確認し、土質に対して必要な馬力を選ぶことが重要です。例えば粘土質は馬力が必要な土壌で、馬力が低いとエンストを起こしてしまいがちです。 このため、スムーズに作業するには25馬力以上のものを選ぶ必要があります。 一概には言えませんが、25馬力〜35馬力のものを選ぶと一通りの作業をこなす事ができます。

また、新機種は旧機種に比べると、同じ馬力でも小型化や軽量化が進んでいます。 圃場の広さ、地形、地面の硬さや、圃場までの道幅などでも選ぶ必要があります。 主なメーカーとしてはヤンマーやクボタの市場シェアが高く、他にもイセキ、三菱などが製造販売しています。 トラクターの性能だけでなく、営業所が近くにあるなどサポートを受けやすいメーカーを選ぶ事も重要です。

トラクターのメンテナンス方法について

トラクター屋外で埃などが多い作業環境で使用されます。 このため、エンジン内部に細かい異物が入り込んでしまう事も少なくありません。 フィルターの清掃や交換を定期的に行うほか、エンジン内部を保護するオイルを定期的に交換する等が長く使う為に必要です。

雨風にさらされてしまう事も多いため、防錆のグリスなどを怠ると摩耗と腐食が侵攻してしまいます。駆動カ所が多い分確認すべき箇所は少なくないのですが、安全面からも日々の点検が重要です。グリスニップルの個所などに、グリスガンで注油を行う他にも、各可動部や錆が気になる場所などを中心として、グリスアップを行うようにしましょう。

見落とされやすい箇所ですが、タイヤの空気圧点検も適宜行うようにしましょう。空気圧が足りないとタイヤの変形や摩耗を進めてしまいます。安全性にも大きく関わってきますので、使用前に確認する事をおすすめします。

超解説!正しい農機具の使い方~トラクター編~

トラクターとは
トラクター(tractor)は、簡単に訳すと牽引(けんいん)車両のことで、一般には農機具として利用されているものをさすことが多くなりました。 昔馬や牛などの家畜にスキなどの農具を引っ張らせて田畑を耕作したり、収穫物を運搬させていました。 この「牽引作業」を自動で行うようになったのがトラクターです。 トラクターは、エンジンの動力を2つの方向で使っていきます。一つ目は自動車のように自らが動く力、もう一つはいろいろな作業(耕す、撒くなどアジャスターを駆動する力)に使っています。

「作業機」を変えることで多彩な目的で利用できる
多くの機種の場合トラクター後部についている作業機を変えて駆動させれば、土地を耕す、肥料を撒く、種を播く、雑草を除く、さらに収穫や運搬といった農作業に関わることをほとんど行うことができるようになります!

トラクターを使うときの基本的な手順

基本的には使用にあたって免許が必要なので押さえておきましょう。 現場内のみであれば不要ですが、たとえば自宅から作業現場まで行く時など「公道を走る」には当然、運転免許が必要です。 ちなみに長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.8m以下、最高速度15km/h以下のトラクターを運転するには、“小型特殊自動車”免許が、その条件を1つでもオーバーしたら、“大型特殊自動車”の免許が必要になります。 トラクターの用途は幅広いのですが、ここでは耕す場合の手順について説明していきます。

1.耕す地点まで来たら「4輪駆動」にする。
トラクターには通常4輪駆動と後輪駆動を切り替えるレバーがあります。 耕すときはパワーが必要なので4輪駆動にし、道路走行の際は後輪駆動にすることが多いので、耕す前に4輪駆動に切り替えておきましょう。

2. 副変速や主変速をセットする。
通常は主変速と副変速それぞれにレバーがあり、副変速1に対して主変速1〜4速、副変速2に対して主変速1〜4速のように速さを調整します。耕耘の場合は副変速Cか1にすることが多いです。

3.ロータリーの設定をする。
ロータリーとは耕すためのアタッチメントです。PTOを通じてそのロータリの回転を調整します。走行・旋回時はニュートラルにして回転しないようにしておきます。ロータリーの回転を早くすれば細かめの土になり、回転をゆったりにすれば粗めに耕やすことになります。

4.一度クラッチを踏んで動力を遮断し、エンジンをかける
そのうえでアクセルを操作して回転を上げましょう。前後レバーを全身に切り替えたら、クラッチを入れて前進していきます。※このあたりの手順は機種により異なることがあるので説明書を参照してください。

5.ロータリーの高さを微調整して上下させながら進みます。
これで耕す深さや地面の高さが変わってくるので注意しながら進みましょう。

トラクターを使うときの注意点とは

中央部分の地面が低くなってしまうことが多いので注意。
トラクターでロータリーの設定を変えずに均一に作業をしたつもりでも、自重などの影響で真ん中が低くなってしまうことが大変多いです。中央付近ではロータリーの高さをポジションコントロールで高めになるよう調整し、中央がくぼんでしまわないようにしましょう!