電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  集塵・ブロワ・園芸工具  >  ブロワ  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4

ブロワは、ハンディタイプから業務用の比較的大きなものまで各種メーカーから複数の機種が販売されています。 また、エンジン式・バッテリー式・電動式など動力も様々なものがあるため使用用途に応じて選択する事が可能です。

単に屋外で枯葉やゴミなどを集めるだけではなく、機器類の掃除として埃を取り除いたり自動車を洗車した際の水分を取り除くことも可能で非常に幅広く利用できます。 最近はコンパクトなブロワが主流で軽くて持ちやすい種類も多くなっているので、昔に比べて使いやすくなっています。

その為、業務用だけでなく自宅用のニーズも非常に高まっており、人気のある工具なので買取も高額になりやすい傾向があります。 付属品の有無が査定額に大きく影響する事もあるため、ノズルやダストバックなど購入時の付属品は忘れずに一緒にお持ち下さい。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○園芸工具のブロワについて

園芸工具のブロワとは、ブロワやブロアーとも呼ばれ、ボタンを押すだけで強力な風を吹き出すことが出来る工具です。 ブロワは主に園芸用品や屋外での作業用途で用いられる工具であり、大きな風を起こしてゴミや落ち葉などを飛ばす、一箇所にまとめる、といった目的で使います。

ブロワの主な使用用途は清掃作業ですが、強力な風を起こす機能を利用して車やバイクの洗車後にブロワを使い、ボディについた水滴を吹き飛ばす乾燥作業にも適しています。また、ブロワは風を噴出する機能だけではなく、バキューム機能がついているものも多く、専用の集じん袋を本体に取り付けることによって簡易的な掃除機としての役割も果たしてくれます。

ブロワの最大の特徴である清掃用途での使用について、屋外で落ち葉などをホウキでかき集めるなど、人力では意外と手間がかかる作業もブロワの強力な風があれば一瞬で落ち葉を一箇所にまとめることが出来るため、お年寄りや力の弱い方でも簡単に清掃作業を行うことが出来るというメリットがあります。また、ブロワを使って作業現場で清掃を行うことで、ホウキで集めるのが大変な切削クズや金属片などのゴミをスピーディーに集めることが出来ます。

○ブロワの選び方について

ブロワを選ぶ際には、作業用途がどれくらいの強さの風を必要としているのかによって選択するブロワの形式も異なってきます。ブロワには現在、「電源コード式」「充電式」「エンジン式」の3種類のブロワがあり、電源コード式はAC電源式とも呼ばれ、本体重量はおおむね2kg前後のものが多く、片手で作業を行うことが出来ます。

電源コード式のブロワのコードは2メートルから5メートル程度の長さとなるため、広い屋外で清掃作業を行うときには延長コードを接続する必要があります。 また、電源コード式のブロワにはバリエーションとして大型サイズのブロワバキュームがあり、ブロワバキュームは吸い込んだ落ち葉を粉砕しながら集じん袋に集める機能が備わっています。

充電式のブロワは電源コード式のブロワと形は似ていますが、本体にバッテリーを装着することが出来、充電したバッテリーを利用することによってコードレスでブロワを使うことが出来ます。

エンジン式のブロワはガソリンを燃料とするブロワで、送風力が非常に強力なタイプとなります。エンジン式のブロワはガソリンを燃料としているのでコードを必要としないため、取り回しがしやすく、広い屋外でもパワフルな送風力を利用して落ち葉や木屑、芝刈り後の清掃などを行うのに適しています。

○ブロワのメンテナンス方法について

ブロワは送風を主目的とする比較的シンプルな構造の工具のため、送風のみの使用であれば故障が発生することは少ないのですが、バキューム機能を多用している場合にはバキューム機能に関係している各種のパーツのメンテナンスをこまめに行う必要があります。

ブロワのバキューム機能に関係しているパーツとしては、集じん袋と本体の接合部分があり、接合部分に落ち葉や木屑などのゴミが付着し隙間ができてしまうと、吸引力が落ちてしまいます。メンテナンスの際には接合部分に付着している落ち葉や木屑などのゴミをしっかりと取り除くようにしてください。

また、エンジン式のブロワを利用している場合には、燃料のガソリンが劣化しているとエンジンの焼きつきなどの不具合の発生が起きる可能性がありますので、長期間使用しないときには必ずガソリンを抜いて保管をするようにしましょう。

さまざまなタイプがあるブロワですが、モーターを回転させる役割を持つカーボンブラシが長期間の使用によって摩擦が起き、劣化することがありますので、メンテナンスをするときにはカーボンブラシの減り具合をチェックして、それぞれのメーカーごとに異なる「限界摩擦線」に摩擦が及んでいるかを確かめた上で、限界摩擦線以上にカーボンブラシが磨り減っているようであれば新しいカーボンブラシを取り付けておきましょう。