電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店TOP >  店舗一覧 >  ツールオフ西東京|東京都

西東京店
電動工具のおまとめ査定で、さらに高額買取のチャンス

西東京の電動工具買取

東京・青梅街道沿い。オレンジ色の大きな看板が目印です。

4月1日オープン!東京都で電動工具の買取なら、ツールオフ西東京・練馬店にお任せ下さい。大きい傷がついてしまったもの、 型落ちしたもの...喜んで買取り致します!電動工具買取専門店だから、この道40年の熟練整備士がしっかりと査定しますので ご納得いただける買取を行います。西東京、練馬、杉並、小平、武蔵野、東久留米から多くのご来店を頂いております。ぜひ、電動工具買取専門店ツールオフ西東京・練馬店をご利用下さい。

外観
大きな地図

店舗詳細情報について

アクセス

選べる4つの電動工具買取方法

  • LINE査定
  • 店頭
  • 出張
  • 宅配

お客様のご利用しやすい方法を選べます!

電動工具買取専門 西東京・練馬店

電動工具買取・販売専門「ツールオフ(TOOL OFF)」東京・西東京・練馬店!既に多くのお客様にご来店頂き、 数多くの電動工具を買い取りさせて頂いております。 北原交差点から青梅街道を東へ30秒。青梅街道沿いなのでアクセス抜群!東京の中心に位置しますのでアクセス最高です! 「電動工具がいくらになるか知りたい」というだけでも査定は無料ですので安心してご利用くださいませ。 電動工具の高い知識と経験を持ったスタッフがいるので高価買い取りを実現しており、大切に使われていた電動工具を 1円でも高く売れるルートを開拓できる日々、精進しております。
青梅街道で東久留米からも近く、北は清瀬市、所沢市、新座市、和光市、東は 杉並区、練馬区、中野区、南は武蔵野市、三鷹市、調布市、稲城市、世田谷区、西は小平市、東大和市、武蔵村山市、立川市、国立市、国分寺市など 東京都内の幅広いエリアからご来店いただいております。
電動工具歴40年のベテランの整備士により1円でも電動こうぐの高額買取をできる体制でお待ちしております! お気軽にお越しくださいませ。東京・西東京・練馬での電動工具買取なら「ツールオフ(TOOL OFF)」西東京練馬店へ!
ツールオフでは、お持ちの電動工具や電材、トラクター、耕運機、コンバイン、田植機、乾燥機、籾摺り機などの農機具、 ホイスト、ウィンチ、チェーン、レバーブロック、プレート、ランマなどの土木建設機械、フォークリフト、ショベルカー、 バックホウ、ユンボなどの重機などのお買取りには出張買取サービスを行っております。 もちろん直接店舗にお持ち頂き店頭買取させて頂くことも可能です。 電動工具の処分にはお金がかかってしまいますので、 ご自宅に眠っている電動工具、農機具、土木建設機械、重機などがありましたら、ツールオフへご連絡下さい。 出張買取、店頭買取致します。勿論、伝工具以外の商品もお売りいただけます!
また、上記以外にも電動工具の写メール査定&買取、無料LINE査定&買取も実施しております。 「お時間のないお忙しい方」や「自分の電動工具がいくらになるか気になった」というお客様に 「手間なく簡単に査定できる」ということで多くご利用頂いております。 また、東京都は工場が多いので工場設備など幅広いニーズがあり、 そのニーズは年々増加しウィンチやチェーンブロックのお買取りも増加しております。


東京都について

日本の首都であり、人口の流入が激しいので建築需要が高く、建設重機や電動工具を使用する工事がとても多いです。 鉄筋による耐震強度の高い物件の建造や、コンクリートによる舗装が日々行われています。最近では東京オリンピックも 2020年に決定し建設ラッシュが続き、工事現場で多くの電動工具が活躍しています。また、円安による影響で外国人旅行者 が増え、ホテルの建設も進んでいます。電動工具の市場はまだまだ拡大してゆく見込みです。また、各電動工具メーカーの 本社も多く、電動工具専門の卸やショップ、電動工具の新商品発表なども東京で頻繁に開催されています。

元々東京都は首都ではなく、1868年頃に首都機能が移動し、日本の象徴的な街として知られるようになりました。 戦後に首都建設法という法律を立てて、いち早く復興を目指していました。 その後法律が変更されて、首都圏全体を開発 るような形になりました。これによっていち早く土木建材が導入され、 多くの建設機械によって急速に開発が進みました。 徐々にショベルカーやダンプといった移動型の建築機械が導入され、 開発するペースは更に加速してゆきました。

様々な建築方法を採用したことにより電動工具も日々進化してゆき、従来よりも軽い電動工具や細かい作業を行える電動工具が 開発されています。工具のニーズが高いエリアでしたので、ツールオフがエリア初となる工具専門の買取&販売店を出店し、 多くの職人の皆様にご愛顧頂いております。


西東京市について

西東京市は東に小平市、北に東久留米市、南に武蔵野市、さらに杉並区、練馬区が隣接しています。田無市と保谷市が合併したことにより、誕生したのが西東京市です。ちなみに東京の西側という意味ではなく、昔に存在した東京府の西側にある街として名付けられました。合併は2001年に行われ、日本において21世紀最初の新設合併による都市として繁栄しています。合併後人口は徐々に増え、現在も増加傾向にあります。人口の増加に伴い電動工具を扱う職人の方の往来も多く、電動工具を扱うショップが増えています。特に職人さんの多い練馬区、杉並区から多くの職人さんにお越し頂いております。練馬区の練馬駅周辺、関越自動車道の練馬IC付近、杉並区の杉並区役所付近、杉並区公会堂からも当店にご来店頂いております。

古くから木造建築の多い場所であり職人の中でも大工や内装業者の数が多いため、電動工具の中古ショップを求める声が多くありました。近年では新しい道を作ったり、広げるための工事が次々と行われ、鉄筋やコンクリートを利用したマンションや施設が増えています。その反面、まだ空き地が残っているところもあり、まだまだ発展の余地を残した土地であるとも言えます。西東京市は、これからも東京都25市の主要な都市として、多くの施設などを作り続けることになります。

首都圏整備が早かったこともあり、合併前でも西東京市周辺はそれなりに開発されていましたが、交通網の発達により、さらに開発の進む場所となっています。特に杉並方面からは都道4号線で車で数分の距離にあるので人の往来が多くあります。


杉並区について

杉並区は自然が豊富で閑静な住宅地域として発展してきました。 1920年の時点では、杉並区に相当する地域の人口は2万人にも満たなかったのですが、1922年に高円寺駅、阿佐ヶ谷駅、西荻窪駅が開業し、翌1923年に発生した関東大震災以降、都心部から多くの市民が郊外の空閑地を求めて転入したことで人口が増加し、現在も増加傾向にあります。 都心からのアクセスも良く、住みたい場所で常に上位の吉祥寺に近い事もあり住宅地として人気のある地域です。

人口の増加により人気が高まる反面、木造建築密集地域地区として災害時の危険度が高い地域でもあります。東京都の策定した「防災都市づくり推進計画」において「震災時に大きな被害が想定される地域(整備地域)」に位置付けられており、早急に防災まちづくりの推進が求められている地区でもあります。 震災時に消防車が通行困難な道が広く存在する状況を改善するため、この区域の面積縮小・輸送路及び避難路の確保のための拡幅整備が進められています。

さらに、杉並区では「阿佐谷南・高円寺南地区防災まちづくり計画」を策定し、道路や公園の整備などを計画的かつ総合的に進めています。 杉並区ではこうした活動が盛んに行われていることに加え、人口増加に伴い大工や内装業者を生業とされている職人さんが多い地域でもあるため工具店の需要が非常に高く、多くのお客様からご愛顧頂いております。


練馬区について

東京23区の中では最も新しく誕生した区で、板橋区の一部区域が1947年8月に分離して発足しました。緑の多い閑静な住宅街であり、近年は副都心線や大江戸線などの開通に伴って、マンション建設ラッシュが続いています。河川は石神井川と白子川が中心で、特に石神井川は春になると見事な桜が咲き乱れます。日本のカラー長編アニメの発祥の地であり、日本一のアニメ関連企業の集積地でもあります。

建造物には、2016年「武蔵学園大講堂」「武蔵大学3号館」が区の登録文化財に登録され、「武蔵学園根津化学研究所」が公益社団法人ロングライフビル推進協会(BELCA)の主催する「BELCA賞」のロングライフ部門に選ばれました。

特に武蔵学園大講堂は、鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、2階建てで、ゴシック様式の構造も残しつつ近代的合理空間を目指し、モダニズムな息吹も感じられる建物です。内壁の布目タイル、外壁のスクラッチタイルなどにも時代の風合いが残されています。

西東京・練馬店:買取強化ランキング

  1. 釘打ち機
             

    釘打ち機は、エアーの力使い釘を自動的に打つための機械で、先端を打ち込み箇所に押し当てトリガーを引くと釘が打ち込まれます。強力なパワーを持っているので、モデルによって長い釘も連続で打ち込む事ができるため、大幅に作業効率を改善する事ができます。 釘打ち機は、材料を板や壁に固定するために利用します。木材への使用が想定されており、コンクリートに使対して使うことはできません。コンクリートに対して打ち込むさいには、ガスネイラなどを別の工具を使用する必要があります。 釘打ち機の種類としては、エアーコンプレッサーを使って空気による力を使った空気式、ガスを利用することによってパワーを作り出すガス式、更には電源を使ってパワーを作り出す電気式、専用の装備を使って火薬を燃やし、そのパワーを使って打ち出す火薬式があります。 現行で主流な種類はエアを使うモデルとガスネイラになります。 注意点は、先端が押された状態でトリガーが引かれると釘が打たれてしまうため、持ち運びの際にはロックをかけて運ぶ事で暴発を防ぐ事ができます。また、コンプレッサの空気圧が足りないと満足に打ち込む事ができません。また、本体でも打ち込み深さを調節できるモデルがほとんですので、適した深さに打ち込めるよう調整してください。 エアで使う釘打ち機には、常圧で使うものと高圧で使うものがあります。 高圧の釘打ち機の方がパワーがあり、長い釘や太い釘を打ち込む場合には高圧釘打ち機を選ぶと良いでしょう。 とくに現場によって使用する釘が指定される事もある為、指定された釘に対応している機種を選ぶ必要があります。 釘打ち機は、装着できる釘の長さによって複数種類存在します。小型のものでは50㎜釘まで入るものから、大きいもので90㎜まで入る釘打ち機があります。 対応釘の長いモデルであれば、基本的には短い釘にも対応する事ができますが、本体が大きい分重くなっており、長時間持ち続けた際の疲労に差がでてきます。 釘を入れ替える事も手間ではありますので、主に使用する釘の長さに適したモデルを選ぶ事をおすすめします。

  2. エアコンプレッサー

    エアコンプレッサは、空気を利用して使う工具に対して、空気を送り込む役割を持っています。 これに接続して工具を利用することが一般的で、強いエアーを送り込むことが可能となり、 工具の利用を行えるようになっています。色々な工具を購入する際には、どうしてもエアコンプレッサが必要となり、 持っていないと様々な工具を動かせない問題に直面します。 この機械を利用するときは、エアーをしっかり発生させるための準備が大事です。 満タンにならない状態でエアコンプレッサを動かそうとすると、全く動かないままになったり、 すぐにエアー不足になって動かせなくなります。満タンにしてから動かすことが重要になっているので、 メーター部分をしっかり確認して、指定されている数字まで行ってから使うようにしてください。 これなら当面の間は、エアー切れが起こりません。 エアコンプレッサについては、工具以外にもタイヤ交換のために利用したり、スプレーの塗装を行う際にも利用されています。 幅広い用途で使うことができるので、持っていると私生活でも活躍してくれる道具になります。 コンセントに接続しないと使えませんので、発電機や家庭用の延長コードで電力を確保しないと、 エアコンプレッサは動かない点に気をつけてください。 釘打ち機用のコンプレッサには常圧用と高圧用、両方取り出せるモデルがあり、使用する工具に合わせて選ぶ必要があります。

  3. インパクトドライバ(電動工具)

    インパクトドライバとは電動ドライバーと形は似ていますが、機能面で大きく異なり、回転数とトルクが大きいのがインパクトドライバの特徴です。平均120Nのトルクがあり、単にネジなどを回すだけの電動工具ではなく、先についているビットを交換すれば、ドリルやタップ立てとしても使えます。また、タイヤレンチの代わりとしても簡単に使うことができて便利です。 一般的に電動ドライバーとインパクトドライバのバッテリーは違います。電動ドライバーは日曜大工的なものなので、安価なものはコード式であったりしますが、通常ニッケルカドミウム電池やニッケル水素電池が使われており、容量の小さいものです。 インパクトドライバではトルクの違いによって、大容量のバッテリーが必要になってきます。そこで主に使われているバッテリーとして3Ah程度のリチウムイオン電池が使われています。先に付けるビットの形状は六角形のものに限定されているので、一度装着すれば間違っても抜けることがないのものインパクトドライバの特徴です。最初に見たときは戸惑うかもしれませんが、各種ビットが販売されているので、揃えていくと用途と使い方が次第に増えていきます。 ドライバと名がついていますが、小さいのネジを使うときはトルクの大きさでネジの頭が飛ぶことがあるので注意が必要です。主に6mm以上のネジやボルトから23mmに適しているので使い分けも必要になります。

  4. レーザー墨出し器

    レーザー墨出し器とは、建築現場や内装工事現場、電気工事現場などの幅広い作業現場で使われる機器のひとつで、作業現場に直線を引く墨出しを、レーザー照射することによって行う道具です。 これまで、従来の墨出し器は墨出しの際に墨糸を手でつかまなければならず手が汚れてしまったり、墨糸をピンと引っ張って線を引く際に作業現場が汚れる、作業者の服に墨の飛沫が飛んでしまい汚れるといった不具合がつき物でした。 しかし、レーザーを照射することによって作業現場や作業者を汚すことなく直線を引くことが出来るレーザー墨出し器の登場により、これまで「墨糸をゆるみなくピンと張って離さなければ線がゆがんでしまう」といったミスが生じていた線引き作業が、作業者の技術の高低に関係なくまっすぐな線を作業現場に照射出来るようになりました。 レーザー墨出し器は単に直線を照射してガイドラインを照らして示す、という機能だけではなく、従来の墨出し器で行っていた縦ラインの線引き(たち墨)や水平ラインの線引き(ろく墨)を行うことはもちろん、機種によってはレーザー墨出し器を基準点として複数のさまざまなラインをレーザー照射で示し出すことが可能となっています。

  5. スナップオン・MAC・ネプロス ブランドツール

    スナップオン製ハンドツールは、整備工場などプロの現場で使用することを念頭に置き製造されているプロ用のツールといえます。そのためプロの作業において最も重要なハンドツールの使いやすさにこだわり、円滑で正確な作業を行えるよう設計をしてあります。ハンドツールの種類としてはプライヤーやレンチ、ラチェットやドライバーといった使用頻度の高いものはほぼ取り揃えられていますし、ラチェット一つとってみても非常に豊富な種類を用意してあります。手に馴染み使い勝手の良いハンドツールなので、毎日の使用に最適です。 他社製とスナップオン製のハンドツールの違いは永久保証がついている点が最大の違いといえます。ハンドツールは作業する上で毎日欠かさず使用するものですので、どうしても折れる、曲がる、壊れるということがおきてしまいます。その際にスナップオンの場合一部商品を除き永久保証となっているため、安心して使用し続けることが出来ます。 メッキがはがれにくい特殊な加工もしてあるので、作業中の安全面も確保してある点はスナップオンのメリットといえます。短所としてはプロ機材なので一般の小売店であまり見かけないため、巡回による方法以外に入手が困難である点が挙げられます。

  6. 電材 VVFケーブル
  7. 油圧工具
  8. レバー・チェーンブロック
  9. インバーター発電機
  10. リチウムイオンバッテリー各種

高く売るための4つのポイント

  1. 箱&付属品の持込み

    電動工具の取扱説明書・付属品を揃えて査定される事をお勧めします。
    消耗品(替え刃等)がある場合、同時にお持ち頂くと買い取り金額アップに繋がり易くなります。
    ぜひ、ご一緒にお持ちくださいませ。

  2. 未使用品・新品は更に高額買い取り

    開封済みの電動工具と未開封の電動工具とでは、買い取り金額が異なるケースが多くあります。 もし、未使用状態の電動工具がございましたら、開封せずにそのまま買取依頼されることをお勧めいたします。 たった一度の開封しただけで中古品として扱われて販売されることになりますのでその分買取額もダウンしてしまう傾向にあります。

  3. 「おまとめ査定」で買取額アップ

    一括して複数の商品をお買取りさせて頂くことで更に高額買取させて頂きます。 複数商品を個別に分けて査定に出されるよりも手間が省けると同時に 販売の物量を確保することにより販売しやすくなる為です。 ハンマドリル、発電機、墨出し器、インパクト、コンプレッサー、ランマ、電材などジャンルが異なる商品も 「おまとめ査定」をお勧めします。勿論、電動工具以外の商品でも買取可能です。

  4. 査定前に電動工具の清掃・掃除

    箱や本体を拭くだけでも第一印象が大きく変わり、高額買い取りに結び付きやすくなります。 何も手入れせずに店頭に並べられる商品は人手がかからなくなりますので、その分高額買い取りさせて頂きます! 埃や簡単に取れる汚れなど、可能な限りキレイにされることをお勧めいたします。

選べる4つの電動工具買取方法

  • LINE査定
  • 店頭
  • 出張
  • 宅配

お客様のご利用しやすい方法を選べます!