電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • ご相談・ご質問なんでもお問い合わせください
  • LINEでも受付中!
スナップオン製ハンドツール買取強化中 スナップオン製ハンドツール買取強化中

スナップオン買取なら「ツールオフ」へ

ハンドツールの先駆者として高い市場シェアを誇るスナップオン
ツールオフには、あなたのスナップオン製工具を
まだまだ活躍できる工具へと見事に蘇らせる、熟練整備士たちがいます。
「もう使わなくなった…」「買取ってもらえなかった…」など、
そんな工具も、きちんと査定します。
高額買取、無料査定は、ツールオフ。

TOP >  メーカー一覧 >  スナップオン

LINE査定3000円現金キャッシュバック

高く買い取ります! 買取強化中のスナップオン

  • Snap-on  MG325P最高27,000円
  • Snap-on  SOEXM19最高2,500円
  • Snap-on BK3000最高13,000円
  • Snap-on 222SFFS最高23,000円
  • Snap-on 20315A最高33,000円
  • Snap-on QD3RN350A最高20,000円
  • Snap-on PL400B最高9,000円
  • Snap-on FHNF100最高12,000円

ツールオフはオリンピック需要で

スナップオン高額買取中!
スナップオンの 買取価格自信あり!

品薄の商品や未使用品でもコンディションの良い商品は更に高額で買取できます!
例)スナップオン ラチェット FHLF80A

A社
7,000円
B社
7,500円
C社
8,000円
ツールオフ買取実績
8,500円

スナップオン製のハンドツールは使用しているユーザーも多く、高い人気を誇るメーカーです。
だからこそ買取業者によって価格に大きな差が生まれやすくなります。希少価値が高い限定商品だけではなく、定番商品や最新作に至るまで、
業界トップクラスの実績を記録する「ツールオフ」なら、驚くほど高い買取金額をご提示することができます。売却の際は是非当店をご利用下さいませ。

スナップオンの買取金額が 他社よりも高い理由

Point1
独自の海外販売ルートあり!
国内で売れない工具も
売り先があるから高額買取!

修理調整が自社で可能!
工具知識の豊富な鑑定士と整備士が多数在籍しているため、不具合がある場合でも高価買取実績が多数!
確実な診断力と修理コスト低下により、その分買取金額に還元いたします。

Point2
関東圏の店舗数NO1
各地の需要から導く
トップクラスの査定力

累計60万点を超える買取実績から1万アイテムを超える商材において現時点の相場だけでなく過去の実績やトレンドを把握しております。
その膨大かつ緻密なデータに基づき自信を持ってより正確な買取価格をお付けいたします。

Point3
工具修理職人が在籍
自社で修理整備するから
高値で売れる買える!

ハンドツールは使わないだけでも不具合が生じやすい商品です。
社内のベテラン整備士により常にメンテナンス・管理することによりローコストで長期在庫を保有することが可能に。
長期保有を実現することで適正な販売価格を付けることに成功しました。

多くのベテラン整備士の存在により
実現する高価買取

お買取りさせて頂いたハンドツールの約6割の商品は常にメンテナンスが必要な商品です。例え未使用品であっても動作確認が必要な商品もあります。次にご使用いただくお客様に販売させて頂く前には定期的なメンテナンスが必要になってきます。当社ではそのメンテナンスを社内で内製化しており、中にはこの道40年ベテランの整備士も在籍しております。
通常では外部のメーカーや専門業者でなければ修理することができないハンドツールも「ツールオフ」ののベテラン整備士により修復・管理が可能です。その外注費用を抑えることが出来るためお客様への買取価格を高く提示させて頂くことが出来るのです。

修理費や維持管理費を「ツールオフ」なら内製化で大幅削減!
だから、他社よりも高額買取!

スナップオン製ハンドツールは買取強化中の商品です! 高価買取ランキング

1位
詳細情報

最高値¥10,000円

スナップオン Snap-on

ラチェット FHLF80A
デュアル80テクノロジー機能搭載が人気のモデルです。
状態により高額買取対象となります。

2位
詳細情報

最高値¥20,000円

スナップオン Snap-on

エアインパクトレンチ MG3255J
機能向上の8枚羽根ローターを採用した人気モデルです。
新品中古ともに高額買取の可能性大です。

3位
詳細情報

最高値¥182,000円

スナップオン Snap-on

工具箱 KRA2407PBO
重量級のツールやアイテムを安心して収納できる人気モデルです。
新品中古ともに高額買取対象となります。

スナップオンの買取価格表

エアインパクトレンチ
商品名
買取価格
MG3255J(新品)
20,000円
MG3255J(中古)
15,000円
MG325(新品)
15,000円
MG325(中古)
10,000円
MG725(新品)
18,000円
MG725(中古)
13,000円
PT850J(新品)
27,000円
PT850J(中古)
21,000円
ラチェット
商品名
買取価格
FHLF80A(新品)
8,500円
FHLF80A(中古)
4,500円
FHNFD100(新品)
10,000円
FHNFD100(中古)
6,000円
FK720A(新品)
13,000円
FK720A(中古)
9,000円
FK936(新品)
4,000円
FK936(中古)
2,000円
工具箱
商品名
買取価格
KRA2407PBO(新品)
182,000円
KRA2407PBO(中古)
150,000円
KRA2007KC(新品)
103,000円
KRA2007KC(中古)
80,000円
KRA4008EKPLU(新品)
117,000円
KRA4008EKPLU(中古)
95,000円
KRA2053(新品)
33,000円
KRA2053(中古)
23,000円
ブレーカーバー
商品名
買取価格
SN36(新品)
10,000円
SN36(中古)
6,000円
SN24C(新品)
7,500円
SN24C(中古)
4,000円
SHBB24(新品)
8,500円
SHBB24(中古)
4,500円
F18LA(新品)
6,500円
F18LA(中古)
3,500円
ソケット
商品名
買取価格
212FSMY(新品)
8,000円
212FSMY(中古)
4,000円
112TMMSY(新品)
8,500円
112TMMSY(中古)
4,500円
313SMYA(新品)
18,000円
313SMYA(中古)
13,000円
207EFAMY(新品)
10,000円
207EFAMY(中古)
6,000円
スキャナー
商品名
買取価格
MTG1500(新品)
30,000円
MTG1500(中古)
25,000円

スナップオンなら
幅広く強化買取対象です!

売りたい工具にて詳しく見る

エアインパクトレンチ
買取
ラチェット
買取
工具箱
買取
ブレーカーバー買取
ソケット
買取
スキャナー
買取
買取強化中のスナップオン

【エアインパクトレンチ】・MG3255J・MG325・MG725・PT850J
【ラチェット】・FHLF80A・FHNFD100・FK720A・FK936
【工具箱】・KRA2407PBO・KRA2007KC・KRA4008EKPLU・KRA2053
【ブレーカーバー】・SN36・SN24C・SHBB24・F18LA
【ソケット】・212FSMY・112TMMSY・313SMYA・207EFAMY
【スキャナー】・MTG1500

スナップオン製工具買取に関する、 よくあるご質問。

Qセットになってなくてもお買取りしてもらえますか?
単品でもお買取り可能です!その際、未使用の状態と1回でも使用してしまった場合とで金額に差ができてしまいますので、極力未使用のままお持ちください。
Qどのようなスナップオン製ハンドツールが高く買い取ってもらえますか?
型式では最新モデルが最も高く、限定モデルも高値がつきやすくなります。
Qメーカーによって買取金額に差はありますか?
メーカーによる買取金額の差はあまりありません。メーカーよりも型式によって影響される事が多いです。どのメーカーでも共通して、最新モデルから型落ちするほど買取相場が下落してゆきます。
売り時を逃さないように思い立ったらすぐ査定問い合わせをしてみる事がおすすめです。電話口でもおおよその査定はできますので、お気軽にお問い合わせください。
Q店舗が近くになく店頭まで伺えませんが買取可能できますか?
対応エリア内であれば出張買取に伺います。
遠方にお住まいでございましたら宅配買取にて日本全国対応可能です!
Q大量の工具で持ち込みが出来ない時は?
大量買取大歓迎です。
過去には工場や金物屋等の店舗まるまるや4tonトラック・貸し倉庫内全ての買取などの大量買取の実績が多数ございますので安心してお問合せ下さい。
Q査定した工具はキャンセルは出来ますか?
査定のみも可能です。
査定額にご納得頂けない場合はキャンセルも可能です。その際に、査定費用等は一切掛かりません!
Q出張料金は発生しますか?
出張料金は発生しません。
何かご不明点はこちらまで
Q事前に金額が知りたいのだけれど?
買取価格表はこちらでご覧になれます。
買取価格表に無い時や中古の時はLINE査定にてご確認頂けます。
更に今なら

おまとめ査定 インパクトドライバー+もう1点以上の買取で
買取価格 最大12%アップ!

例えば・・・

インパクトドライバー

30,000円
+

エアコンプレッサー

90,000円
+

釘打ち機

50,000円
+

発電機

70,000円

通常の単品での買取金額合計

=240,000円

おまとめ査定なら

=254,400円

14,000円得!!

こちらのメーカーも買取強化中です!

  • マキタ(makita)

  • 日立(Hitachi)

  • パナソニック(Panasonic)

  • ヒルティ(HILTI)

  • ボッシュ(BOSCH)

  • マックス(MAX)

  • リョービ(RYOBI)

  • タジマ(Tajima)

  • ホンダ(HONDA)

  • スナップオン(snap_on)

  • オグラ(Ogura)

  • キトー(KITO)

  • 三笠(mikasa)

  • 富士電線(Fuji)

  • リクシル(LIXIL)

ご質問やご相談がある方は
お気軽にお電話下さい!

0120-590-220

ツールオフがスナップオン製ハンドツールの買取で 選ばれる理由

1修理の内製化による高額査定!
ツールオフにはハンドツール整備歴30年の熟練した鑑定士・整備士が多数在籍しており、他社に委託せず自社で修理をすることが可能となっております。
余計なコストが掛からないためその分高額査定をすることが可能となります。故障の原因を長年の経験により判断し修理できるため、他社では真似することが出来ない高額査定を実現致します。
2LINE査定で「1分査定」を実現!
ツールオフではハンドツール業界初の無料LINE査定を強化中!最短1分で査定の結果が出るため、お忙しい方でも査定して頂けます。「手間なく簡単査定」ということで、「いくらになるか気になった」というお客様に多くご利用頂いております。
LINE査定で見積もりを取る際のコツとしては「セット内容がはっきり分かるように写真を撮る」「埃や汚れが付着している場合は掃除をしてから写真を撮る」などがございます。
3全店舗6店舗、買取実績60万件!
東京・埼玉・群馬・神奈川に6店舗展開し、ハンドツール、エア工具、電材、建材、重機、農機具など買取実績は60万件に上ります。これまでの買取で培ったノウハウや開拓した販売ルートがツールオフの強みとなっております。
販売ルートの一例としては、スナップオン製ハンドツールを「アメリカ」や「オーストラリア」に向けて販売している業者に売却した例もございます。国内だけでなく、海外にも販売するルートを確保しているため幅広い種類のハンドツールやそれ以外の商材にも対応することができます。
4選べる3つの買取方法!
ツールオフでは店頭買取・宅配買取・出張買取の3つの買取方法がございます。東京・埼玉・群馬・神奈川以外のお客様でも勿論対応可能となっております。お客様に合った買取方法を選択することが可能なので、よりお気軽にご利用頂けます。

買取に必要な書類

買取の際は本人必要書類のみお持ち下さい
身分証明書として利用可能なもの

運転免許証、健康保険証、パスポート、
外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)

※18歳未満のお客様からのお買取りはご遠慮させて頂いております。


埼玉県エリア
店舗名
ツールオフ川越店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
0120-590-220
住所
〒350-0001
埼玉県川越市大字古谷上3819-8
駐車場
有 14台
ツールオフ川越店|埼玉県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ草加店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
0120-905-770
住所
〒340-0044
埼玉県草加市花栗3-20-45
駐車場
ツールオフ草加店|埼玉県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ所沢・入間店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-961-173
住所
〒358-0014
埼玉県入間市宮寺2723-15
駐車場
ツールオフ所沢・入間店|埼玉県の詳細はこちら>>>
東京都エリア
店舗名
ツールオフ八王子店
営業時間
10:30~20:00
電話番号
0120-540-385
住所
〒192-0012
東京都八王子市左入町371-1
駐車場
有 4台
ツールオフ八王子店|東京都の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ西東京店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-453
住所
〒202-0022
東京都西東京市柳沢5-15-33
駐車場
ツールオフ西東京店|東京都の詳細はこちら>>>
神奈川県エリア
店舗名
ツールオフ川崎店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-521
住所
〒212-0005
神奈川県川崎市幸区戸手2-2-1
エミネンス御幸101
駐車場
ツールオフ川崎店|神奈川県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ横浜店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
0120-905-805
住所
〒227-0044
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野1-10
駐車場
ツールオフ横浜店|神奈川県の詳細はこちら>>>
千葉県エリア
店舗名
ツールオフ千葉店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-963-485
住所
〒263-0035
千葉県千葉市稲毛区稲毛町5-60-12
駐車場
ツールオフ千葉店|千葉県の詳細はこちら>>>
店舗名
ツールオフ松戸店店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
047-702-7601
住所
〒270-0011
千葉県松戸市根木内62-1
駐車場
ツールオフ松戸店|千葉県の詳細はこちら>>>
群馬県エリア
店舗名
ツールオフ高崎店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-248
住所
〒370-0854
群馬県高崎市下之城町179-4
駐車場
有 9台
ツールオフ高崎店|群馬県の詳細はこちら>>>

▼近くに店舗がない方はコチラ

  • 出張買取
  • 宅配買取

高価買取に自信があります! お客様の”驚き”の声!

30代女性
不要になったスナップオンのラチェット!
DIY好きの30代の主婦です。他社の工具箱を使っていましたが、スナップオンの方が使いやすいことに気が付きました。そこで、以前工具を購入したツールオフに買取に出しました。こちらは、物を大事に扱うことで知られているので、不用になったハンドツールも大切に取り扱ってくれる思い利用しました。
先にLINEで査定して、いくらになるか知ることができるのが良かったです。対応が早くて、査定に了承したらすぐに指定の口座に振り込んでもらえました。
20代男性
スピーディーだった店頭買取!
20代男性です。大工の仕事でスナップオンのエアインパクトレンチを使っていましたが、以前から欲しかった後継機に当たる新モデルに買い替えました。
不要になった旧モデルの方は、今回初めて利用することになったツールオフの店舗で買取に出しました。店頭では待たされることなくスピーディーな対応で、思ったよりも高値で買い取ってもらうことができました。
40代男性
実店舗でスムーズな買取でした!
40代の車を弄るのが好きな会社員男性です。先日、スナップオンの工具箱に買い替えをしたため、HPで見掛けたツールオフを利用してみようと思いました。
ただ、買取を拒否されたらどうしようという思いがあったので、事前にLINEから画像を送って査定を依頼しておきました。買取価格は妥当だったと思います。その場で現金化できて満足です。

スナップオン(snap-on)はどんなメーカー?その特徴は?

スナップオン(snap-on)は1920年にアメリカで誕生した老舗メーカーです。アメリカ以外にも世界中に製品を展開しており、日本にも1989年に上陸して以来、非常に高い指示を誇る人気のハンドツールメーカーとなっています。 本社は東京を拠点としています。特に企業での使用が多く商品の品質の高さと使い勝手の良さが現場で受け入れられていますし、スナップオン(snap-on)のFC加盟店も250を超えるほどの規模に成長しています。 主な取り扱い商品となるのがドライバーやラチェットなどのハンドツールをはじめ、バッテリーで駆動するパワーツールやハンドツールを収納するための工具箱、診断機器なども取り扱っています。幅広く商品を取り扱うことで利用者の要望に応える事が可能です。

スナップオン(snap-on)の商品ラインナップ

スナップオン(snap-on)の商品ラインナップの中でも特に多彩なのがハンドツールです。 スナップオン(snap-on)のハンドツールは現場での使用を考えて細かいラインナップを用意しており、ラチェット・スクリュードライバー・レンチ・トルクレンチ・プライヤーなどがあります。 ラチェット一つをとってみても数十種類の本体やソケットを用意していますし、ドライバーも用途に合わせて数多くの大きさや長さを取り揃えています。これは他社に比べるとかなりのラインナップの多さとなっていますので、必要に応じてハンドツールを買い揃えるのにも便利だと言えます。この豊富なラインナップがスナップオン(snap-on)の人気を浮動のものとしているといえるでしょう。

スナップオン(snap-on)はどこで買える?修理などの対応は?

スナップオン(snap-on)のハンドツールを購入したい場合には、全国にある加盟店で購入することが出来ます。この加盟店は単なるFCではなく、スナップオン(snap-on)の営業理念に同意し、志を同じくしたお店のみが加盟店となっています。そのためFCといってもスナップオン(snap-on)の商品を販売するだけでなく、サポートなども行ってもらうことが出来ます。 加盟店以外にはインターネットなどでも購入することが出来ますので、全国どこでもスナップオン(snap-on)の便利なハンドツールを入手することが出来ます。アフターサービスなどに関しては加盟店やスナップオン(snap-on)テクニカルセンターに相談することで手厚い対処をしてもらえますので、安心して使用することが出来ます。

スナップオンの特徴や購入方法、他社との違いや口コミなどのまとめ~

・メーカーの特長について

スナップオンはアメリカ生まれの外資系企業です。フォードなどの車が次々と生まれていたアメリカ「少ない工具で何か面白いことはできないだろうか」と思ったことが、スナップオン創業のきっかけです。車や飛行機の製造にたずさわっていた、1人のサラリーマン・ジョセフ氏は広い大海原に飛び出したいと独立を決意。友人の機械技師と手を組んで、少ない部品で50通りもの組み合わせ方が楽しめる工具セットを販売します。安くてオリジナリティあふれるこの工具セットは地元のディーラーたちに大人気。瞬く間にジョセフ氏はツール界のゴッドファザーとしてその名を広く知らしめていきます。その後ツールの企業として勢力を伸ばしてきたスナップオンは、アメリカのみならずメキシコやカナダなど近隣諸国に渡り「工具箱をつくる工場」をオープンさせていきます。

安かろう悪かろうだけではない、確かな技術力はアメリカ軍の耳にまで届くようになります。1960年代になるとスナップオンの偉業は政府にまで知れ渡るようになり、アメリカ軍のリクエストを受けて今まで誰もが成し遂げることのできなかったレンチシステムを開発。軽くて速いジェットエンジンの工具として、利用されるようになりました。革新的なこの技術は特許も獲得して、いまの建築業界の礎に大きく寄与しています。その後活躍の翼を広げたスナップオンは東京に日本法人を設立。JALやANAなどの誰もが知る航空会社だけではなく、三菱重工業や川崎工業・住友重機など多くのメインクライアントをもつトップ企業に成長を遂げています。アメリカのみならず日本でも多くの顧客を抱えているスナップオン、まさにグローバルなトップブランドです。

現在スナップオンの主要製品として欠かすことのできない存在が、スクリュードライバーやソケット・レンチなどのハンドツールおよび工具箱。なかでも熟したトマトのように真っ赤なボディの工具箱は、職人さんのコアなファンも多い人気のアイテム。バスのように大きな本体ですが、足元に軽やかなタイヤが付いているため目的の場所までスムーズに移動させることができます。重たさが身に染みる工具セットもラクラクお引越しさせることができ、体力を温存しながら目の前の作業に集中することができます。ただ単にクールでカッコいいだけではなく、使う人の立場になってモノづくりを考えたスナップオン。アメリカ生まれのやんちゃな工具ブランドが今後どのような変化を見せてくれるのか、建築業界からは熱いまなざしが注がれています。

・スナップオン製工具の特徴について

つづいて知りたいのが、スナップオンの有名工具のポイントについてです。それぞれの工具の特徴をマスターしていきましょう。
・ラチェットの特徴は?
ボルトやナットの締め付けに不可欠なラチェット。工具ツールの会社として誕生したスナップオンは、ラチェットだけでもとにかく種類が多い特徴があります。常時40点前後のラチェットが販売されているため、選ぶ楽しみと扱うワクワクさを与えてくれるブランドです。売れ筋でもあるラウンド型のラチェットは、トップの部分がぐるりと回転するタイプ。なめらかなヘッドを持っているので、向きを替えたいときも自在に調整できるメリットがあります。またスナップオンのラチェットを語るうえで見逃すことができないのが、スタンダード型の工具です。他ブランドが成し遂げることができなかった80枚ギアを初めて表現させたアイテムで、業界関係者の度肝を抜いた商品です。80枚ギアが搭載されたラチェットのスタンダードモデルは一見ハイスペックな作業ができるように思えるものの、刃の重なりが重たく、軽い持ち味の作業を期待するときには不向きです。またスナップオンのラチェットは、金属の質が良く長時間使っても色あせないメリットがあります。やや重たさはあるものの、ハードな現場で耐久性を追求したいときに適しているアイテムといえるでしょう。

・レンチの特徴は?
自動車の整備をおこなう方にとっても愛用者が多い、スナップオンのレンチ。他社と比べて値段が高い欠点はあるものの、やはり耐久性と動きの良さで選ばれているようです。スナップオンのコンビネーション型レンチには、よくよく見てみるとうっすら浅い溝が彫られていることが分かります。これはレンチを持ったときに付近のナットを痛めつけたり変形させることのないよう、あえてこだわって彫られたもの。自身も技術者であった、スナップオンの創業者の想いが込められたアイテムとなっています。またスナップオンのレンチは、直径2mm刻みのレンチセットを、4本もしくは7本セット単位でまとめて販売しています。どちらもケースに入れて丁重に販売してくれるため、プロにとってはもちろんのことDIY好きにはたまらないブランドとなっています。クラシカルで洗練されたレンチの曲線は美しく、ずっと使っていても飽きがくることはありません。過度な派手さは封印されたレトロなアイテムとなっていますが、60年代のアメリカを彷彿とさせるようなアメリカン・ビューティを際立たせる工具セットになっています。

・ドライバーの特長は?
スルスルとネジを回すことができるドライバー。工具箱にスナップオンの商品があると、思わずニンマリと嬉しくなることがあります。スナップオンのドライバーの一番の特徴は、金属の質がとても高いということ。ダイヤモンドプレート版は、宝石の王さまダイヤモンドの粒子を練りこんで作ってあるため、ツールの先が滑り落ちることがありません。狙った場所にピンポイントで差し込むことができ、少ない力でラクラクとドライバーを回すことができます。ダイヤモンドコーティングされているため、多少乱暴につかっていたとしても錆びや色あせることがなく半永久的に利用することができるのも、スナップオンドライバーの良いところです。また最近ネットを中心に人気が沸きあがっているのが、ボールペンサイズの小ささが嬉しいスナップオンのミニドライバーです。通常のドライバーと比べて軸が小さく作られており、細かなネジを回すときにとても重宝します。グリップのところが緩やかに弧を描いているため、手が滑ることなくしっかり作業をおこなうことができます。作業する人を応援してくれるスナップオンのドライバー。価格はやや高めですが、品質の高さがウリです。

・他社製品との比較について

スナップオンの商品はマックツールやKTC、TONEなどの他ブランドと比較して、どのような違いがあるのでしょうか。
スナップオンと同じようにアメリカ生まれの工具ブランドがマックツールです。スナップオンと同じく数名の技術者たちがアイデアを出し合って生まれたメーカーがマックツールのため、スナップオンとどこか似ている空気が否めません。マックツールが初めて作ったのがレンチと言われていますが、アメリカの工具界では今でもパイオニア的存在。世界的に見ても、スナップオンかマックツールかと呼ばれるくらい高いシェアを誇っています。ぱっと見た感じスナップオンとマックツールの製品に大きな違いはないのですが、それでもアメリカ軍に認められたスナップオン、技術の上では紙一枚上手という印象を受けます。値段もスナップオンとマックツールではスナップオンの方が高いことが多いため、技術力を取るか安さを取るかの違いだと思います。またアメリカのブランドは保証制度をきっちりしている意外なポイントがあり、両者どちらも「製品保証に優れている」メリットがあります。スナップオンはアメリカの企業ですが江東区にテクニカルセンターがあり、こちらの工場で製品の修理を受け付けています。もともと不良品であった場合を除いて、スナップオンの保証は一律有料。フラットレートを採用しているため、工具それぞれに一律した修理金額が定められています。修理の箇所が大きいときはラッキーなシステムですが、修理箇所が少ないときには損してしまう注意すべき保証制度です。対してマックツールは製品ごとに定められた保証期間であれば「無償で修理してくれる」メリットがあります。保証の期間は製品によって異なるものの、大まかな目安が1年~3年です。保証面から見ると無料で保証期間を設けているマックツールの方が秀でている…とジャッジすることもできそうです。

またその他に比較しておきたいのが、KTC、TONEなどの工具ツールブランドです。こちらは英語表記になっているため外資の企業かと思われがちですが、どちらもメイドインジャパン。国産のツールブランドです。ちなみに読み方が分かりづらいTONEは利根川のトネになぞらえて付けられたという歴史があります。KTCは大阪、TONEは京都に会社があるので、どちらも関西を代表するブランドです。同じような製品を発売しているためスナップオンとどう違うのか、迷う方も多いかもしれません。スナップオンと明確に違うのは「価格の安さ」です。輸出入にかかるコストがかかっていないため全体的な価格が安く、いいものを良心的な値段で売っているブランド…とみることができます。値段で比べるならば一番安いのがTONE、続いてKTC、最後にスナップオンという流れになります。気軽に買える値段でラインナップされた商品が多いため「メーカーに対する愛着が薄い」という方にとっては、高額でディスカウントされる事が少ないスナップオンよりもKTCやTONEの方が良いかもしれません。スナップオンは中級者や上級者・そしてプロ向けのブランドですが、KTCやTONEはDIY好きの一般の方や初心者にもおすすめできるブランド。安くて良いものを種類沢山欲しい…という方におすすめできる企業です。また両社の国産ブランドを使うときに知っておきたいのが、アフターサービスの有無についてです。KTCの場合、おかしい点があったら修理には応じることができるけれども、修理は販売店を通じてお問合せ…というスタンスを取っています。販売店を通じてでないと修理交渉ができないミソがあるので注意が必要です。またTONEの場合、自分で修理依頼をかけることができるけれども、住んでいるエリアの修理部を探して申し込みを行わなくてはならない留意点があります。国内に修理工場を併設しているスナップオンと比べると、両社はアフターケアに薄い印象があります。保証で選ぶのであれば、スナップオンの方が優れていると見ることができます。

・購入方法について

スナップオンは自分で販売をおこなわず、加盟店に委託する独自の方式をとっています。そびためスナップオンの商品を購入するためには、スナップオンの加盟店を探すのが一番賢い方法です。
またインターネット上では「アマゾン」「楽天市場」「ヨドバシ.コム」「モノタロウ」など各種ネットサイトにてスナップオンの商品を購入することができます。数の多さで選ぶのであれば、圧倒的にアマゾン。新品の商品が配送料無料で購入できるときもあり、お得度の高いショッピングを満喫できます。
またスナップオンの商品を安く買いたいときには、ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトを利用する手もあります。こうしたサイトを利用するときには、例えば大きな工具ボックスを購入するとき、高さのある工具ツールを利用したいとき、別途高額な宅配料を取られることもあるので、購入前に諸経費をよくチェックしておくことが大切です。いつ配送してくれるのか、納付方式はどうかあらかじめ疑問点を解決しておくと安心でしょう。
またスナップオン製品が大好きな方の中には、アメリカからダイレクトに並行輸入をおこなう方もいます。日本で購入するのと比べるとはるかに値段は安いものの、まれに詐欺と思われるサイトも点在しているので留意することが大切です。

・スナップオン製口コミについて

スナップオンの商品を購入した人たちのコメントをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。 スナップオンの工具セット一式を購入しました。憧れのブランドは意外に期待はずれも多いと聞いていましたが、さすが世界のスナップオン。グリップの持ち具合といい他社にないサイズ感といい大好きです。工具箱に入れてもサマになるお洒落さが、たまらないですね。 値段が高く迷ったものの、やっぱり購入して良かったと思います。メタリックな煌めきが、都会的でザアメリカといった感じです。一度スナップオンを使うと他の安いブランドが手に合わなくなると聞いていましたが、まさにその通り。他の安い工具はすべて捨てたくなるほど、使用感が好きです。
初めて使いましたが、ギアが少し重たいと感じました。ぼってり感があり、もさもさしている印象です。アメリカの工具は、やっぱりアメリカ人向きに作ってあるのかとガッカリしました。
整備の仕事をしていますが、やはり使いやすい商品だと思います。メッキもいい感じに落ち着いてくれて、安っぽく見えることがありません。ボディの滑らかさと持ち味がとにかくいい。周りの同僚たちにも、いいねと褒められます。