電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  研磨・切削・ホゾ穴  >  電動カンナ  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4

電気カンナにも複数種類があり、手に持って扱うカンナや、据え置きタイプで木材を通す自動カンナがありますが、どちらも買取対象の電動工具です。 近年では木材の加工を現場で行う事も少なくなってきている為、総合リサイクルショップでは買取が難しいケースもありますが、専門店では高額買取も可能です。 特に研磨盤が304㎜の小型自動カンナは人気工具につき、高額買取されやすい傾向があります。

電気カンナの種類として替刃式と研磨式がありますが、メンテナンスの容易な替刃式の方が人気もあり査定は高くなりやすい傾向があります。 特に手に持って使う電気カンナは造りがシンプルであり、劣化する箇所は少なく買取相場も安定しています。

もっとも劣化する箇所は、モーターの動力を刃に伝えるベルトとカンナ刃のです。 刃の状態によって査定が変動する他、削った木くずが入り込む事で本体が摩耗してしまう事もあります。

替刃タイプであれば、刃の付け替えに必要な工具や替刃を一緒にお持ち頂く事で、プラス査定となりやすいです。 用途の性質上ある程度木くずが入り込む事は避けられない為、定期的に清掃する事で本体の損傷を抑える事が高額買取のポイントです。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○電気カンナ(電動カンナ)について

カンナは木材の表面をなめらかにする工具ですが、電気カンナは手動でカンナを動かす手カンナとは違い、電動で木材の表面に一定の圧力を均等にかけて表面をなめらかにする電動工具です。

電気カンナはよく自動カンナ板と混同されがちなのですが、自動カンナ盤が木材の面を基準面として均一に表面を削りだしてゆくのに対し、電気カンナは木材の面を基準面とはせず、凹凸面の平面部分を仮想した仮想面にそって、電動のカンナが木材の表面を削りだしてゆく仕組みとなっています。 このため、自動カンナ盤を使った際に木材の表面が均一の厚みでなければ、自動カンナ盤は木材の面に合わせて、そのまま一定でない厚みの木材を削りだしてしまうこととなります。

それに対して、凹凸面に仮想の均一な平面を作り出して仮想面に沿ってカンナで木材を削りだす電気カンナであれば、木材が均一な厚みではなくてもきれいにカンナで平面を保って木を削りだすことが出来ます。

なお、電気カンナを使う場合の用途はほとんどが木材の表面をなめらかにして削りだす作業に限定されており、その他の作業に電気カンナが使われることはまずありません。 用途は限定される電気カンナですが、手の感覚だけに頼らないで均一に木材の表面を削りだすことが出来る、というメリットがあり、現在では多くの人が電気カンナを利用して木材の削り出しを行っています。

○電気カンナの選び方について

電気カンナを選ぶときには、自分が行う作業がどのような用途なのかに合わせて電気カンナを選ぶとよいでしょう。 具体的には、電気カンナの刃の幅にあたる切削幅が82mmから300mmと幅広いため、作業によって切削幅の違う電気カンナを選ぶことをおすすめします。

通常は一番狭い幅の82mm、110mm、120mmの3種類のうちどれかを選んでおけば、ある程度の作業には対応することが出来ます。 もし、角材を主に加工するのであれば最小の82mmで十分ですし、2×4の木材を使うことが多ければ板の幅の89mmに合わせて切削幅が110mmの電気カンナを選ぶことで一気に木材を削りだすことが可能となります。

上記の範囲内であればおおむね本体部分が4kg以下に収まりますので、取り回しやすさを重点するのであれば軽い重量の電気カンナを購入することをおすすめします。 また、電気カンナを選ぶ際には刃が研磨式か替刃式かも選択する上では重要なポイントの一つです。 研磨式は従来の刃を研磨しながら使い続けてゆくタイプで、替刃式は歯の上部だけが取り替えることが出来る仕様となっています。

また、切削クズを自動で吸い込んでくれる集じんタイプの電気カンナも存在しており、こちらも切削クズを出来るだけ出したくない現場には向いている機種となります。

○電気カンナのメンテナンス方法について

電気カンナをメンテナンスする際には、刃の方式が研磨式か替刃式かでメンテナンス方法が異なってきます。 替刃式の場合には切削面がなめらかさを失ってきたり、刃が木材にひっかかるようになってきたら、刃を交換してください。

研磨式の場合には刃を取り替えることはせず、自分で専用のキットを購入して刃を研磨するか、もしくは専門の業者に有料で刃を研いでもらうとよいでしょう。 研磨式の刃は替刃式ではないものの取り替えることが出来ますので、研磨式の刃が切れなくなってきた場合には、とりあえず刃を新しいものに交換して、外した刃をじっくりと研磨してゆくことをおすすめします。

なぜなら、研磨式の電気カンナの刃を均一にきれいに研いでゆくのは技術を要するため、慣れない人が研磨式の電気カンナの刃を研いでしまうと刃が逆にでこぼこの状態になってしまったり、刃こぼれを起こす原因となってしまうケースが多いためです。

また、研磨式の刃を取り替える際にはドライバーやボックスレンチ、ブレードゲージなどの各種の工具が必要となりますので、研磨式の電気カンナの刃を取り替える作業も専門の業者や専門店の担当者に依頼することで、より確実の刃の付け替え作業が出来るようになります。