神奈川で電動工具を高く売る&高価買取ならツールオフ

西神奈川店

神奈川の歴史~京浜工業地帯で培われた職人工具~

神奈川県は、川崎市、横浜氏を中心に京浜工業地帯として栄えた歴史を持ちます。太平洋ベルトの中核となって日本の産業を支えてきた京浜工業地帯では、主に鉄鋼をはじめとする重化学工業、食品や繊維などの軽工業が発展してきました。
近年では大規模工業地帯の多くで埋め立て・埋め戻しが行われ、港街となる横浜市では工業地帯の名残りを残す「みなとみらい」や「赤レンガ倉庫」などが観光名所としても知られています。

このように、大規模工業地帯から商業施設の開発が手掛けられてきた背景では、地元に根付いた職人の工具も鉄鋼・金属加工をメインとするものから建設をメインにするものへと移り変わっていきました。

神奈川県の工具買い取りなら「ツールオフ 大田・川崎店へ」

ツールオフ大田・川崎店

ツールオフ大田・川崎店の電動工具・最新買い取り実績

買い取り中
0120590220

「ツールオフ」店舗一覧

0120590220

横浜の工具事情

横浜周辺では、貿易港・工業港・客船ターミナルとしての工業が盛んに行われてきましたが、その後、商業施設や住宅建設を行う職人の需要が高まり、必要とされる工具にも変化が見られるようになりました。
現在では、大工仕事では欠かせない高圧釘打機やハンマードリル、インパクトドライバなどの仕事効率を高める工具が主に取り扱われています。

横浜市の工具買取事例では、職人御用達メーカーのマキタ製工具(マルノコ、仕上釘打ブラッドネイル、エア釘打、小型ミゾキリ)が頻繁に買取されています。買取価格は状態やグレードによっても変動しますが、1,000~7,000円ほどが相場です。
そのほか、外仕事での電源供給に欠かせないエンジンコンプレッサーも需要があり、10万円前後で買取されているようです。

川崎の工具事情

川崎は、主に工業港として栄え、重工業から軽工業まで幅広いジャンルの職人が混在していた地域です。現代では日本有数の鉄鋼、石油化学、食品企業などを除いて多くの工場地帯が埋め戻され、川崎市内の大半では商業施設や住宅を中心とする開発が進められてきました。

このような背景から、川崎市ではコンクリートハンマーやインパクトドリルをはじめとする穴開け工具やハツリ工具、研磨や切削を行うためのグラインダーやミゾキリなどが多く買取されています。買取価格は工具の種類や付属品の有無によっても変動しますが、数千円~10,000円ほどが相場となっています。工業から土工まで幅広い用途の電動工具が必要とされる地域なので、買取依頼を出す際は店舗によって異なる買取強化品目を事前に確認しておきましょう。

相模原の工具事情

八王子と隣接する相模原では、主に自動車部品製造が盛んに行われてきたエリアです。また、都心へのアクセスが容易な相模原は、神奈川県屈指のベッドタウンとしても知られ、現在では各種商業施設、学校、高層マンションや住宅街なども多く点在しています。

このような背景から、相模原では交通網開発に扱われる電材・電設資材や、インバータ発電機、住宅設備品が積極的に買取されています。そのほか、コンプレッサーやインパクトドライバ、プレートコンパクター・ランマも買取需要の高い電動工具です。

買取価格は付属品や箱の有無、状態によって変動しますが、他のエリアと大きな差はありません。査定に持ち込まれる工具の多くは仕様歴がある中古品がほとんどですが、未使用品や新品が持ち込まれた際は、高価買取を行う店舗が多くなっています。
また、複数の電動工具をまとめて査定できれば1点ずつの査定よりも高価買取を期待でき、事前にメンテナンス・清掃していれば買取価格が高くなる傾向があります。

エリアや店舗によって買取強化中の電動工具は異なるため、買取前に自身が住むエリアで人気の電動工具を確認しておきましょう。一般的に、販売が強化されている電動工具は買取需要も高い傾向があります。そのため、電動工具を売却する際は、店舗で実際に販売されている人気の工具をチェックしてみるのがおすすめです。

0120590220