電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • ご相談・ご質問なんでもお問い合わせください
  • LINEでも受付中!
ルータ買取強化中 ルータ買取強化中

ルータ買取なら「ツールオフ」へ

電動工具の中でも溝堀等に特化したのがルータ。
ツールオフには、あなたのルータを
まだまだ活躍できる工具へと見事に蘇らせる、熟練整備士たちがいます。
「もう使わなくなった…」「買取ってもらえなかった…」など、
そんなルータも、きちんと査定します。
高額買取、無料査定は、ツールオフ。

TOP >  電動工具買取専門ページ >  ルータ買取

LINE査定3000円現金キャッシュバック

高く買い取ります! 買取強化中のルータ

  • BOSCH1619EVS最高8,000円
  • makita3709最高10,000円
  • makitaRP2301FC最高22,000円
  • makitaRF1101最高17,000円
  • RYOBIR-330NS最高21,000円
  • 日立M8V2最高13,500円
  • 日立M12BA最高16,000円
  • 日立M12VC最高12,000円

ツールオフはオリンピック需要で

ルータ高額買取中!

ルータの 買取速報マガジン!

もっと見る
ルータの 買取価格自信あり!

品薄の商品や未使用品でもコンディションの良い商品は更に高額で買取できます!
例)マキタ ルータ RP2301FC

A社
18,5.00円
B社
19,000円
C社
20,000円
ツールオフ買取実績
25,000円

ルータは電動工具の中でも溝堀などに特化した工具で、高い人気を誇る工具です。
だからこそ買取業者によって価格に大きな差が生まれやすくなります。希少価値が高い限定商品だけではなく、定番商品や最新作に至るまで、
業界トップクラスの実績を記録する「ツールオフ」なら、驚くほど高い買取金額をご提示することができます。売却の際は是非当店をご利用下さいませ。

多くのベテラン整備士の存在により
実現する高価買取

お買取りさせて頂いた電動工具の約6割の商品は常にメンテナンスが必要な商品です。例え未使用品であっても動作確認が必要な商品もあります。次にご使用いただくお客様に販売させて頂く前には定期的なメンテナンスが必要になってきます。当社ではそのメンテナンスを社内で内製化しており、中にはこの道40年ベテランの整備士も在籍しております。
通常では外部のメーカーや専門業者でなければ修理することができない電動工具も「ツールオフ」ののベテラン整備士により修復・管理が可能です。その外注費用を抑えることが出来るためお客様への買取価格を高く提示させて頂くことが出来るのです。

修理費や維持管理費を「ツールオフ」なら内製化で大幅削減!
だから、他社よりも高額買取!

ルータは買取強化中の商品です! 高価買取ランキング

1位
詳細情報

最高値¥25,000円

マキタ makita

ルータ RP2301FC
卓越した操作性と作業性が人気のモデルです!
新品中古問わず高額買取対象となっています!

2位
詳細情報

最高値¥20,000円

日立 HITACHI

ルータ M12V2
回転数の変速操作が可能な人気モデルです!
安定した高額買取対象が望めます!

3位
詳細情報

最高値¥9,000円

リョービ RYOBI

ルータ TRE-55
フィードバック回路を搭載した人気モデルです!
状態により高額買取対象となります!

ルータ買取価格表

マキタ
商品名
買取価格
3707F
11,000円
3600HA
19,000円
RP0910
11,000円
RP1801
20,000円
日立
商品名
買取価格
M12V2
20,000円
M12VE
18,000円
M8V2
13,000円
M16YA
24,000円
リョービ
商品名
買取価格
TRE-40
6,000円
TRE-60V
13,000円

ルータなら
全メーカー買取対象です!

売りたいメーカーについて詳しく見る

マキタ ルータ
マキタ買取
日立 ルータ
日立買取
リョービ
リョービ買取
ボッシュ買取
高儀買取
柳瀬買取
買取強化中のルータ

【マキタ】・3707F・3600HA・RP0910・RP1801
【日立】・M12V2・M12VE・M8V2・M16YA
【リョービ】・HL-6A・TRE-60V・AP-10N
【ボッシュ】・1617EVSPK
【高儀】・RT-100・PRT-600SCA
【柳瀬】・YWE-B・YWE-L・YWE-M

ルータ買取について よくあるご質問。

Qセットになってなくてもお買取りしてもらえますか?本体だけでも買い取ってもらえますか?
本体だけでもお買取り可能です!その他付属品のバッテリーや充電器も単体でお買取り可能です。
特に充電器は必要以上に手元に残る事が多いと思いますので、ぜひお売り下さい。
その際、未使用の状態と1回でも使用してしまった場合とで金額に差ができてしまいますので、極力未使用のままお持ちください。
Qどのようなルータが高く買い取ってもらえますか?
型式では最新モデルが最も高く、限定モデルも高値がつきやすくなります。
本体状態に加えて、替え刃の種類が多い状態でお持ちいただくと買取額が上がりやすくなります。
Qメーカーによって買取金額に差はありますか?
メーカーによる買取金額の差はございます。メーカー、型式によって影響される事が多いです。
どのメーカーでも共通して、最新モデルから型落ちするほど買取相場が下落してゆきます。
しかし、ユーザーの多いマキタや日立などは多少型落ちしても高額買取されます。
更に今なら

おまとめ査定 インパクトドライバー+もう1点以上の買取で
買取価格 最大12%アップ!

例えば・・・

インパクトドライバー

30,000円
+

エアコンプレッサー

90,000円
+

釘打ち機

50,000円
+

発電機

70,000円

通常の単品での買取金額合計

=240,000円

おまとめ査定なら

=254,400円

14,000円得!!

こんな商品も買い取ります!

  • インパクトドライバー

  • ドライバドリル

  • 電動マルノコ

  • 釘打ち機

  • 電動カンナ

  • エアコンプレッサー

  • 発電機

  • 墨だし器

  • スナップオン

  • 油圧工具

  • ウィンチ

  • ランマ

  • VVFケーブル

  • 住宅設備品

  • バッテリー

ご質問やご相談がある方は
お気軽にお電話下さい!

0120-590-220

ツールオフがルータの買取で 選ばれる理由

1ルーターとは!
ルーターは、木材の面取り・ホゾつくり・溝切り・切断をする為の木工用電動工具です。トリマの大型のもので両手持ちのタイプになります。大型なので重切削型の太いビットが使えます。
こちらの商品も木材を削る為、木材の削りかす、木くずなどが大量についていたり、カバーが無くなってしまったりという場合も多くあるかと思われます。
ツールオフなら、一般のお客様、大工さんなどの本職のお客様、そして海外にも輸出販売しておりますので幅広い販路がございます。その為、動作確認させて頂ききちんとお買取りさせて頂きます。
2店舗ごとの特徴!
現在関東にツールオフは6店舗ございます。本店である埼玉県の川越店。浦和店。東京都の八王子店。西東京店。神奈川県の川崎店。群馬県の高崎店です。それぞれ、店舗ごとに流通の多い商品、人気がある商品、お持ち込みが多い商品など、店舗によって強い商品が違ってきます。
その為、何店舗も訪ねて下さるお客様も多くいらっしゃいます。「あっちのお店にはこれが多くあったけど、こっちの店にはこれが多いね。」「ここの店舗はこの在庫の種類が豊富で迷っちゃうよ。」という嬉しい感想を頂く事も多々ございます。
その為、各店舗ごとに在庫が異なるので、お買取強化商材が異なっていたり、イベントを開催していたりと、それぞれ特徴がございます。在庫が品薄の商品などは特に、高額査定になりやすい場合がございます。
3ヤフオク出品!
ツールオフではヤフオク!にも商品を出品しておりますので、全国のお客様に見て頂いております。その為、珍しい商品を扱っている、この工具も買い取ってもらえるかも、とヤフオクを見てお電話下さるお客様も多くいらっしゃいます。
実際、ヤフオクに出品している商品はツールオフでお買取りした商品ですので、お持ち込み頂いたり、宅配買取、出張買取などでお買取りさせて頂いた商品になります。
定休日は基本的に年末年始のみとなっておりますので、営業時間内であればお買取りの対応をさせて頂いております。オークションサイトに出品するのが面倒、今すぐお金に換えたい、処分したいけど捨て方が分からない、一度当店までお持ち下さい。
販路が広いので特殊な工具も販売に繋げることが出来ます。工具の処分に関してお悩みであれば、是非当店にご相談ください。お電話口でもだいたいのお買取り金額を査定させて頂く事が可能ですので、お気軽にご利用ください。

買取に必要な書類

買取の際は本人必要書類のみお持ち下さい
身分証明書として利用可能なもの

運転免許証、健康保険証、パスポート、
外国人登録証明書(在留カード、特別永住者証明書)

※18歳未満のお客様からのお買取りはご遠慮させて頂いております。


埼玉県エリア
店舗名
ツールオフ川越店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
0120-590-220
住所
〒350-0001
埼玉県川越市大字古谷上3819-8
駐車場
有 14台
ツールオフ川越店|埼玉県の詳細はこちら>>>>>
店舗名
ツールオフ草加店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
048-915-7821
住所
〒340-0044
埼玉県草加市花栗3-20-45
駐車場
ツールオフ草加店|埼玉県の詳細はこちら>>>>>
東京都エリア
店舗名
ツールオフ八王子店
営業時間
10:30~20:00
電話番号
0120-540-385
住所
〒192-0012
東京都八王子市左入町371-1
駐車場
有 4台
ツールオフ八王子店|東京都の詳細はこちら>>>>>
店舗名
ツールオフ西東京店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-453
住所
〒202-0022
東京都西東京市柳沢5-15-33
駐車場
ツールオフ西東京店|東京都の詳細はこちら>>>>>
神奈川県エリア
店舗名
ツールオフ川崎店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-521
住所
〒212-0005
神奈川県川崎市幸区戸手2-2-1
エミネンス御幸101
駐車場
ツールオフ川崎店|神奈川県の詳細はこちら>>>>>
店舗名
ツールオフ横浜店
営業時間
10:00~20:00
電話番号
045-530-5095
住所
〒227-0044
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野1-10
駐車場
ツールオフ横浜店|神奈川県の詳細はこちら>>>>>
群馬県エリア
店舗名
ツールオフ高崎店
営業時間
10:00~19:30
電話番号
0120-540-248
住所
〒370-0854
群馬県高崎市下之城町179-4
駐車場
有 9台
ツールオフ高崎店|群馬県の詳細はこちら>>>>>

▼近くに店舗がない方はコチラ

  • 出張買取
  • 宅配買取

高価買取に自信があります! お客様の”驚き”の声!

30代男性
こんなものが売れたのでビックリです!
ドライバが必要になって工具箱の中を見たら、見慣れない半田ごてのようなものが入っていました。調べてみるとルータという木材を削る為の工具のようで、恐らく生前に祖父が趣味の為に使っていたものです。
さすがに私には不要なので、捨ててしまおうかとも思いましたが、珍しい工具なのでもしかしたら売れるのではないかと工具の買い取りをしてくれるお店を探して、ツールオフを見付けました。
早速持って行くと、すぐに動作チェックをしてくれて、そのまま現金で買取ってもらえました。こんなにあっさりと売れてしまったので驚きです。店員さんの対応もすごく良かったので、機会があればまた何か持って来ようと思っています。
50代男性
高く買ってくれて感謝です!
仕事柄、同製品をいくつかまとめて購入することがあるのですが、誤ってハンディルータを必要な数より多く買ってしまい、その分の処分に困っていました。
そこで、以前に大型の工具を売却したことがあるツールオフに聞いてみたところ、問題なく買取ってもらえると言われたので、ここで引き取ってもらいました。
箱に入ったままの新品だったこともあって、結構高く買ってくれました。お陰で発注ミスのダメージがいくらか軽くなりました。このお店には前からお世話になっていますが、こと工具に関しては改めて頼りになる存在だと思いました。
40代男性
当日でも快く対応してくれました!
業務用ルータを新しいものと買い換えることになり、現在のものを買ってくれる先を探していたところ、ツールオフのホームページを見付けました。問い合わせてみたところ、とても丁寧に答えてくれて、まず見せて欲しいと言われたので早速車でお店まで運んだのですが、電話をした当日でも快く対応してくれました。
さすがは工具の専門店で、その場で買取をしてもらえました。思ったより使わないものを会社に眠らせておいてもしょうがないので、それなりのお金になってとても満足です。

電動のルーターについて

電動のルーターとは、英語で「ROUTE」、つまり溝切りやホゾを切る作業、また、切断加工を行う機械のことを指します。 溝切りやホゾ切りについてはほかにも電動のトリマやミニルーターなどでも行うことが可能ですが、電動のルーターは特に溝切りを得意としている点が特徴となります。 また、電動のルーターはミニルーターなどの機械と異なり、両手で持つことが前提とされているサイズのため、パワーもミニルーターよりも高くなります。

電動のルーターには、主に「リング型」と「プランジ型」という2つの種類があります。 「リング型」の電動ルーターは目盛りが付いているリングを回し、本体部分を上下に調節出来るタイプで作りが頑強なため安定した切削を行うことが出来ます。 「プランジ型」の電動ルーターは本体部分に2本のパイプとバネがついており、パイプとバネを使って本体をスライドさせて作業を行うタイプで素早く溝切りの深さが設定出来る、という特徴があります。

現在では、「リング型」よりも「プランジ型」の方が取り回しやすいとして「プランジ型」が電動ルーターの主流になっています。 電動ルーターは両手で使うことを前提としているため、細かい作業を行うときにはあまり大きすぎる電動のルーターを使うと作業効率が落ちてしまいますので、注意しましょう。

電動のルーターの選び方

電動のルーターを選ぶ際には、トリマビットの大きさによって出来る作業が異なるため、木材の溝切りをしたい場合には溝切りに特化した電動のルーターを使うことによって、効率よく作業を進めることが出来ます。 特に、電動ルーターが活躍する場面は、木材に深い溝切りをする場面で、深い溝を木材に切り込んでゆきたいときには電動ルーターが使用されます。

さらに、特に太いビットを用いて深く溝切りをしたいときには大型の電動ルーターを使う必要があります。ビットの太さは軸径が6mm、8mm、12mmの3種類がありますが、大型の電動ルーターであれば上記3種類のビットをすべて使うことが可能です。 また、電動トリマのビットのほとんどが軸径を6mmを基準として作られているため、6mmのビットを特にトリマービットと呼んで区別しています。

電動ルーターを使う際には、大型の電動ルーターは5kg以上の重量となって取り回しも専門性が要求されますが、特に内装工事や大型の家具を加工する際には大型の電動ルーターを使うことで効率よく作業をすすめることが可能となります。

ただし、大型の電動ルーターを使用しなくてもよい作業の場合には、電動トリマを使った方が効率的なケースもありますので、場面に合わせてルーターかトリマ、どちらを使うかを判断しましょう。

電動のルーターのメンテナンス方法について

電動ルーターをメンテナンスする際には、特に本体下部にあるチップディレクターに溜まった切削クズをきれいに取り除いてあげることが大切です。

チップディレクターは切削クズを作業中に飛散させないために必要な機構ですが、チップディレクターに切削クズが溜まりすぎると機械内部で切削クズが詰まってしまい、詰まりが原因で駆動部分の故障が発生するなど、さまざまな悪影響をおよぼすおそれがあります。電動ルーターをメンテナンスする際には、まずチップディレクターに溜まった切削クズをきれいに取り除くようにしましょう。

また、同じ理由で切削時の深さを調節する目盛り部分にも切削クズが入り込んでしまうと目盛りの精度が落ちる原因となりますので、メンテナンス時には目盛りの奥に切削クズがないかを確かめておくことをおすすめします。

そして、意外と見落としがちなのが、電動ルーターをスライドさせて動かすスライドポールと呼ばれる部分であり、スライドポールに切削クズやホコリが溜まってしまうと、電動ルーターを作業中にスムーズに動かせなくなるほか、ポールに切削クズが挟まっていると電動ルーターを安定して使うことが出来なくなり事故につながってしまう危険性がありますので、スライドポールもメンテナンスできれいに清掃しておく必要があります。

超解説!正しい電動工具の使い方~電子ルーター編~

電子ルーターとは
電子ルーターは、机などの木材素材の面取りや、ホゾつくり、溝切り、場合によっては切断をする為の電動工具です。いわゆる「のみ(鑿)」(木材を切削するハンドツール)を電動タイプにした工具である、ということができます。 一般に「リング型」と「プランジ型」の2つに分類されます。 「リング型」というのは目盛り付きのリングを回転させることで、本体を上下に微調整し深さを調整するタイプで、時間はかかりますが精密な深さで切削ができます。 一方の「プランジ型」は2本のパイプとバネで、本体をスライドさせ深さを調整するタイプです。 手早さが特徴で、こちらのほうが一般向けには出回っているようです。

「電動トリマー」との違いは?
同じように木材を削って加工する電動工具に「電動トリマー」があります。 トリマーと比べた「ルーター」の違いは、両手で持って作業をする点と「溝切り」に重点を置いていることです。(トリマーは6mm程度までのビットなのに対し、ルーターは12mm位までの比較的重切削型の太いビットが使えます)

電動ルーターを使うときの基本的な手順

1.ビットを取り付け、作業の深さを調整する。
危険ですので必ず電源を抜いた状態で作業を行うようにしましょう。 目的別に使用したいビットを本体に取り付けます。 ビットはできるだけ深くかませて、取り付けたほうが安定します。 ※取り付け時の動作は機種により若干異なるので説明書を参照してください。
次にビットの加工の深さを調節します。 一般的にはルーターにはプランジング機能というのが付いていて、ルーターのボディは上下するようになっているのでそれを利用します。 最初にビットの加工深さを正確に調節しておくと、ボディをぐっと押し下げることで、あらかじめ設定した深さまで彫り込んでストップするようになっています。

2.両手で押し付けて作業を開始する
加工する木材の上ににルーターを置き、スイッチを入れてビットが回転し始めたら、本体を加工材に両手で押し付けて、作業を進めていきます。 一般には押し付ける手を緩めるとプランジング機能によって本体が上がり、ビットが材料から離れて作業が停止するようになっています。

3.回転方向と進行方向に注意して進める。
ルーターのビットは基本的に右回転です。ルーターを素材の上で動かしていく方向としては、ビットが回転して、上から木材を掘り込んでいく方向と、同じ方向に移動するのが鉄則です。逆方向(下からえぐり出していく方向)に動かしてしまうと、ビットが素材に引っかかってキックバックを起こす場合があるので注意しましょう。

電動ルーターを使うときの注意点とは

作業をする方向に注意しましょう
上記のルーターの回転を考慮すると木材(机など)に溝などの加工をする場合の定石としては、
「外側を加工する場合は左回り(反時計回り)
「内側(くりぬいた)を加工する場合は右回り(時計回り)
が原則となります。 ビットの回転する方向の目視と説明書なども参照しつつ、正しい方向に動かすようにしてください。