電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  集塵・ブロワ・園芸工具  >  バリカン  > 

「ツールオフ」の最新!実績

バリカンは手軽に使えることから家庭用としても人気があります。ちょっとしたお庭のお手入れや大掛かりな剪定まで幅広く使用できます。 扱う方の幅が広い分、買取取引の多い工具になります。 価格帯の幅も広く、お手頃に購入できるものも多くあります。

ハンドタイプ、高枝タイプ、先端に装着する刃の種類を選べるものなど様々な種類がありますが、当店はメーカー問わず全種類お買取り可能です。 本体の造りがシンプルである為、動作が良好な事、嫌な音がしたり違和感のある動きなどがない事が買取条件になります。事前に通電確認をしてからお持ち込み頂く事をお勧めします。

また、剪定に使用する用途柄汚れやすいので、使用後に清掃し詰まりなどを除く事で長く使用する事ができます。買取の差異にも、清掃してからお持ちいただくと査定金額をアップさせて頂くことが可能です。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○園芸用電動バリカンとは

園芸用の電動バリカンは、簡単に高い木の枝を剪定したり、時間のかかる刈込作業をあっという間に行うことができる便利な道具です。何種類もハサミを用意しなくても、ブレードを替えるだけで、用途に合わせた庭のお手入れができます。

園芸用の電動バリカンには充電式のコードレスタイプもあり、剪定中にコードが邪魔になる、近くに電源がないので使えないといった悩みをを解消し、作業の範囲を広げることができます。女性でも扱いやすい軽量タイプも多くあります。 エンジン式は、パワーがありますが重たいので、慣れないうちは長時間使用していると、腰が痛くなる事もあります。 コード式は、充電式よりも本体価格が安く連続して作業する事ができますが、コードが足に絡まったり、コードが足りなくなるなど制約がついてまわります。家庭で使用するのであれば、軽量の充電式が取り回しも良くおすすめです。

背が高くなって電線に枝がかかってしまった木の枝を剪定したり、伸びてだらしなくなってきた生垣の刈込みなどに使用する他にも、人気のトピアリーを楽しむこともできますし、プロの職人さんに剪定を依頼するよりも費用を抑えることもできます。使用時は、用途に合わせたブレードを用いて、刈込み過ぎないように気を付けます。使い終わったら、刃に付いた汚れを落として、切れ味が悪くならないようにしましょう。

○園芸用電動バリカンはメーカーによって違うのか

充電式のバリカンは、生垣の剪定や玉造、トピアリーなど小さなお庭に向いています。充電時間約は30分で、1時間前後使用することができます。そして、エンジン式は長い生垣の剪定など、庭が広い場合に適しています。プロも使用する本格的なタイプですが、重たい上にガソリンを使用するのでニオイがあります。コード式も延長コードを使えば、ある程度遠くまで使用することができます。コードを切断したり、巻き付かないように気を付ける必要がありますが、バッテリー残量にとらわれず長時間連続して使用することができます。

・日立 特殊樹脂で、低振動・低騒音を実現したバリカンは、手軽にブレードを交換することができます。ハンドルが、手に負担がかかりにくい設計になっています。手を守るためのプロテクタも付いています。

・マキタ 二重構造で振動が少なく、疲れにくい設計です。刃は、特殊コーティングされているので、ヤニが付着しにくくなっていてお手入れが簡単です。

・リョービ 周囲や時間帯を気にせず作業できる超低騒音と、手に伝わる不快な振動を抑えたグリップそして、軽量でバランスが取れているため使いやすいです。

・ムサシ 伸縮性があるため、手の届かない高い場所でも楽に剪定することができます。通常の剪定用としても使えて便利です。

○園芸用電動バリカンのお手入れ方法

園芸用電動バリカンは、切れ味が悪くなると葉をきれいに刈ることができなり、植物を傷めてしまいます。使用後の機械の中は、細かい草小石などの汚れが詰まりがちです。刃を外して、目立てヤスリで磨いていくと刃がきれいになって切れやすくなります。磨いた後は、仕上げにグリースを塗ります。それから、駆動部に塗布されているグリースを乾いた布か、マイナスドライバーで拭き取り補充することで、使用時の振動を抑えることができます。グリースは、ホームセンターで、専用のものが売られています。

・日立 ブレードは、鉄ヤスリを使って研いでから、自転車油などでコーティングします。樹液が付いた場合は、油を染み込ませた布で汚れを拭きます。ネジの緩みがないか定期的に点検し、安全を確保します。本体は、石鹸水を付けた布で拭きます。

・マキタ 本体の汚れは、乾いた布で拭きます。汚れが目立つ場合は、石鹸水を布に付けてから拭きます。ベンジンなどを使用すると、変色や変形などを引き起こしてしまいます。

・リョービ リョービの刃物クリーナーは、油汚れやタンパク汚れに対して、強い洗浄効果があります。100%水でできているので、非常にエコな商品です。