電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  重機  >  ユンボ  > 

「ツールオフ」の最新!実績

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

ユンボは原動機と走行装置を有する機体上に、油圧シリンダーにより作動するアームの先端にバケットを取り付けて、土砂地山などを掘削、整地する自走式建設機械です。 バケットを機体側に引き寄せる方向に動かして作業するタイプの油圧ショベルで、後ろ向きにバケットが取り付けられているのが特徴です。

ユンボという名称はレンタルのニッケンの登録商標であり、油圧ショベル、バックホウという名称でも呼ばれています。主要メーカーはコマツ、住友、TCM、ヤンマー、クボタなどです。%/p

% 査定の際は、年式、型式、許重量、アワーメーター、エンジン状態、油圧動作状態などは買取額に大きく影響する要素です。他、実際の走行状態やアームの油圧漏れ、バケットの亀裂などが無いかなども大事な確認事項となります。

また特自検による点検が行われているものなどは、高額査定の対象となってきます。 重機は査定の際は、見るべき点が多いため、事前の動作確認や清掃、メンテナンスはそのまま買取額アップに繋がりますので、ぜひ行って頂きたいです。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○ユンボについての知識を得よう

ユンボとは主に工事現場などで使用されることになる重機の名称であり、元々はユンボ社が製造販売していたものをユンボと呼びます。ユンボという呼び名は本来ユンボ社の重機のブランド名だったため、正式にはパワーショベルや油圧ショベルと呼ぶのが正式な呼び名となります。

ユンボの特徴としては本体に大きなアームが取り付けられており、それを使用して土などを掘り起こすと言った作業に使用されます。種類としてはバケットのついている向きにより種類が異なっており、運転席から見て前向きにバケットが付いているものをパワーショベル、逆向きについているものをバックホーと呼びます。

基本的には移動する際にキャタピラで移動をするのですが、種類によっては車のようなタイヤが付いているものも存在しており、それに関してはポークレンという種類になります。大きさでも種類が多数存在しており、大型のものはパワーショベル、小型のものはミニパワーショベルやミニユンボと言った呼び名で呼ばれることも有ります。

主な用途は穴を掘ることや大きな岩などをアームとバケットで取り除くといった作業を行なったり、アームに物を吊るして移動すると言った用途にも使用されます。使用時の注意事項としては、ユンボやバックホーは専用の資格免許が必要となりますし、重さによって免許が異なっているので操縦するユンボのサイズによって免許取得を行う必要があります。

○ユンボを選ぶ際のポイントとは?

ユンボを選ぶ際にはどういった場所で使用するのかを明確にしたうえで機種を選択する必要があります。何故ならユンボを使用する場合、大きければそれだけ一度に出来る作業ははかどりますが、現場に入れないようなユンボでは全く意味を成さないためです。 逆に作業エリアが広い場所で小さなミニユンボなどで作業を行った場合、何度も作業を繰り返す必要があるためこの場合も作業効率が大きく低下してしまいます。

ユンボには重さや大きさにより種類が数多くありますので、作業をする場所の広さや掘る場所の地盤の固さなどに応じてユンボを適切に選択することが重要となります。 それとメーカーによっても大きさによっても操作する際の操作感や動きが異なるので、出来るだけ同じメーカーのユンボで統一すると言ったこともユンボを選ぶ際のポイントとなるでしょう。

作業する環境によって通常のユンボなのか、それともバックホーのような種類なのかを考えることも必要ですし、地面が安定しているのであればタイヤ付きの機種を選択するほうが移動にかかる時間も短縮でき作業効率が大幅にアップするでしょう。そのためまずはユンボの種類を正しく知り、自分の作業する場所に適しているのはどれかを選択できるように知識を得ることが重要です。

○ユンボのメンテナンス方法とは?

ユンボは非常に頑丈で長時間の作業にも耐えられる重機ですが、日々のメンテナンスを行わないとユンボの状態が少しずつ悪くなっていくことも考えられます。

基本的にユンボは油圧を使用してアームを動かしているため、その部分のメンテナンスはとても重要な意味を持つことになります。 通常は使用した後に可動部に対しグリスなどを充填し動きを滑らかな状態に保つ必要があります。

キャタピラなどが緩んでいないか、タイヤの場合はタイヤに問題が無いかといった確認も行わなければいけません。バケットに関してはもっとも作業の上で重要な場所であるとともに、ダメージも蓄積しやすい場所なので、取り付けてある部品などに劣化は無いか、取り付けボルトなどに緩みや破損はないかを必ず確認する必要があります。確認を怠ると大きな事故に繋がる恐れもありますし、無理をしてユンボを壊してしまうことにも繋がります。 その為各部の点検に関しては、毎日でも行うことがユンボを長持ちさせるポイントとなります。

また、ユンボを動かすための作動油の交換も重要な意味を持っており、作動油を交換することで内部の負荷を軽減しスムーズで滑らかな動きを維持することが出来ます。自分でメンテナンスするのが難しい場合は専門のお店に依頼してメンテナンスを行うことも必要でしょう。