電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  重機  >  バックホウ  > 

「ツールオフ」の最新!実績

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

バックホウは原動機と走行装置を有する機体上に、油圧シリンダーにより作動するアームの先端にバケットを取り付けて、土砂地山などを掘削、整地する自走式建設機械です。 バケットを機体側に引き寄せる方向に動かして作業するタイプの油圧ショベルで、後ろ向きにバケットが取り付けられているのが特徴です。他メーカーではユンボとも呼ばれています。

主要メーカーはコマツ、住友などです。メーカーによっては名称に違いがある事もあり、実際の販売メーカーは多岐に渡ります。 査定の際は、年式、型式、許重量、アワーメーター、エンジン状態、油圧動作状態などは買取額に大きく影響する要素です。他、実際の走行状態やアームの油圧漏れ、バケットの亀裂などが無いかなども大事な確認事項となります。

また特自検による点検が行われているものなどは、高額査定の対象となってきます。 重機は査定の際は、見るべき点が多いため、事前の動作確認や清掃、メンテナンスはそのまま買取額アップに繋がりますので、ぜひ行って頂きたいです。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○重機のバックホウについて

バックホウとは、油圧式ショベルと呼ばれる重機のうち、特にバケットであるショベル部分が操縦者側に向いているショベルカーのことを指します。 バックホウは別名をドラグショベルとも呼び、ショベルは操縦者であるオペレーター側に向かって抱え込むように引き寄せて操作を行うのが特徴です。 バックホウは特に地表の表面よりも低い位置にある土砂や対象物を掘削してすくう作業を行うのに適しています。

バックホウはアタッチメントと呼ばれるショベルおよびバケットの付け替えを行うことでさまざまな作業に対応することが出来、バックホウの下向きのショベルを上向きのものに付け替えることでオペレーターとは逆の前方方向への押し上げ操作が可能となり、上向きにシャベルを付け替えた場合にはバックホウではなく「ローディングショベル」という呼び名になります。

バックホウの用途は土砂の掘削が主であり、名称も「油圧ショベル」や「ユンボ」、「パワーショベル」などの異なる呼び名が数多くありますが、実はバックホウや油圧ショベル、ユンボなどの重機には性能に違いがある訳ではなく、基本的な用途が掘削作業である点も同じであり、バックホウもいわゆる「ショベルカー」「油圧ショベル」に分類されます。

○バックホウの選び方について

バックホウを選ぶときには、まず最初に購入予定のバックホウが海外製のものか日本製のものかを見極める必要があります。と言うのも、海外製のバックホウは農耕用のトラクターから派生して誕生した重機であり、車体前面に土砂などを入れるローダー・バケット、車体後方にショベルを装備しているケースがほとんどのため、日本のバックホウとは根本的に作りが異なるからです。

日本においてはバックホウという名称がある重機はキャタピラーや車輪を備えており、なおかつ車体全体を旋回させることが出来るという特徴があり、日本のバックホウは海外では「エクスカベータ」という名称で呼ばれています。

このため、海外製の製品を購入するときにはバックホウではなく、エクスカベータを選択する必要があります。また、バックホウは主に土砂を掘削、運搬するための機械と思われがちですが、実は農業用途にも適しています。

農業用途や山林の整備用途でバックホウを購入する場合には、おおむね3トン以下の機体重量(作業装置や水、油を除いた車体重量)のものであれば十分に作業に対応することが出来ます。なお、バックホウは機体重量と機械重量があり、機体重量が2トンのものであれば機械重量は3トンを超えるケースもありますので、重量表示には注意して選択を行いましょう。

○バックホウのメンテナンス方法について

バックホウのメンテナンスをする際には、バックホウのトラブルでもかなり高い頻度で起きるエンジン周りのメンテナンスを最優先に行うことをおすすめします。

バックホウでは、主に燃料漏れが原因でエンジンが起動しなくなるトラブルが多発することが多いのです。この燃料漏れは、エンジンにガソリンを供給する通り道の燃料ホースに空気が混入してしまい、ガソリンに空気が混ざることによって燃焼不全がおき、エンジンがかからなくなってしまう不具合が発生します。

このエンジンのかからなくなる不具合を解消し事前に防ぐためには、燃料ホースのつなぎ目部分にあるパッキンを点検し、もしパッキンが古くなって変形やひび割れを起こしているようであれば、古いパッキンを取り外して新しいものに取り替えましょう。

また、エンジンの起動に不具合が発生しているときには、バックホウのマフラーを取り外してマフラーの内部のすすを取り除くことでエンジンの排気が良くなり、起動時の動作が正常に戻ることがあります。

このとき、マフラーのすすを取り除くと同時に、エンジン側に付着したすすも取り除くとさらに良いのですが、バックホウのメンテナンスは知識が必要なため、知識がない場合にはメーカーの販売店か専門の業者にメンテナンスを依頼するようにしましょう。