電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  重機  >  ショベルカー  > 

「ツールオフ」の最新!実績

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

  • Coming Soon...

ショベルカーは原動機と走行装置を有する機体上に、油圧シリンダーにより作動するアームの先端にバケットを取り付けて、土砂地山などを掘削、整地する自走式建設機械です。統一名称は油圧ショベルと呼ばれており、ショベルカーという名前は新聞やテレビなどマスコミで使われている呼び名で現場レベルではあまり使われない別称です。 主要メーカーはコマツのパワーショベルなどです。メーカーによって同一機体でも名称が違うことがありますが、他にも多数メーカーが販売しています。

査定の際は、年式、型式、許重量、アワーメーター、エンジン状態、油圧動作状態などは買取額に大きく影響する要素です。他、実際の走行状態やアームの油圧漏れ、バケットの亀裂などが無いかなども大事な確認事項となります。

また特自検による点検が行われているものなどは、高額査定の対象となってきます。 重機は査定の際は、見るべき点が多いため、事前の動作確認や清掃、メンテナンスはそのまま買取額アップに繋がりますので、ぜひ行って頂きたいです。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○ショベルカーについて

ショベルカーとは、油圧ショベルとも呼ばれ、動力となる原動機と走行装置である車体を有する機械のことを指します。 ショベルカーは屋外で土砂を掘削するときや整地する際に用いられることから、車の形をした掘削機、とも表現出来ます。

ショベルカーは名前にカー(車)という名詞がついているために車の一種と考えられがちですが、ショベルカーは正確には自動車の一種ではなく、大型の重機のひとつに分類されます。 ショベルカーを自動車に分類しない理由は、ショベルカーはそもそも公道を走る目的で作られておらず、専門の資格を取得した人のみが限定された用途で使用する重機となるためです。

また、ショベルカーは一般的な名称であり正式名称ではなく、前述したように油圧式ショベルが正しい呼び名となりますが、ショベルカーは製造元のメーカーや動作方式の違いによっても名称が異なります。

たとえば、パワーショベルは重機で有名なコマツの商品であり、ユンボはフランスの重機メーカーの商標となります。 ほかにも、バックホウやドラグショベル、ローディングショベルなどの呼び名がショベルカーにはありますが、「ショベルを使って掘削を行う」という点では、各種のショベルカーに大きな差はありません。

○ショベルカーの選び方

ショベルカーを購入する際には「パワーショベル」や「ユンボ」「バックホウ」を製造している「クボタ」「三菱重工」「日立建機」「ヤンマー」「加藤製作所」の5社の中から選ぶこととなるケースがほとんどです。

その理由は、日本国内では上記5社がショベルカーの代表的な製造元のメーカーのため、必然的に上の5社から性能や価格の違いを比べ、ショベルカーを選択することとなります。 ショベルカーの価格の差は主にどれだけの質量がショベルカーにあるかどうかで異なってきますが、最小クラスの質量890kg程度のショベルカーであれば定価は200万円から、最大クラスの質量82,700kgの超巨大ショベルカーの場合にはメーカーの希望小売価格は6700万円にもなり、価格にも開きが出てきます。

価格差が大きいショベルカーですが、購入時には上記のメーカー小売価格から値引きをしてくれる可能性もあります。 また、ミニショベルなどの比較的小型のショベルカーの場合、個人事業主向けの中古重機の販売サイトでショベルカーを購入することにより、新品の状態のショベルカーよりも安い、おおよそ3分の1から2分の1程度の値段で購入することが可能です。

○ショベルカーのメンテナンス方法について

ショベルカーをメンテンナンスする際には、さまざまな箇所の点検と清掃を行う必要があります。

メンテナンスでは、エンジンオイルが変色したり変な臭いがするなどの異常がないか、もし異常があればエンジンオイルを新しいものに変えておくほか、作業油の残量が減っていれば作業油を注ぎ足しておき、作業油が汚れて劣化しているようであれば新しい作業油に変えなければいけません。

また、作業油のフィルターも汚れやすい箇所のため、メンテナンスではかならず作業用フィルターが目詰まりしていないかどうかを確かめ、目詰まりしているようであれば新しい作業用フィルターを購入しましょう。

さらにシリンダ部分から油の液もれが発生していないか、ラジエーターは目詰まりしているかどうかを合わせてチェックし、目詰まりが発生している場合には、圧縮した空気や圧力をかけた水を噴出する洗浄機を利用してラジエーターの目詰まりを起こしている部分をきれいに清掃するようにしましょう。

もし、油の液もれがシリンダー部分やほかの部分から発生しているようであれば、出来るだけ早めにメーカーの販売店で点検および修理の依頼を行ってください。 最後に、鉄ゲタ部分やゴムクローラの張力を測り、もし張力が強すぎる場合には張り具合を調整するニップルをゆるめ、グリスをすべて抜き取ってからゲタ張り作業を行うようにしましょう。