電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  農機具  >  耕運機  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2

田畑を耕すために用いられる農機具が耕運機です。農家さんは、トラクターのアタッチメントを変えて、広大な土地を耕すのに利用しますが、ここ数年では、家庭菜園の流行に伴い、小型の耕運機が人気です。

ミニ耕運機とも呼ばれている商品になりますが、特徴としては、女性でも手軽に扱える重量、また、小回りが利くので、小さい土地でも容易に扱えます。 ミニ耕運機も種類が豊富で、「電動」「エンジン」「ガス」の3種類に分類されます。比較的安全に耕運機を利用したい方は、「電動」の耕運機をお勧めいたします。メンテナンスも、「エンジン」の耕運機と比較すると手間はさほどかかりません。

しかし、パワーで考えると「電動」より「エンジン」をお勧めいたします。人気のメーカーは「ヤンマー」「マメトラ農機」「クボタ」の耕運機は、商品の質から中古市場でも高額で取引されているメーカーになります。

①型番

②オイル漏れの有無

③付属品の有無

農機具に関しましては、動作に問題がないことが前提になりますが、特に②オイル漏れの有無が重要項目になります。お持込いただく前にご確認頂き、お問い合わせ頂く事でスムーズな買取が可能になります。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○耕運機選び方

耕運機は、メーカーによって性能が若干違います。例えば井関農機が販売している耕運機と、HONDAが販売している耕運機では、本当に微々たるところですがかき混ぜ方に違いがあり、上手に土を掘り返せるか違いが出ています。 爪の数が多くなっていたり、かき混ぜる効果を高めているタイプのメーカーがおすすめです。

種類別でも考えていくポイントがあります。一輪で行うタイプの耕運機、つまり一輪管理機は、プロの方が使うタイプです。ある程度なれないと、真っ直ぐに進めない為、家庭菜園用に使うには若干向いていません。ある程度大きな畑で利用します。

一方で家庭用に作られている小型管理機の場合は、土が柔らかいところで行う家庭菜園に向いています。一方で硬い土の場所では使えませので、土の状態によって変わってしまいます。これ以外に二輪管理機が販売されていますが、こちらはどのようなタイプでも向いていますし、初心者でも真っ直ぐ進めるために、土地が大きくても小さくても使えるタイプです。

スペックについては、主に用途にあった動力のものを選ぶと良いでしょう。ガソリンはパワーが必要な場所で、土が硬めに作られている場合に適しています。充電タイプはパワーが弱いので、柔らかいところで使ってください。ガスもやや弱い傾向があるので、硬い土では厳しいです。混合ガソリンを使う場合は、草刈機などと同様に、ある程度のパワーが出るので、比較的硬い土を掘るときにも便利です。

○耕運機メンテナンス方法○

耕運機を長く使い続けるためにはメンテナンスが重要です。 耕運機のエンジンオイルが古いままだとエンジンがかからない、オーバーヒートを起こすなどの不具合が出てしまいます。

一定期間ごとに給油栓と排油栓を外して古いエンジンオイルを抜き、上限メモリまで新しいエンジンオイルを補給しておきます。 農作業が終わった直後だとエンジンが熱くなっているために注意して下さい。 耕運機のエンジンをかけずに長期間経つと、エンジンがかかりにくいと言う不具合が出やすいです。 2サイクルエンジンは特にかかりにくくなるため、冬などで長期間使用しない場合はガソリンを抜いておいて下さい。

点火プラグの電極部分にすすが溜まるとエンジンがかかりにくくなります。 プラグキャップを外し、点火プラグを外してすすを取り除いて下さい。 掃除してもエンジンがかかりにくい時は新しい点火プラグへと交換して下さい。

エアクリーナが汚れると耕運機の性能が落ちることがあります。エアクリーナのカバーを外し、汚れを取り除いてください。カバーの内側に付いた汚れもきれいに落として下さい。 燃料ホースの劣化が進むと燃料漏れのリスクが高まります。 燃料ホースの確認を行った際、劣化や傷が見られたら新しい燃料ホースへと交換して下さい。