電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  農機具  >  トラクター  > 

「ツールオフ」の最新!実績

作物を作る際の土作りに、トラクターがあると作業効率が大幅にあがります。作物を植える前と、収穫が終わった後には土を耕す必要があります。耕す面積が広くなればなるほど、手作業では大変な重労働になります。便利であるものの新品で購入すると高価な為、中古のトラクター需要は非常に高く、買取額も高額になりやすい傾向があります。

トラクターとは、もともとはラテン語で「引く」を意味する言葉で、耕すことはもちろんですが、自走できないものを牽引することも出来ます。主に農家の方に大変重宝されており、中古市場でも高額で売買されている商品になりですので、ツールオフでも、高額で買取させていただく商品になります。査定する際の主な確認ポイントをご紹介します。

①使用時間/走行距離

②オイル漏れの有無

③チェーンケースの状態

④タイヤの状態 

以上4点になります。 農機具に関しましては、動作に問題がないことが前提になりますが、特に④オイル漏れの有無が重要です。お持込いただく前、または、お電話でお問い合わせいただく前に、まずこの点についてご確認いただければと思います。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○トラクターとはどのような道具なのか

トラクターは、それ自体で進まないようなものを牽引したり、あるいは動力を供給する装置となっています。農業用トラクターという意味でも使われることも多く、農業用の耕運機としてなどの用途で使用されるケースが多いです。耕起をはじめ各種農作業や、トレーラーを引くために使用されています。

耕運機としては小型の人力で押しながら使用する歩行型から、タイヤが付いている自走式、人が乗り込んで運転する乗用トラクターまで幅広く製造されています。日本国内においても、農業の大規模化に合わせ、トラクターも大型化している傾向にあります。 最近では100馬力強のトラクターも珍しくなく、北海道など広い土地があるため場所では、200馬力級のトラクターも導入されています。大型、高出力のトラクターの種類が増えてきている傾向がみられます。

使用時の注意点ですが、運転中に転倒しないよう傾斜や凹凸など路面に注意する必要があります。 特に小型の乗用トラクターの場合、傾斜のきつい場所や何かに乗り上げる事で転倒してしまう危険性があります。 転倒時に運転者を保護する為のバーが備え付けられているものも多いのですが、トラクターが破損してしまわないよう、細心の注意を払うことが重要です。

○トラクターの選び方について

トラクターにはさまざまな用途があります。畑を耕したり、田んぼの代掻きなど、まずは主な用途に合わせて選ぶと良いでしょう。 まず耕作する土質を確認し、土質に対して必要な馬力を選ぶことが重要です。例えば粘土質は馬力が必要な土壌で、馬力が低いとエンストを起こしてしまいがちです。 このため、スムーズに作業するには25馬力以上のものを選ぶ必要があります。 一概には言えませんが、25馬力〜35馬力のものを選ぶと一通りの作業をこなす事ができます。

また、新機種は旧機種に比べると、同じ馬力でも小型化や軽量化が進んでいます。 圃場の広さ、地形、地面の硬さや、圃場までの道幅などでも選ぶ必要があります。 主なメーカーとしてはヤンマーやクボタの市場シェアが高く、他にもイセキ、三菱などが製造販売しています。 トラクターの性能だけでなく、営業所が近くにあるなどサポートを受けやすいメーカーを選ぶ事も重要です。

○トラクターのメンテナンス方法について

トラクター屋外で埃などが多い作業環境で使用されます。 このため、エンジン内部に細かい異物が入り込んでしまう事も少なくありません。 フィルターの清掃や交換を定期的に行うほか、エンジン内部を保護するオイルを定期的に交換する等が長く使う為に必要です。

雨風にさらされてしまう事も多いため、防錆のグリスなどを怠ると摩耗と腐食が侵攻してしまいます。駆動カ所が多い分確認すべき箇所は少なくないのですが、安全面からも日々の点検が重要です。グリスニップルの個所などに、グリスガンで注油を行う他にも、各可動部や錆が気になる場所などを中心として、グリスアップを行うようにしましょう。

見落とされやすい箇所ですが、タイヤの空気圧点検も適宜行うようにしましょう。空気圧が足りないとタイヤの変形や摩耗を進めてしまいます。安全性にも大きく関わってきますので、使用前に確認する事をおすすめします。