電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  農機具  >  コンバイン  > 

「ツールオフ」の最新!実績

コンバインは、稲や麦の刈り取りから、藁の処理までを処理できる農機具になります。コンバインが登場する前は、刈り取り、脱穀、収穫、わらの処理を別々の道具を使い行ってきました。それらの工程を1台で行えることから、多くの農家に重宝されているため、中古市場でも高額で取引されています。特に「ヤンマー」「クボタ」「イセキ」のコンバインは、特に高額で取引されている商品になります。ツールオフが、コンバインを査定する際の主なポイントをいくつかご紹介いたします。

①型番

②使用時間/走行距離

③オイル漏れの有無

④チェーン/チェーンケースの状態

以上の4点になります。 農機具に関しましては、基本動作に問題がないことが前提になりますが、特に③オイル漏れの有無が重要項目です。お持込いただく前にご確認頂き、お問い合わせいただく事でスムーズにお買取りさせて頂く事が可能になります。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○コンバインについて

コンバインは、農作物のなかでも、特にイネ、そしてムギなどを収穫するための農業機械です。 イネや麦を刈り取りながら収穫を行うことが出来る事に加え、脱穀をする機能なども付いていることが特徴です。 一台であらゆう作業を行えることが出来るようになっているため、多機能を組み合わせられたその構造を指してコンバインと呼ばれています。

現在市販されているコンバインは、乗用型が主流となっています。 しかし、小型の2条刈コンバインは、トラックなどの積み卸しや、田んぼの出入りのため、歩きながら操作できる種類のものもあります。

田畑に入る際には、直角に入るように心がけなければいけません。 段差を乗り越える場合には、シーソーのように左右に揺れてしまうことがありますので、慎重に行うことが必要です。段差を乗り越えなければいけない場合には、たとえ10センチ程度の段差であったとしても事前に確認をしてから操作をするようにしましょう。そして、「あゆみ板」などを利用をして、段差を乗り越えることが必要です。

○コンバインの選び方について

主に稲刈りなどの作業に使われるコンバインですが、特定の作物に特化しているコンバインも販売されています。このため、どんな作物を収穫するのかということで選ぶ必要があります。

コンバインを選ぶ際には、まず何条のモデルが必要なのかが基準となります。 条数が増えれば1往復での刈り取れる量が増える為、作業効率が上がります。 しかし、本体が大きくなる分操作性など小回りは利きにくくなる為、作付け面積に合わせて条数を選ぶ事が重要です。

メーカーによって大きな違いはみられないものの、クボタ製のものを選ぶ方が多いようです。 販売店が近くにある等、修理や点検サービス、保証を受けやすい事も重要なポイントになります。

○コンバインのメンテナンス方法について

あらゆる機能が集約されたコンバインを長く安全に使い続けるためには、定期的にメンテナンスをする事が重要です。汚れやすいキャタピラですが、毎回洗浄する必要はないものの、拭き掃除や隙間の泥を落とすなど行うことで長持ちします。

また、モーターなどの内部部品にとって水は天敵であるため、不必要に高圧洗浄機で洗車することはあまりおすすめできません。水分などは小まめに拭き取る方が良いでしょう。

収穫が終わり、コンバインを格納し長期間使用しない場合は、ディーゼル燃料タンクは満タンにしておくようにしましょう。 タンク内に空間があると、温度変化などによりタンク内空気中の水分が結露し、燃料タンクに水が溜まってしまい、故障の原因に繋がってしまう場合があります。 その他にも駆動各部を点検しておくようにしましょう。機能が多い分確認カ所は多いのですが、不具合は部分部分で起こりえることが多いです。

このため、使用中に気が付いた不具合だったり、不安がある部分などは、その都度放置せずに修理をしておくようにし、販売店などに相談をするように心がけるようにしましょう。