電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  締付け・穴あけ・ハツリ  >  電動ハンマ  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4 5

電動ハンマによるハツリ作業は、あらゆる現場で行われる作業である為に需要が高く、電動ハンマも高額買取されやすい工具のひとつです。 インパクトドライバー等と比較すると必要な作業頻度は少ない為、特に中古需要が高い工具であり、作業が終わった後はリサイクルショップに売られやすい工具です。。 しかし、ハードなハツリ作業に使われるため、使用後のメンテナンスや正しい方法で使用されていない場合の劣化が著しい工具でもあります。

中古の電動ハンマを買う際には、状態の診断に詳しい工具専門店の方が安心してお探しいただけます。 日々のメンテナンスをして頂く事で、いざ査定に出すときに高額買取されやすくなります。 埃などの清掃や定期的な注油などをする事で、長く使えるだけでなく買取にも影響します。 また、メンテナンスの他にも付属品であるハンドルやプルポイントなど、先端工具を一緒に査定に出す事でプラス査定をもらいやすくなります。

査定時に特によく確認するポイント「打撃」能力です。打撃しない状態の電動ハンマでは、買取査定がかなり厳しくなってしまいます。打撃しない要因はいくつかあり、簡単な清掃で解決する事もあります。査定に出す前に打撃の有無を確認し、打撃する状態でお持ち頂く事で高額買取になりやすいです。打撃機構は電動ハンマの心臓部ですので、ここをいかに長持ちさせるかが重要です。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○電動ハンマについて 

電動ハンマは、主に工事現場などで使用されている工具です。先端にはブルポイントという尖ったものを取り付けて、電動で動かします。内部に先端軸を叩く機構があり、その衝撃によって対象物に刺激を与えて、破壊する事が可能です。 また、スクレイパーと呼ばれるものを取り付けることで、張替え工事に利用する場合もあります。ミニスコップを取り付けると、掘削作業も行えるようになり、幅広い用途をもっています。

種類はそこまで大きな違いがありませんが、持ちやすいように作られた直線型の電動ハンマ、L字型に作られている電動ハンマがあります。L字型の場合は、持ち手が大きく作られている傾向があるので、初心者の方にも使いやすい傾向があります。 電動ハンマが直線状になっている場合は、持つ部分が小さい影響はありますが、真っ直ぐに目標を狙いたいとしている時に確認しやすいです。

用途は破壊する作業に使われる事が多いので、コンクリートの破片などから目元をガードできる眼鏡を使ってください。また、先端工具に破損などがある場合は使用をやめ、交換してから作業を再開してください。

○電動ハンマの選び方について

電動ハンマの選び方については、はつる対象に適した打撃力のものを選ぶと良いでしょう。メーカーによって多少違いますが、マキタや日立、ボッシュやヒルティのものはパワーが高く、効率よく作業を進める事ができます。 本体重量がある場合は、自重によりある程度抑える力も緩和される為、楽に作業する事ができます。 壁面など横向きに作業する場合は、本体が軽めのモデルを使用する事で腕への負担を軽減する事ができます。

先端工具の規格ですが、は国内モデルは六角軸を採用している事が多く、海外モデルはSDSシャンクを採用しています。メーカーを統一する事で先端工具は互換があり便利です。

ハンマドリルはハードな作業に使われる分、メンテナンスがより重要な工具です。 専門業者に依頼しないと修理できない状態にもなりやすいので、営業所が近くにあるなど、サポートの受けやすさでメーカーを選ぶ事も重要です。

○電動ハンマのメンテナンス方法について

重要なメンテナンス作業としては、グリスを塗って回転数を保つ事がまずあげられます。分解してグリスを付けないと、かみ合わせが悪くなってきて回転せず、故障原因となります。

またブラシによってホコリなどを取り除くこともメンテナンスで重要になります。何かが詰まってしまうと、詰まったものが原因となって電動ハンマが壊れてしまいます。用途の都合上異物が入り込みやすい傾向がありますので、必要なら分解してしっかり取り除くとよいでしょう。専用のブラシは、ホームセンターなどで販売されているためすぐに見つかります。

先端工具は消耗品であるため、破損した場合は速やかに新しいものに交換してください。 破損した先端工具を使用すると、本体の故障原因になる他、想定外の事故につながる恐れがあります。