電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  油圧工具  >  鉄筋カッター  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2

電動の鉄筋カッターが登場したことで、梃子の原理を使った手工具で何とか切断していた鉄筋が、今ではボタンひとつで容易に場所を選ばずに切断できるようになりました。建築・土木の現場にいる職人さんには無くてはならないアイテムのひとつです。太くて硬い鉄筋を容易に切断できるからこそ、お客様からの需要も高く、1つ2つ前の型式でも未だ尚高額で取引されているのが多い商品になります。特に「IKK(旧石原)」「Ogura」は1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

私たちツールオフが鉄筋カッターを査定するにあたり、

①汚れ具合

②オイルの状態

③風窓・溝の状態

④刃の状態

の4点になります。

この4点に加え、他の工具と同様に通電確認を行っております。少しでも高値で買取してほしい方、まずはこの4点に注意していただければと思います。また、替刃を追加でお持ち頂く他、事前に清掃をしていただければ、プラス査定の対象になります。是非お持込いただく前に清掃していただければ幸いです。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○鉄筋カッターについて

鉄筋カッターとは、人力では切断困難な鉄筋を、電動モーター・油圧の力で切断する電動工具です。一般的にはブロック刃タイプのもので、油圧・電動モーターの力でブロック状の刃でゆっくり挟み、鉄筋を切断していきます。 鉄筋を切断する為の工具としては、他にもチップソーで切断する方法もあります。こちらは、高速回転する、鉄用チップソーによって鉄筋を切断するタイプとなります。そのため、切断面が非常に綺麗なのが特徴で、そのまま現場で圧接するという場合もあります。

鉄筋カッターは、鉄筋を切ることが出来るカッターであり、非常に鋭い切れ味があることが特徴です。このため、間違った使用方法で使用をした場合には、思わぬ人身事故に繋がってしまうという可能性があります。 正しい用途で使用する他、各駆動部分に異常がないか事前に確認する事が重要です。

○鉄筋カッターの選び方

鉄筋カッターにも複数種類があります。バッテリーを採用した充電式で、コードレス使えるモデルもあります。コードレスタイプの本体はコンパクトなものが多く、作業の際にとても取り回しがよく作業する事ができます。コードに足を取られるようなこともなく、安全面も優れています。 しかし、径の大きいものには対応できない為、鉄筋に合わせたサイズのカッターを選ぶ必要があります。

コードタイプには大型の電動油圧式の鉄筋カッターもあり、先端工法を支えているような高強度鉄筋にも対応しているので、こういった鉄筋を切断する際には必要となります。 また、鉄筋カッターには、サーフェンスカッターというものもあります。床面や壁面、そして入り組んだ場所などにも使うことが出来るので、従来の鉄筋カッターでは入らないような箇所や、障害物が多く狭い箇所で使用をすることが出来ます。

また、ノッチャーカッターといって、カッティングをするだけではなく、その後のノッチング・ベンディングなどの加工なども一台出来るものがあります。鉄筋カッターも種類ごとに、特徴がありますので、選ぶ際には、その作業にあったものを選ぶと良いでしょう。

メーカーによって機能自体に大きな差はないものの、油圧漏れなどメーカーへ修理依頼に出す必要があるケースもついてまわります。故障した場合に備えて、取り扱い営業所が近くにある、対応可能販売店が近くにあるなど、サポートの受けやすさで選ぶ事も重要です。

○鉄筋カッターのメンテナンス方法について

長く鉄筋カッターを使い続けるためには、普段からメンテナンスをすることが必要です。 まず、油圧カッターの場合には、オイルを補充しておくということが非常に重要であると言えるでしょう。オイルが少ない状態ですと、ポンプに負担がかかってしまい故障の原因になってしまいます。取り扱い説明書にある通りに、正しく注油する事が重要です。

また、切断作業を使用したあとには、カスなどをしっかりと取り除き綺麗に保ち続けることが必要となります。付着したままにしておくと、錆などの原因となってしまいますので、注意が必要です。作業の間で、泥や土などが付いてしまった場合には、これも柔らかい布などでよく拭き取るようにしましょう。

保管する際には、温度があまり変化しない、直射日光が当たらない場所に保管をするようにしましょう。 また、しばらく使わずに保管されていたものは、最初に試運転をするようにしましょう。久しぶりに使う場合には経年劣化により、どこかトラブルが起こっている可能性がありますので、必ず確認してから使うように心がけましょう。