電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  土木建設機械  >  プレート  > 

「ツールオフ」の最新!実績

エンジンや振動モーターを利用し、振動で締固めを行う機械で、エンジンが大きな加圧板の上に載っている外見が特徴です。一度に加圧する面積が大きく、締固め回数も多いためアスファルト舗装などの路盤仕上げに用いられる大型工具です。 プレートは様々なメーカーが販売しておりますが、その中でも市場に多く出回っているメーカーは三笠産業や明和製作所のものです。

査定には、エンジンのかかりやすさや加圧板の消耗度合などが重要ポイントとなり、買取額に大きく影響してきます。エンジンがかかりにくいようなら、オーバーホールしておくことも視野に入れて査定に出すと良いと思います。もしくはどの部分の具合が悪いのか、はっきりしているだけでも査定額が上がりやすいため、事前に確認頂くことをおすすめします。 また、事前に清掃、メンテナンスを行って頂ければ、その分も買取額に還元できますのでオススメです。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○プレートコンパクターについて

庭や駐車場を作ったりする場合や道路の舗装工事などを行う場合、地面をしっかりと固める必要があります。土台となる地面が固まっていない場合、その上にいくら舗装などを施しても時間が経つことで地盤沈下を起こしてしまい、再度工事をやり直す必要が出てきます。 そうならないためには地面をしっかりと踏み固めることが重要で、その際に使用するのプレートコンパクターという転圧機です。

プレートコンパクターは本体下部に大きなプレートが付いた形状をしており、内部でアンバランスウェイトが回転することで、地面を踏み固めながら自走することが出来る機器となっています。自走するので人力で押す必要が無くスムーズに地面を固めることが出来ますし、非常にシンプルな機構で動いているため、長時間の作業でも故障が少なく工事現場では欠かせない存在となっています。

種類としては大型のものをランマーと呼び、小型のものをプレートコンパクターと呼んで区別しています。使用する上での注意としては、機械が作動している間は上限運動を繰り返しますのでかなりの衝撃がありますし、小さなプレートコンパクターでも人の上に乗ってしまうと大怪我をすることになるので、使用中は周りに人がいないことを確認したうえで注意しながら使用する必要があります。

○プレートコンパクターの選び方

プレートコンパクターを選ぶ場合には、どのような場所で使用するのかを考えて機種を選ばなくてはいけません。小型のプレートコンパクターの場合それほど叩きつける力が無いため、どちらかと言えば舗装の仕上げや地面を固めた後の仕上げなどに使用するのに向いています。

家庭で使用するのであれば小型プレートコンパクターで充分その役割を果たしてくれ、砂利や砕石、路盤などの仕上げや畑での踏み固め作業に最適となります。地面が緩くぬかるんでいる場所の場合は、小型のものではなくランマーの様なパワーのある種類を選ぶ必要があります。 作業別としては、一般家庭で使用するのであれば12kN程度のパワーがあれば十分作業を行うことが出来ますが、工事現場で使用する場合には12kNでは力不足を感じることも有るでしょう。その為現場で使用するのであれば18kN程度のパワーを持つプレートコンパクターをメインとして使用すると便利ですし、場所や地面の状態によりそれより弱いパワーのものを用意しておくのも良いでしょう。

地面が緩い場所ではランマーを準備しておくと更に作業効率がアップします。1種類だけでは全ての地面に対応が難しいので、数種類用意するほうが利便性もアップします。 メーカーによって大きな違いはありませんが、耐久性が高いものや使用する際の形状が使いやすいものなどがあるので、自分の作業に合わせてメーカーを比べてみるとよいでしょう。

○プレートコンパクターのメンテナンス方法について

プレートコンパクターを使用するのであれば、メンテナンスを怠ってはいけません。メンテナンスをしっかりと行うことで機械の寿命も延びますし正常な動作を維持することが出来作業に支障が出ることも防止出来るためです。

プレートコンパクターの場合、エンジンを積んでいるのでエンジンオイルの交換は必須となりますし、振動部分となる起振体の起振体オイルの交換も必要となります。エンジンオイルに関してはエンジンを円滑に動かすために必要となり、基本的には8~10時間使用ごとにエンジンオイルを交換する必要があります。エンジンオイルが粘ってくるとエンジンに負荷がかかり故障の原因となりますので、一定時間経過ごとに必ず交換をしましょう。 起振体オイルはエンジンオイルよりも長い時間で交換することになり、最初の交換は20時間程度で行い、その後は40~50時間を目安に交換を行いましょう。

点火プラグやベルトも定期的に確認をする必要があります。動作不良としてはエンジンがかからないことやエンジンはかかっても起振体が動かない場合が考えられ、エンジンに関してはエアクリーナーの詰まりや燃料に水が混入したと言うケースが多くみられます。起振体に関してはベルトの緩みやベルト切れが原因となることが多いので、使用する前の確認と使用後の確認を徹底することで動作不良を未然に防ぐことが出来ます。