電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  切断・曲げ  >  切断機  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4 5 6

高速切断機は本体の重量も比較的軽く取り回しが良い事もあり、人気の中古工具のひとつです。仕様以上の負荷がかからなければ本体の劣化も少なく、中古買取向きな工具です。 人気のメーカーとしては、新ダイワやマキタ、日立、RYOBIの取引量が多く、買取相場も安定しています。

査定の際には切断する材料を固定するクランプ部分や、通電しての動作確認が行われます。 クランプが欠品してしまうと切断機として使用が難しくなってしまい査定も下がってしまう為、査定へ出す前に確認頂く方が良いでしょう。動作確認の際には軸のブレや異音がしないか等の確認が行われます。 消耗品である切断砥石などを追加でお持ちいただく事で、追加分が上乗せでプラス査定となりますので、一緒にお持ち頂く事をおすすめします。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○高速切断機についての知識

高速切断機は、砥石を高速回転させて研磨するような形で素材を削り、早いスピードで切断する機械です。マルノコと形が非常に似ていることから間違えやすいですが、切断する部分が砥石で作られているか、チップソーを採用しているかで明確な違いがあります。 高速切断機の場合は、砥石により削っていく切断方式により、綺麗に切断できるうえに作業を早く終わらせる事が可能です。

使い方は、高速切断機に切断したいものを固定して、そのままスイッチを押しながら砥石を下に落としていきます。ゆっくりと進めていけば、すぐに削られて切断されます。砥石は素材によって変えなければなりませんので、金属やステンレスを切断する場合は砥石の交換を行います。

高速切断機の種類としては、スイッチ部分が持ち手に付けられているか、それとも別に付けられているかの違いがあります。それ以外の違いは、取り付けられる砥石の大きさが多少異なっている程度です。スイッチの部分によっては停止させることが難しいため、誤った使い方を行うと危険です。

使用時の注意は、まず切断材料以外を巻き込まないよう周囲に注意ください。砥石と材料が合っていない場合や、砥石をおろす速度が速すぎたりすると、砥石が割れて飛散するなどの危険もありますので、ゆっくり作業することを心がけてください。

○高速切断機の選び方

高速切断機の種類にあまり違いはありませんが、砥石の種類によって作業効率は変わってきます。 高速切断機でも、軽い素材をカットするために作られているものはプラスチックや木材の切断に使い、金属やステンレスに使う砥石なら金属製の棒などをカットするために利用します。砥石の違いが大きな影響をあたえるので、できれば2つの素材に対応している砥石が取り付けられる高速切断機を選んでください。

金属を切断する際には、砥石の回転数が高い高速切断機を選ぶと良いでしょう。しかし砥石毎にも想定された回転数が決められていますので、本体と砥石の回転数を合わせることは必要になります。

メーカーによる違いは、持ち手にスイッチが付けられているか、そして砥石が素材によって違うものを選べるのかの違いがあります。幅広い材料に対応できる切断機の方が使いやすいでしょう。 本体の重さににも複数種類があり、軽量化されているものや、土台を重く揺れないように造られているモデルもあります。主な切断対象に合わせて選ぶと良いでしょう。

○高速切断機のメンテナンスについて

まず定期的に削りカスを取り除くようにしてください。残っている削りカスが詰まってしまうと、回転が遅くなるなどの問題が出ててきます。特に金属片が溜まる事で本体への影響が出やすいので、金属を削っている場合は定期的に掃除をして、詰まりが起こらないようにしましょう。

高速切断機は、砥石の状態によって作業効率や仕上がりに大きく影響します。砥石自体が変な削れ方をしていると、切断面が綺麗に仕上がらず、断面が斜めに入っているような状況も生まれます。多少の不具合であれば、砥石を削って修正します。しかし、大きくえぐれているうようであれば、砥石自体を交換します。

高速切断機は主に100V電源が動力ですので、電源コードの劣化により接触不良になったり、電源コードが切断され突然動かなくなる事もあります。多少の劣化であれば応急処置も可能ですが、劣化が激しい場合は発熱などの危険もある為、新しいコードに交換してください。 また、手元の操作スイッチの接触不良も起こりやすい不具合です。簡単に治す事が出来る場合もありますが、無理せず専門の業者に依頼した方が良いでしょう。