電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  切断・曲げ  >  全ネジカッタ  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4

全ネジカッターも人気な中古工具のひとつで、つねに高額買取が期待できる工具です。 コード式と充電式がありますが、屋外で使用される事が多い為、特に充電式が人気で査定も高くなりやすい傾向があります。

消耗しやすい箇所は切断する刃であり、本体は丈夫に作られている為、中古として出回る数が多く無い点も高額買取になりやすい要因です。 査定の際には通電しての各種動作確認と刃の状態を確認致します。 刃が欠けてしまっている状態では査定が下がりやすい為、普段の使用時から扱い方や手入れして頂く事が高額買取のポイントです。

また、替刃をお付け頂いた場合はその分プラス査定になりますので、ぜひ一緒にお持ちください。 充電式の場合はバッテリーや充電器などの付属品をお持ちいただく方が、全体としてプラスの査定になります。 ツールオフでは本体のみでもお買取りは可能ですので、試しに査定だけでもお持ちください。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○全ネジカッタについて

全ネジは配管を吊る場合など、ほぼ確実に使用します。しかしその配管が不要になった時に、この全ネジをカットする必要がありますが、その時に使用するのが全ネジカッタです。 全ネジカッタは複数のメーカーからいろんな種類が販売されています。値段の差もありますが、軽量薄型タイプや、電圧を自動で感知する機能、また防水性などもあります。

使用方法は、全ネジのねじ山に全ネジカッタを合わせて、そのままスイッチを入れるだけです。単に切断だけであれば全ネジカッタでなくても作業できますが、吊った状態のものを切断するとなると危険な作業になります。そのため、バンドソーや高速カッターに比べて、全ネジカッタの方が便利で確実に作業することができます。

全ネジカッタを使用するときの注意点としては、刃こぼれについてです。全ネジカッタも長く使用すればかならず刃こぼれしてしまいます。特に少しでも全ネジカッタの溝からずれて切ってしまうと、すぐに刃こぼれしてしまいます。替え刃も決して安いものではないので、刃こぼれしないように定期的に油をさしたり、全ネジカッタの溝に合わせてカットする必要があります。

○全ネジカッタの選び方

今は多くの複数のメーカーから全ネジカッタを販売しています。庭用に使用するのか、業務用として使用するのかによっても、選び方は異なってきます。

まずプロが使用するような業務用であれば、おすすめはマキタやパナソニック、日立です。個人の好みや使い勝手、価格にもよりますが、パナソニックは中でも評判が高いです。 パナソニックの全ネジカッタは、緊急時に刃の逆回転が可能で、さらにオートストップ機能もついています。ステンも切断できるほど強度なので、プロでも愛用している人が多数です。

一方家庭用のDIY程度で使用したいのであれば、ホームセンターのプライベートブランドの商品や新興でも全く問題なく使用できます。逆に言うと、家庭用のDIYくらいであれば、パナソニックなどは不向きかもしれません。 家庭用で使用するのであれば、コンパクトサイズのものがおすすめです。軽量でコンパクトサイズであれば使いやすいです。一方業務用で使用するのであれば、回転数が高いものや、ボルトを自動判別できるもの、逆回転機能がついているものなど、安全面でも高機能なものを選ぶことをおすすめします。

○全ネジカッタのメンテナンス方法について

全ネジカッタに限らず、電動工具はお手入れの方法次第で、長持ちさせることができます。全ネジカッタもお手入れ次第で、刃こぼれを防ぐことができ、長く使用することができます。

全ネジカッタも替え刃はありますが、決して安くありません。そのため、適切に使い長持ちさせる事をおすすめします。全ネジカッタを使用するうえで、日常的なメンテナンスとしては、定期的に油をさすこと、掃除をすることです。これだけでも、刃こぼれの可能性を低くすることができます。 充電式について、リチウムイオンバッテリーであれば電池がなくなりきる前に充電する事をおすすめします。ニカドやニッケルのバッテリーであれば、使い切ってからの充電をおすすめします。

使用方法も重要で、全ネジの溝に合わせて全ネジカッタを使用することを徹底することが日常的に大切です。 また、全ネジカッタの故障の原因として、刃が濡れた状態で放置されると錆や故障につながります。特にカットする全ネジが濡れている場合に、使用後の全ネジカッタのお手入れを怠ると、錆びる原因になります。 他にも全ネジカッタの種類によって、カットできる全ネジとできない全ネジがあります。対応機種でない物を使用すると故障の原因になるので、事前に確認してから使用するようにしましょう。