電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  切断・曲げ  >  バンドソー  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4 5 7

細く長い輪っか状の鋸刃を動力で回転させ金属等を切断する電動工具です。帯鋸と呼ばれる事もあります。 工場などで据え置きで使用する大型のものから、現場でも使えるポータブル機まで幅広く販売されています。 特徴として回転スピードが遅く安全性が高い事と、火花も散らず火気厳禁の現場でも使用可能です。

住宅地や集合住宅などでも切断音が静かな為、作業音を気にせず切断作業を行なえる利点もあります。 中でもバッテリー式などポータブル機は現場環境を気にせず作業が行なえる為、人気が高くその分高額買取になりやすい現状があります。 付属品は可能な限りすべてお持ち頂く事や、替刃がある場合は一緒にお持ち頂く事で査定額も高くなります。

本体裏の切粉が溜まる部分の清掃や各部メンテナンスを実施して頂ければその分査定金額で還元致します。 新モデルの発売や発表されると相場に影響してしまう為、買い替えや職種の変更、長期在庫品等は早めにお持ち頂ければと思います。

【高額買取人気メーカーランキング】 1位日立工機 2位マキタ 3位新ダイワ 4位アサダ 5位ボッシュ


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○電動のバンドソーについて

電動のバンドソーとは、細長い形状をしたリング状ののこぎりの刃を回転させて切断作業を行う工具のことを指します。 バンドソーは別名を帯のこぎりとも呼び、ほかの切断工具よりものこぎりの刃の回転速度が遅く、ほとんど火花が飛び散らない、という特徴があります。 また、バンドソーは回転数が遅いため、作業音も比較的静かであり、密集した住宅地やマンション、アパートといった集合住宅の中で作業を行うのに適しています。

バンドソーは作業音が静かな反面、刃の回転速度が遅いため作業時間はかかりやすいのですが、リング状ののこぎりが切断する材料をしっかりととらえて確実に切断を行うため切断面もきれいに仕上がり、パイプなど、鉄の切断にも向いている工具となります。

バンドソーが特性を発揮出来る現場としては、狭い閉鎖的な現場や火気厳禁の現場で、これらの現場でも刃の回転数が遅く火花が発生しないバンドソーは安心して使用することが可能です。

また、バンドソーには「自重切断」という機能があり、本体だけの重みで材料を切断してくれるという能力が備わっているため、作業者が荷重をかけて切断を行う必要がなく、作業中の負担を減らすことが出来るというメリットがあります。

○電動のバンドソーの選び方

電動のバンドソーを選ぶ際には、据え置いて使うタイプの「定置型バンドソー」、持ち運び自由で取り回しが利く「ポータブル型バンドソー」、ポータブル型バンドソーの機動性を持ちながら定置型としても使うことが出来る「ハイブリッド型バンドソー」、そして木工などの非金属の材料を切断するのに適している「卓上型バンドソー」の4種類のバンドソーの中から、用途に合ったバンドソーを選ぶことをおすすめします。

「定置型バンドソー」はバンドソーの中でももっとも基本となるタイプであり、のこぎりの歯の回転数が遅く安定して切断が出来るという特徴があるため、鉄のみならずステンレスや合金の鋼などの切断にも対応可能です。

「ポータブル型バンドソー」は、通常かなり重たいバンドソーを小型にして持ち運び可能としているのが特徴であり、狭い作業現場や配管が入り組んでいる現場などでの仕様に適しています。 ポータブル型バンドソーはコード式と充電式の2つのタイプがあり、コード式は充電が不要で連続作業が出来、充電式はコード不要で取り回しの点でコート式よりも優れています。

「ハイブリッド型バンドソー」は、ポータブル型よりもサイズは大きくなるものの、定置型と同等レベルのパワーを持ちながら、取り回しがしやすく持ち運びも出来るというメリットがあります。「卓上型バンドソー」は、木材などの非金属の材料の切断に特化しており、簡易的な作業に向いています。

○電動のバンドソーのメンテナンス方法について

バンドソーをメンテナンスする際に特に注意して清掃を行う必要があるのが、バンドソーの刃の部分のフタに隠されているロータリーの駆動部分です。ロータリー部分は普段はフタに隠されているため目立ちませんが、ロータリー部分の表面にはバンドソーを使用したときに付着する切削クズが非常に付きやすいため、バンドソーのメンテナンスを行う際には特にフタに隠れているロータリー部分の切削クズを丁寧に取り除く必要があります。

もし、ロータリーの表面に付いた切削クズをメンテナンスで取り除かずに放置してしまうと、金属の切削クズが回転時に刃に当たってのこぎりの刃のひび割れを起こす原因となってしまったり、刃がスムーズに動かなくなってしまいますので、特にロータリー部分の表面は念入りに清掃しておくようにしましょう。

また、バンドソーのメンテナンスの頻度は毎日行うのが理想ですが、時間がないときには1週間に一度、しっかりとロータリー部分の表面や刃に付いた切削クズを取り除くことでよりバンドソーの刃の寿命を長持ちさせることが出来ます。 毎日バンドソーを使う場合には、一日の終わりにバンドソーの刃の部分に付いた切削クズをふき取っておくだけでも、バンドソーを長持ちさせるのに効果があります。