電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  ハンドツール  >  TONE  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2

TONEはプロ用作業工具から、トルク管理機器、ボルト締結機器など幅広い商品を扱っているプロ向け高級作業工具メーカーです。 日本のメーカーなので信頼も厚く中古市場でも人気があり、高額買取となりやすいメーカーです。

TONEのハンドツールはラインナップが広くサイズ設定が豊富な為、国産サイズ設定ではなく少し変わったサイズをお探しの場合などに便利です。 高額買取を狙う際には、単品よりもセットの状態でお持ち頂く事をお勧めします。 もともとセット品ではなくても、まとめてお持ち頂く事でプラス査定になりやすいです。 ハンドツールの場合、売れないと思って破棄してしまったなどのお話をよく聞きます。 捨ててしまう前に一度査定に出してみて下さい。綺麗な状態のものであれば高額査定も狙えますよ。

また、TONEはエアツールの販売もしています。 当店では全てお買取り対象商品となりますので、使わない・眠っている道具がありましたらぜひお持ち下さい。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○TONE製ハンドツールの魅力

工業製品のモノ作り現場に欠かせないのが、繋ぐ、留めるを担っているボルト締結です。ボルト締結の課題を基準に、先進のモノ作り精神で未来の礎を築いてきたのがTONEです。サビが付きにくいステンレス製の工具は、TONEが業界で初めて発売しています。他にも、チタン製の工具も開発し、軽い工具が求めらる高所作業にも対応しています。

作業工具、収納具、省力工具、電動工具、トルク管理機器に至るまで、TONEブランドの製品は、多くのカテゴリーに及びます。幅広いボルトの種類のボルト締結関連製品を1社で提供できるメーカーは、世界でも限られています。TONEブランドの中には、日本国内で初めて製造を開始したソケットレンチ、世界NO.1シェアを誇るシャーレンチなどがあります。

ソケットレンチは、六角ボルトやナットを締めたり、緩めたりする道具です。シャーレンチは、モーターのパワーでシャーボルトを締めることができる工具です。使用する際は、力を掛け過ぎないように気を付ける必要があります。また、サビ付いたボルトやナットを緩めたい場合は、予め潤滑剤を浸透させてから使用します。工具に割れや摩耗などの経年劣化が見られる場合は、使用せず新しい工具に買い替えましょう。

○TONE製ハンドツールの選び方

・TONEハンディデジトルク 手持ちのハンドルとソケットの間に装着するだけで、目標トルクを音と光で確認できます。左右両回転対応です。ラチェットハンドルだけでなく、スピンナハンドルやT形ハンドルと組み合わせることもできます。自動車整備などに向いています。

・TONEパワーレンチ 軽量なので、1人で安全にボルトやナットの締め付け、緩めが簡単に行うことができます。動力源不要なので、騒音の心配もありません。建築現場などでの使用に向いています。

・パワーグリップドライバー 力を入れやすい形状で、先端がなめりにくい形状になっています。ハンマーなどで叩ける貫通タイプがあります。転がりを防止する六角形状なので安心・安全です。ベーシックな工具として、様々な用途に用いることができます。

他のハンドツールメーカーもご紹介します。KTCは、創業時にトヨタから車載工具として認定されている老舗工具メーカーです。日本でのシェアNO.1だけあって、ホームセンターでも手軽に購入することができます。KTCから出ているネプロスは、メッキの輝きや形状の美しさで人気があります。ko-kenは、ソケットツールで有名なメーカーです。KTCよりも安定性が高いと評価されています。

○長持ちさせるコツとは

ステンレス製のハンドツールは、サビにくく劣化しにくいのですが、高い位置から落としてしまったり、使用時に強い力をかけるなどによって、表面が剥離してしまう恐れがあります。そうなると、剥離した箇所からサビを招いてしまいます。サビを放置していると、使用した時にサビの部分が当たって怪我をしてしまったり、工具の破損原因にもなります。ステンレス製であっても普段から大切に扱うことが重要です。水分が付いた時は、乾いた布で拭いてから収納して下さい。ステンレス製でない鉄製などのハンドツールは、洗剤でブラシを使って汚れを落としてから、乾いた布で水分を丁寧に拭き取る必要があります。定期的にオイルに漬けてから、布で拭くと使いやすくなります。

長持ちさせるためには、それぞれの工具の力の範囲内で使用することが大切です。無理な使用方法は、ハンドツールの損傷や怪我の原因にもなります。特に、シャーレンチを使用する場合は、コードを定期的に点検しソケットが本体にきちんとセットされているか確かめてから使用しましょう。ハンドツールを使用しない時は、湿気の少ない場所で保管し少しでもサビの原因から遠ざけるようにすることが長持ちさせるコツです。