電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  ハンドツール  >  マックツール  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2

マックツールは、創業75年を超えるアメリカ生まれのプロフェッショナル・メカニック整備用工具ブランドです。 スナップオンと並び不動の人気を誇るブランドになり、マックツールの工具全般が高額買取対象となっています。

中古市場の需要も高く、特に工具箱の人気が高いです。 工具箱は不要になり廃棄処分するとなると、本体重量から費用が高くなってしまいます。その為、廃棄処分ではなく買取サービスを利用するお客様も多く、当店も力を入れてお買取りしています。

工具箱は、不具合がある・鍵の紛失などによりお買取りが難しくなりますので確認を行ったうえでお持込下さい。 また、ハンドツールに関しては使用頻度、見た目の綺麗さが重要なポイントになります。 新品に近ければ近いほど査定金額を高く見積もることが出来ます。 綺麗な状態で保管されている場合、保管期間が長くなる前に一度査定に出してみることをお勧めします。

使用後のお手入れをしてあげる事で良い状態を保てますので、商品ランクが上がり中古でも買取額が上がりやすくなります。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○マックツール製ハンドツールについて

マックツールのハンドツールは、スクリュードライバーとレンチ、ラチェットにプライヤーなど幅広く販売されています。スクリュードライバーは一般的なドライバーをさらに強化したもので、ネジを締めやすくします。レンチはナットを締めるために、多くのサイズから選んで手動で締めるものです。ラチェットハンドルは、取り付けるソケットサイズを変えてあらゆるボルトに対応します。プライヤーは何かを曲げるために利用したり、マックツールの場合はハンドカッターを使って、切断することも可能です。

販売されている製品は多く、主に自動車整備に使うハンドツールが多くなっています。それ以外にも機械のナットを締めたり、市販されている製品のネジを締めることも可能になっています。プライヤーは狭いものを広げたり、曲げたりして広げるために使われています。

マックツールは頑丈に作られている製品が多いのですが、無理に力をかけて使用すると破損する恐れがあります。ハンドツールのサイズに合わせ、正しい用途で使用するよう注意して下さい。

○マックツール製ハンドツールの選び方

自動車整備に使う場合など、各種サイズを多く揃えられると対応できる幅が広がります。多種多様なソケット販売しているのもマックツールの特徴ですので、基本セットに加え必要なソケットを個別に揃えると良いでしょう。 自動車整備には、ハンドルの長さが必要な状況も少なくない為、ハンドルについてもサイズを揃えておく方が良いでしょう。

プライヤーは、サイズによって入りづらさを感じたり、大きすぎて入らないものもあります。角度によっては使いづらい可能性もあるので、こちらも複数種類サイズを変えて揃えると良いでしょう。先端が真っ直ぐになっているものは、初心者の方でも使いやすいです。曲がっているものは、角度が必要な製品に対して対応する事が可能です。

他のメーカーとは、プライヤーの角度をつけていたり、大きさを変えているなどの違いがあります。またマックツールはセット販売をしている商品も多くなっていますので、1つを購入すると多くの部分に対応できる良さを持っています。

○マックツール製ハンドツールのメンテナンス方法について

マックツール製のハンドツールは、錆ができないように加工はされているものの、使用後に放置していると錆ができる可能性もあります。錆びた箇所かた劣化が進み、負荷をかけた際に折れてしまう可能性もあります。汚れなどはこまめに清掃し、濡れた場合は拭き取るだけでも状態に差ができます。

ソケット部分は特に汚れやすいので、洗浄し付着している余計なものは取り除きましょう。ソケットが汚れていると、かみ合わせが悪くなってしまい、作業効率を落としてしまいます。

スクリュードライバーは、放置していると先端部分が錆びてしまい、ネジのかみ合わせが悪くなる恐れもあります。湿気などにさらされないようにツールボックスに入れ保管する方が良いでしょう。