電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  ハンドツール  >  スナップオン  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4 5 10

スナップオンは工具を扱う人なら誰もが知っている有名メーカーです。 高級工具のイメージがありますが、近年では人気の高まりに乗じてDIYをされる方なども手にされるようになりました。 ハンドツールの中でも特に需要が高いため、高額買取されやすいメーカーです。 スナップオンの特徴として、永久保証があります。

購入後、正しい使い方をしていて破損してしまったものに関しては永久に保障してくれます。スナップオンの大きな強みの1つです。 また、スナップオンの工具は頑丈な素材を使用し、メッキのはがれにくい加工を施しています。その分、劣化しにくく安心して長くご使用頂けます。

使用者だけでなくコレクターも存在するスナップオン。もちろん中古市場の需要も非常に高いです。 高額査定を狙える工具なので、使用しなくなった物をお持ちでしたら一度査定に出してみることをお勧めします。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○スナップオン製ハンドツールについて

スナップオンのハンドツールは、スクリュードライバー、ラチェット、レンチ、トルクレンチ、プライヤーなどあらゆる工具を製造しています。スクリュードライバーはネジを締めるために、ラチェットはボルトの取付、レンチはナットの締め付けに活用します。プライヤーは配線の皮をむくために利用することが多いです。

スナップオンは豊富な商品を販売していることで知られ、自動車整備現場の声をもとに、サイズや使う場面にあわせた様々な工夫をこらした工具を製造しています。販売されている商品だけでも相当な種類で、しかも同じ工具でも少し使い方の違いがあったり、角度の変化をつけて販売しています。

一般的にハンドツールの主用途は、多くが締め付けや取り外しのために利用します。工具を持って対応している道具に取り付け、後は締め付けたり緩めたりと作業を行います。レンチやラチェットの場合は、締める部分を固定してハンドルを回していく形となり、かなり力のいる部品でもしっかり取り付けることができます。

使う際の注意点として、サイズが合わないと回せない可能性が高まり、締め付けが緩くなったりします。対応しているサイズに合わせるようにしてください。特にトルクレンチの場合は、先端部分が固定されているケースが多いために、必要なサイズに合わせて調整しなければなりません。

○スナップオン製ハンドツールの選び方

スナップオンのハンドツールは、多くの製品を持っていますが、1つ1つに違いがあります。ラチェットの場合は、先端のソケットを交換することで色々なサイズに対応できる場合もあるため、どの部分に使うかによって少し変わってきます。取り付ける部分に対応して、ソケットのサイズなども考えてください。

スクリュードライバーは、滑りやすさなどの違いを持っています。こちらもサイズが変われば使えるネジが変わりますので、できれば多くの種類を1度に購入できる形式が望ましいです。レンチやトルクレンチは、作業をする場によって変わります。一般的なレンチは広い場所で、トルクレンチは狭い場所での作業を中心として使います。トルクレンチの場合は、一定のトルクがないと締め付けが難しいので、トルクの数字を見ながら購入するといいです。

プレイヤーは、剥きたいと思っているケーブルのサイズによって変わります。こちらはサイズが違うと皮剥きが不可能になってしまうので、できればなんでも対応するようなプライヤーが望ましいです。

他のメーカーとの違いは、サイズによって変更しやすい部分です。スナップオンは色々なサイズに対応できるように、外部に付けられるソケットを取り付けるラチェットや、トルクレンチのサイズを多く揃えカスタマイズできるようになっています。レンチなど、自分で調整しながら使えるものもあります。

○スナップオン製ハンドツールのメンテナンス方法について

一見メンテナンスが不要に見えるハンドツールですが、手入れする事で長く使うことができます。 ラチェットの場合は、ハンドルが回らないトラブルがあります。もしかしたら油が切れたり、何かが挟まっているために動かない場合もありますので、エアーなどを使って取り除くようにしてください。作業が終わったらエアーを使っておけば、ハンドル部分のトラブルは起こらなくなります。この方法はトルクレンチでも同様に使えます。

普通のレンチの場合、サイズの調整部分が動かなくなり、調整不可能になる場合があります。締め付けを強くしすぎた結果、無理をして回していたことでサイズを調整する部分が壊れてしまった場合もあります。無理をして使わないのが一番ですが、調整部分を念入りにチェックして、たまには油を使って綺麗にするなど、滑りやすさも出せるようにしてください。

スクリュードライバーは、対応しないサイズのネジを入れたことで頭が丸くなってしまい、ネジが締められないトラブルがかなり多いです。合わないサイズには使わないほうが望ましいですが、何か削れているような状態であれば、少しヤスリを使って削ってみたり、先端がネジに入りやすいように調整したりすると、メンテナンスによってスクリュードライバーを使い続けられます。