電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  エンジン工具  >  溶接機  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2

ウェルダーとも呼ばれプロの方はもちろん、DIYとして一般の方も比較的安価で手に入れられるようになりました。 一言で溶接と言っても様々な種類や溶接方法・特徴があります。 溶接方法を大きく分けると、電気や火など熱で溶かして接合する『融接』、熱ではなく圧力で接合する『圧接』、柔らかい金属をのりのように利用し接合する『ろう付け』があります。

その中でも広く一般的に使用されている方法は電気の力を使い接合するアーク溶接です。 その他ガス溶接やTIG溶接、MIG・MAG溶接など多種多様です。 バッテリー溶接機、インバーター溶接機や半自動溶接機、アーク溶接機、TIG溶接機など幅広く買取可能です。

製造年・稼働時間・保管期間・保管状態・バッテリーの状態・各部清掃状況・破損の有無等でも査定額が上下しますので、事前に確認して頂けますとお買取りもスムーズになります。 付属品は可能な限り揃える事やキャプタイヤ等も一緒にお持ち頂く事で査定額も高くなります。 買い替えや在庫処分により売却をお考えの方は早めにお持ち頂ければと思います。

【高額買取人気メーカー】 パナソニック・ダイヘン・キシデン・日動 育良精機・マイト・スター電器(スズキッド)


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○使われている溶接機について

溶接機は、鉄材などの一部分を溶かして接続して、新たな製品に変える等をするための道具です。溶接をする部分は、鉄を溶かすために高温になます。

一般的な溶接機はアーク溶接機というものになります。電圧の違いなどで複数種類があり、初心者用など、使いやすいものとして販売されている100Vタイプの溶接機と、プロ仕様となっている200V式が用意されています。電圧を調整できるように作られているタイプも有り、溶接棒の太さに合わせて使用する事ができます。他にはガスを利用するTIG溶接機などもあります。

使用する際には、強い光と紫外線から身を守る為に保護メガネや、保護するためのシールドを使用してください。また、溶接用の手袋も必須です。 溶接機を使った後は本体が高熱になっている為、しばらく触れず冷ましてください。

○溶接機選び方○

溶接機にも種類が様々あり、まずは対象物が何の材質なのかで考えて決めましょう。 例えば材質が鉄であれば、「被覆アーク溶接機」がまず挙げられます。アーク溶接というのは溶接棒を溶かして行う、一般的な手法です。パチパチと音がし、火花も眩しく光ります。

ステンレスであれば半自動溶接機を使い、ワイヤーをステンレス溶接対応の物を使用するのが良いです。 TIG溶接機を使う方が主流かもしれませんが、この場合は「直流」で使用します。 「交流」だとアルミニウム素材の溶接に利用出来ます。 TIG溶接機は利用時に「激しさ」(=火花、音)が少ないので、その点では使いやすいと言えます。

溶接機のスペックを考える上で「定格率」が大事で、例えば定格率70%ですと10分間中7分連続で使用できます。 それ以上使用するとオーバーヒートを起こしますが、業務用に使うなら60%や70%など数値が高い物が良いでしょう。DIYならばちょっとした素材が多いので、30%以下でも問題はありません。

メーカーによる質の違いはあり、日立など日本製はとてもクオリティが高く、やはり日本の電流規格に対応しているので使いやすいです。国内の有名どころであれば失敗も無く、安心して使用できます。

○溶接機のメンテナンス方法について

溶接機は、異音を出している状態で使い続けていると破損する原因となります。溶接機を起動させた時に、明らかに音がおかしいように感じた場合は、修理に出さなければなりません。常に起動した直後は音をチェックしてください。

溶接機のキャプタイヤケーブルは、断線や接触不良を起こしていると、必要な温度を作れず溶接作業をおこなえません。ケーブルに損傷を与えないよう、束ね方など保管状態には注意してください。

溶接機のワイヤー供給部分にはこまめに手入れをして下さい。ホコリ等が溜まりやすく、そのままにしていると、詰まりや劣化して使えなくなります。使い終わって温度が下がってから、エアーなどを使って取り除くようにしてください。ローラーの部分に油が付着しているなど、溶接機を使っている時に何かがついてしまったら拭き取り、常に綺麗な状態を保ってください。

その他、高温で埃っぽい場所に置かない、直射日光にあてないなど注意する事で、想定外の劣化を防ぐ事ができます。