電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  エンジン工具  >  ウェルダー  > 

「ツールオフ」の最新!実績

ガソリン・ディーゼル問わずエンジンを搭載した溶接機です。 電源の確保が難しい状況での溶接も自己で発電した電力を使用する為、現場で重宝するに加え、発電機同様の性能も持ち合わせており電力を必要とする道具も使用可能なので屋外作業で活躍しています。 製造年・稼働時間・保管期間・保管状態・バッテリーの状態・各部清掃状況・破損の有無等でも査定額が上下しますので、事前に確認して頂けますとお買取りもスムーズになります。

付属品は可能な限り揃えて頂く事や、キャプタイヤ等も一緒にお持ち頂く事で査定額も高くなります。 買い替えや職種変更等により長期保管になりますと、バッテリーの電圧不足などによりセルスタートが困難な場合がほとんどです。 充電しても回復が見られない場合は経年劣化によるバッテリー寿命のケースもあり、査定額に大きく影響します。

高額査定において、本来の動作が問題ないかという点が重要視されますので、バッテリーの交換をして頂くのも1つの手だと思います。 どちらにせよ売却をお考えの方は早めにお持ち頂く事をおすすめします。

【高額買取人気メーカーランキング】 1位デンヨー 2位新ダイワ 3位ヤンマー


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○ウェルダーについての知識

ウェルダーは、エンジンを活用して溶接を行えるようにしている機械です。自ら発電し熱を発生させ、溶材を溶かして溶接作業を行います。色々な場所で溶接ができる他、発電機としても使える利便性も持っています。

種類としては、パイプフレームを採用しているものと、カバーに覆われている形をしているものに分かれています。パイプフレームは持ち運びがやや行いづらいですが、内部のメンテナンスが行いやすく作られているメリットを持っています。カバーに覆われている場合は、車輪付きのものが多く移動が楽で、静音機能に優れているモデルが多いです。

電源は内部で確保しているので、溶材とキャプタイヤがあれば溶接可能です。安全の為に溶接面や手袋、飛び散る火花を受け止めるスパッタシートなども必要です。発電機としても使う為に、100V電源の差し口や、12Vの取出し口が付いているものも多いです。

注意としては、ウェルダー自体がかなりの発熱をしてしまいます。連続して使い続けるとオーバーヒートしてしまう為、定期的に冷却する必要があります。温度が上昇する事と、エンジン駆動による排気がありますので、必ず換気の行える場所で使ってください。また使用後は熱くなっていますので、不用意に触らないようにしてください。

○ウェルダーの選び方

パイプフレーム形式は、内部の熱を放出しやすいために、冷却時間も短く動作を続けやすい傾向があります。 カバーに覆われているタイプは移動性や静音性に優れています。

スペックとして何ミリの溶材で溶接するのかが重要です。1.6ミリ程度であれば、小型のウェルダーでも十分ですが、3.2ミリを快適に溶接するには中型以上の出力が必要になります。 使用率によって連続して行える溶接時間が制約されてしまう為、作業量に合わせて使用率を見極める必要があります。

メーカーによる違いは、出力の端子が多くなっているかどうか、後はパイプフレームを採用している形式なのかで少し変わってきます。特に端子の多さは、作業効率を高める要因があるので、ウェルダーでは注目したいところです。

○ウェルダーのメンテナンスについて

パイプフレーム型は、外からの衝撃を各部品が直接受けてしまい、不具合が発生する可能性があります。外で利用する際は、衝撃を与えないように安全な場所で使ってください。メンテナンスの際は、十分に本体を冷却した後、内部のチェックを行ってください。

種類に関係なく、突然エンジンの回転数が落ちてしまう事があります。これは単にネジが緩んでいる個所があるというだけの場合も少なくありません。その箇所が影響してエンジンの回転数をしっかり出せない状況となっています。各ネジを締めておくだけで解決しますので、定期的にネジの確認を行ってください。

定期的に行いたいメンテナンスとして、まずは本体を綺麗に清掃しておくことが重要です。ホコリ等がついていると、影響してエンジンの回転が落ちてしまったり、接触不良を起こしてしまいます。本体の劣化や、発火などの原因にもなり得ますので、定期的に清掃してください。

アースを取り付けることとなった場合、アースの部分の接触不良も起こしやすい場合があります。ウェルダーを使う際は、アースの接触が正しく行えるか定期的にチェックして、外れていないか確認して下さい。外れているようなら修理に出す事をおすすめします。