電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  エンジン工具  >  インバータ発電機・発電機  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4 5 6

~発電機のメンテナンス方法~

現場では大活躍の発電機。電源が届かない場所の作業では、大いに役に立つ道具ですね。そんな発電機は普通の電動工具より丈夫に設計されていますが、定期的にメンテナンスしないとすぐに故障の原因になります。このページでは、長く使うために注意すべき点を紹介していきたいと思います。

1. エンジンオイル

エンジンオイルとはエンジン内部で動き続けるピストンの摩擦を減らし、保護してくれる役割をもっています。しかし、使用していくにつれて自然と劣化していきますので、定期的に交換する事を推奨します。目安としては約100時間が交換時期となります。

よく、エンジンオイルを継ぎ足してしまう方がいますが、劣化したオイルはエンジン内部をきちんと保護してくれません。交換しないまま使用し続けると、内部を痛めてしまい、寿命を縮めてしまいます。また、エンジンオイル劣化の目安は時間の他にも、色で判断が出来ます。

新品のエンジンオイルは薄く色が付いていてとても綺麗ですが、交換時期に入ったエンジンオイルはドス黒い色をしています。100時間で交換というのあくまで目安で、色が変色しきったら時間関係なしに交換したほうが良いでしょう。

2. 燃料コック/キャブレター

発電機を使い終わったら、内部の燃料をすべて使い切りましょう。意外と使い切るのを忘れてしまう方が大勢いらっしゃいますが、燃料が残っている状態で長期保管しておくと、燃料が根詰まりを起こしたり、キャブレターの清掃時期を早めてしまいます。

また、動作不良を起こす原因は上記で挙げた以外にも、キャブレターが汚れていることも考えられますので、定期的に掃除をすることもお勧めします。

3. エアフィルター

発電機は外気を取り込みながら発電します。その外気にチリや埃が大量に含まれていると、内部をいためてしまい故障の原因になります。

それを防ぐ為に吸気口にはフィルターがついていますが、エアフィルターも当然汚れます。汚れていると上手く外気を取り込めないので、汚れきったら清掃または、交換することをお勧めします。

清掃方法としては、ウエスに灯油を含ませて、エアフィルターをもみ洗いするのが有効です。交換に関しては、家庭にあるスポンジでも代用できるので、お手軽ですね。


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○インバーター発電機について

従来の発電機では、50Hzや60Hzなどの周波数を維持するため、常にエンジンを一定数にして回転させる機構が備わっているものの、エンジンは消費電力が多くなればなるほど重くなってしまい、エンジンの回転数にムラが出て電圧や周波数が変わってしまうという欠点があります。

インバーター発電機では、交流から整流である直流に一度変換を行い、ふたたび交流に戻すことで波形を安定させることが出来る、という特徴があります。 このため、通常の発電機では使用できない、充電器なども使用する事ができます。

インバーター発電機ではコンバーターという装置を使って交流を直流へと変換し、直流から交流に戻す際にインバーター装置を使って交流へと変換するのですが、このときにインバーターが周波数をコントロールするため、安定して省エネ運転をすることが可能となります。

インバーター発電機の最大の特徴は、消費電力が少ない場合には自動的にエンジンの回転数が下がり、燃料の消費を抑えてくれる点です。 エンジンの回転数は従来の発電機では一定のため、消費する燃料も減ることがほとんどないことから、インバーター発電機は従来の発電機よりも省エネ性能に優れた発電機となります。 また、インバーター発電機は回転数をそのつど下げる機構があるため、騒音が従来の発電機よりも小さい、という特徴もあります。

○インバーター発電機の選び方

インバーター発電機を選ぶときには、どのような場所でどんな目的で使うかをまずイメージしながら、発電機の使い方を考えるとよいでしょう。具体的には、たとえばキャンプで使用するために、安定した出力でなおかつ燃料の消費も抑えることが出来るインバーター発電機を選ぶとよいでしょう。 高出力でDIYや各種作業を行いたい場合にはインバーター発電機よりも通常の発電機の方が適している場合もあります。

さらに、インバーター発電機を選ぶ際には発電機を利用して使う電気製品がどのくらいの消費電力があり、起動電力は何ワットなのかを前もって調べておくことで、「せっかくインバーター発電機を買ったのに電気製品が起動しない」といった不具合の発生を防ぐことが出来ます。

インバーター発電機には現在、0.85kVA(1000ワットが1kVA)から5.5kVAの高出力タイプまでさまざまな製品がありますので、お使いになる家電製品がどれくらいの起動電力がかかるかを調べておくとよいでしょう。インバーター発電機には、ガソリンで動き長時間駆動に強いガソリン式と、カセットボンベで動き燃料保管がしやすいカセットボンベ式の、2種類の燃料方式があります。こちらもシチュエーションや目的に合わせた方式を選ぶことをおすすめします。カセットボンベ式は、メンテナンスが少ない分取り扱いは簡単です。

○インバーター発電機のメンテナンス方法について

インバーター発電機のメンテナンスをする際には、発電機の形式がガソリンで動くタイプかそれともカセットボンベを燃料とするタイプかでメンテナンス方法が変わってきます。

カセットボンベ方式のインバーター発電機については、現在は各メーカーともメンテナンスフリーのモデルを販売しているため、ガソリンで動くタイプよりはメンテナンスは簡易になります。 エンジンオイルの点検をしてオイルが劣化している場合には交換を行い、エアクリーナーなどに損傷がないかを確認して損傷があれば部品の交換、さらに内側の汚れを布で拭き、きれいにするなどのメンテナンスは必要となります。

ガソリンで動くタイプのインバーター発電機については、燃料タンクフィルタと点火プラグの清掃、マフラーに詰まりが発生していないかどうかの確認を行い、マフラーが詰まっている場合には清掃を行いましょう。

また、ガソリンタイプのインバーター発電機のメンテナンスの仕上げには絶縁抵抗計を使って100V以上の電圧がきちんと発生しているかどうかを確かめることにより、インバーター回路が正常に動作しているかをチェックすることが出来ます。発生している電圧をメンテナンスの最後にチェックする作業は、カセットボンベ式のインバーター発電機でも同様に行うようにしましょう。