電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  エア・ガス・釘打ち  >  釘打ち機・スーパーネイラ  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4 5 12

職人さんの間では『てっぽう』と呼ばれています。 高圧と常圧(一般圧)があり、現環境では工法も相まって高圧機が主流になっています。 大工さんがお仕事をする上で必須アイテムである事から需要が高く、中古相場でも値が落ちにくい傾向にあります。

長時間作業をする上で性能面や軽さを考えますと現行モデルが人気となりますが、型落ちのものでも十分に活躍できるものは高額査定の対象となります。 常圧に関しても現役で使用出来るものは数多くありますのでぜひお持ち下さい。 ピストン運動をする部分やエアホースを接続するカプラ部分に専用エアオイルによる油差しを行うといった日頃のメンテナンスも高額査定のポイントとなります。

樹脂パッキンの経年劣化によりエア漏れ等を引き起こしてしまうと査定額に大きく響く為、買い替えや職種の変更、長期在庫品等で売却をお考えの方は早めにお持ち頂く事をおすすめします。 エアホースやエアホースドラムなどもお買取してますので、一緒にお持ち頂ければと思います。

【高額買取人気メーカーランキング】 1位MAX 2位日立工機 3位マキタ 4位若井産業


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○釘打ち機についての基礎知識

釘打ち機は、エアーの力使い釘を自動的に打つための機械で、先端を打ち込み箇所に押し当てトリガーを引くと釘が打ち込まれます。強力なパワーを持っているので、モデルによって長い釘も連続で打ち込む事ができるため、大幅に作業効率を改善する事ができます。

釘打ち機は、材料を板や壁に固定するために利用します。木材への使用が想定されており、コンクリートに使対して使うことはできません。コンクリートに対して打ち込むさいには、ガスネイラなどを別の工具を使用する必要があります。

釘打ち機の種類としては、エアーコンプレッサーを使って空気による力を使った空気式、ガスを利用することによってパワーを作り出すガス式、更には電源を使ってパワーを作り出す電気式、専用の装備を使って火薬を燃やし、そのパワーを使って打ち出す火薬式があります。 現行で主流な種類はエアを使うモデルとガスネイラになります。

注意点は、先端が押された状態でトリガーが引かれると釘が打たれてしまうため、持ち運びの際にはロックをかけて運ぶ事で暴発を防ぐ事ができます。また、コンプレッサの空気圧が足りないと満足に打ち込む事ができません。また、本体でも打ち込み深さを調節できるモデルがほとんですので、適した深さに打ち込めるよう調整してください。

○釘打ち機の選び方

エアで使う釘打ち機には、常圧で使うものと高圧で使うものがあります。 高圧の釘打ち機の方がパワーがあり、長い釘や太い釘を打ち込む場合には高圧釘打ち機を選ぶと良いでしょう。 とくに現場によって使用する釘が指定される事もある為、指定された釘に対応している機種を選ぶ必要があります。

釘打ち機は、装着できる釘の長さによって複数種類存在します。小型のものでは50㎜釘まで入るものから、大きいもので90㎜まで入る釘打ち機があります。 対応釘の長いモデルであれば、基本的には短い釘にも対応する事ができますが、本体が大きい分重くなっており、長時間持ち続けた際の疲労に差がでてきます。 釘を入れ替える事も手間ではありますので、主に使用する釘の長さに適したモデルを選ぶ事をおすすめします。

メーカーによる違いは、本体やハンドル部分の形状が異なっており、使用感に差があります。性能面では大きな違いはあまりありませんので、実際に使用してみて使いやすいと感じたものを選ぶと良いでしょう。 メーカーではMAX、日立、マキタ製を選ぶと、不具合が起きた際のサポートも含め、安心して長く使用する事ができます。

○釘打ち機のメンテナンス方法について

釘が突然打ち込まれないトラブルが起こりやすく、その状態のまま作業を続けていると2度打ちを起こしてしまいます。2度打ちは反動によって起きてしまうもので、釘打ち機のメンテナンスを怠っていると起こりやすいです。 特に釘打ち機構周りの詰まりが要因ですので、ポンチなどを使用して清掃と確認を細目に行うことがオススメです。

エアーコンプレッサーを採用している空気式の場合、突然空気が送り込まれなくなり、釘打ち機が動かないこともあります。これはエアー供給部分が詰まっている、もしくは破裂しているなどの理由で正常に送り込まれず、空気漏れている可能性もあります。漏れが生じている場合ゴムパッキンの劣化等が原因ですので、修理を依頼してください。

また、釘打ち機では、使用前後にエアーツール用オイルを入れないと、駆動が悪くなってしまい、打ち込みが突然できなくなったり、パワー不足に陥る場合もあります。使用前後に注油し空打ちすることで内部に巡らせることができ、本体寿命を延ばす事が可能です。