電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  エア・ガス・釘打ち  >  タッカ・ピンネイラ  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4

コンプレッサーと繋ぎ、その空気圧でステープルと呼ばれるコの字の針を打ち出し、様々な部材の接合・固定等に使用されます。 一般の方でも必ず1度は使った事があるホッチキス。その後産業用工具として手動式釘打ち機のガンタッカを経て、空気の力を利用しステープルを打ち込むエアタッカーが販売された事で作業効率の高さから高度成長期と共に急速に普及しました。

高圧、常圧共に軽さや差込部分など多少異なりますが構造はほぼ一緒です。 買取相場としては高圧機が高額になる傾向がありますが、どちらも需要があり買取強化中です。

専用エアオイルによる日頃のメンテナンスも高額査定のポイントとなります。 樹脂パッキンの経年劣化によりエア漏れ等を引き起こしてしまうと査定額に大きく響く為、買い替えや職種の変更、長期在庫品等で売却をお考えの方は早めにお持ち頂く事をおすすめします。

【高額買取人気メーカーランキング】 1位MAX 2位日立 3位マキタ 4位若井産業


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他
主要買い取り対象メーカー・ブランド

○充電式タッカ・充電式ピン打ち機について

充電式タッカと充電式ピン打ち機は一見すると本体の見た目は似ていますが、用途は充電式タッカと充電式ピン打ち機では異なります。

具体的には、充電式ピン打ち機がピンネイルという釘の頭と径の部分がストレートになっているピンを打ち込む工具であるのに対して、充電式タッカはステープルと呼ばれるホッチキスの針のような形をした又釘や針を打つ工具となります。

用途としては、充電式ピン打ち機が主に作業現場で塩ビシート巻きの建材を固定するなど、材料の仮止めになります。 充電式タッカは一般の方が行うDIYで布地を木材に固定するために使用したり、椅子やベッドの布地を木材に張り付ける、断熱材や下地材を留める、パネルやキャンバス地を留めるなどの幅広い作業に対応出来るのが特徴です。

充電式タッカは通常の手動タッカと比べてステープルを打ち出すパワーに優れ、なおかつ充電式のためコードレスで取り回しもしやすいという特性があります。 充電式ピン打ち機は建材打ち作業に用途がほぼ限定されていますが、現場で取り回しが良い事に加え、釘頭を目立たせたくない場合に非常に重宝する工具です。

○充電式タッカ・充電式ピン打ち機の選び方

充電式タッカを選ぶ際には、モーターのパワーで充電式タッカを選ぶよりも、タッカを打ち込むバネの力が強いもの、打ち込める針足の長さで選ぶことをおすすめします。 対応している針の巾にも違いがありますので、使用する針に合わせて本体を選んで下さい。

現在は、日立やMAX、マキタが充電式タッカを製造・販売している代表的なメーカーですが、この中でもとくにMAXの充電式タッカがバネの力が強く、安定してハイパワーでステープルを打ち付けることが可能となっています。 日立やマキタの充電式タッカも取り回しや性能の点ではMAXに勝るとも劣らないのですが、やはり現在ではバネの力が一つ分、頭が抜けているMAXに人気が集中しています。

また、充電式ピン打ち機の選び方については、まず打ち込めるピンの長さに着目すると良いでしょう。また、持ち手のハンドル部分の重心が出来るだけハンドル側(下側)にある方が、現場では取り回しやすくなります。 重心がハンドル側にあれば充電式ピン打ち機でピンを打ったときでも反動が起きにくくなり、しっかりとピンを打つことが可能となります。

○充電式タッカ・充電式ピン打ち機のメンテナンス方法について

充電式タッカ・充電式ピン打ち機をメンテナンスする際には、まず最初に本体に装填されているステープルやピンをすべて取り外してください。誤作動を防ぐためにバッテリーも外して作業してください。

充電式タッカ・充電式ピン打ち機にステープルやピンが長期間装填されたままの状態が続くと、錆びが発生することがありますので、必ずステープルやピンは取り外すようにしましょう。 次に、鉄で出来ている箇所に油を薄く塗って錆びを防ぐ作業を行いますが、油を塗る際には製品に付属している油があれば純正の油を使用してください。

純正の油ではなくても使用出来る油もありますので、メーカーの取扱説明書に記載されている指定オイルを使ってメンテナンスをするようにしてください。 また、充電式タッカ・充電式ピン打ち機ともに、打ち出し部分にほこりやゴミが付いていると故障の原因になりますので、メンテナンスの際にはマガジンベースを引き出してステープルやピンが装填されていないことを確認した上で、打ち出し部分の清掃を行うとよいでしょう。

もし、機械本体に不具合が発生してステープルやピンが打ち出せない状態になったときには、万が一、不意の発射などが起こる可能性もあり自分で直すのは危険が伴うため、メーカーや専門の業者に修理を依頼しましょう。