電動工具の高価買取&売るなら国内最大のツールオフ

  • お問い合わせ・ご相談は

選べる4つの電動工具買取方法

電動工具買取専門店 TOP >  買取実績 >  エア・ガス・釘打ち  >  エアインパクト・その他エア工具  > 

「ツールオフ」の最新!実績

1 2 3 4

圧縮空気を動力源とする道具です。 電動と比較し小型で軽量のものが多くモーターも熱を持たない為、連続作業に適していると言えます。 中でもエアインパクトレンチは幅広いメーカーで販売されており自動車整備等をされている方々には重宝されるアイテムで、工場や作業場に必ずといって良いほど常備されていると思います。 圧縮空気には水分が含まれており、多くの場合エアツール内のサビが原因でパワーダウンや回らなくなってしまう事があります。

使用前と使用後にエアツール専用オイルをカプラ部分に数滴注油し空回しする事でサビや汚れを防いでくれます。 そういった日頃のメンテナンスが高額査定の重要なポイントとなります。 インパクトソケットなど付属でお持ち頂けるとその分査定額も上乗せ出来ます。 エアインパクトドライバーもお買取強化中ですので、ぜひお持ち下さい。

【高額買取人気メーカー】 MAX・日立工機・マキタ・スナップオン・マックツールズ・KTC 空研・信濃・TONE 他


電動工具買取品目一覧

items list

○電動工具「締めつけ・穴あけ・ハツリ」
○電動工具「研磨・切削・ホゾ穴」
○電動工具「切断・曲げ」
○エア・ガス・釘打ち
○エンジン工具
○計測・測量機器
○集じん・ブロワ・園芸工具
○ハンドツール
○油圧工具
○農機具
○土木建設機械
○重機
○その他

アサダ(Asada)、アースマン、イクラ精機、エアマン(AIRMAN 北越工業)、キトー(KITO)、キヨーワ(ポンプ)、TONE(前田金属工業)、タジマ(Tajima)、タスコ(TASCO)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、日東工器、ユタニ(YUTANI)、ヤマハ(YAMAHA)、マルチ計測器、荏原製作所など

○エアインパクトドライバについて

エアコンプレッサを搭載し、そこで圧縮した空気を動力として、打撃を与えながらネジの脱着を行うドライバのことをエアインパクトドライバと言います。エアコンプレッサを搭載しているぶん、通常のインパクトドライバよりも強力に稼働することが最大の特徴です。 エアインパクトドライバには、ストレート型、ピストル型、アングル型とそれぞれ形状の異なる種類が販売されており、作業の場所や種類に応じてそれぞれを使い分けると便利です。

一直線の形状で握って使うタイプのストレート型は、小型であることから特に扱いやすく、下へ向けてネジの脱着を行う際に適しています。トリガーを握って稼働させるピストル型は、特に横向きの作業で効力を発揮しますが、上向きや下向きなどあらゆる角度に使用しやすい万能型です。最後にアングル型は、形状としてはストレート型と似ていますが、先端部分が折れて下を向いているという特徴があり、ストレート型では入らないような狭い場所へのネジの脱着に適しています。

非常に強力な締め付け力があるため、モデルによって細かいネジ締めには向きません。ビットの形状を確認し適したものを使うことで、安全かつ快適に作業する事ができます。

○エアインパクトドライバの選び方

ストレート型の場合には握って使用するため、上向きや横向きでは安定しにくいのですが、そのぶん下向きの作業では効果的であることから、ライン作業等におけるネジの脱着には最も向いています。

ピストル型は文字通りピストルの形をしており、トリガーを引いて稼働させるので万能ですが、横向きの作業において最も性能を発揮するので、建物等に平面で取り付る物へのネジの脱着に適しています。

アングル型は先端がL字になっており、狭い場所に差し込むようにしてネジの脱着を行えるエアインパクトドライバですから、他の種類では作業が難しい細かい作業に臨む際には用意しておきたい少し特殊なタイプのエアインパクトドライバです。

各メーカーごとに違いが生じやすいのは使用空気圧の強弱となっており、一般的な作業においては0.5~0.7MPaほどの性能で充分ですが、より強力かつ素早い作業が求められる場合には1.0MPa以上の空気圧を持つエアインパクトドライバを選択すると良いでしょう。

エアインパクトドライバを取り扱う二大メーカーはマキタとマックスであり、マキタは使用空気圧の強いプロ向きの製品が多く、マックスは使用空気圧を抑えたDIYに適した製品が多いことが特徴です。

○エアインパクトドライバのメンテナンス方法について

エアインパクトドライバは、いずれのタイプにおいても仕組みが同一であることからメンテナンス方法は同様です。基本的なメンテナンスとしては注油が必要であり、エアの取り入れ口に数滴の油を差し込んで内部の部品の摩擦を極力減らすことによって長持ちさせることができます。

また、水切りも必要な要素として各メーカーが説明しており、注油を行う前にはエアの取り入れ口を下向きにして、中に溜まった水分を一度出すということも忘れてはいけない重要なメンテナンスの一つです。これを怠ってしまうと、注油した油分と中の水分が混じって注油の効果が半減されるほか、濁った水が外部に漏れ出してくるという可能性も出てきます。

エアインパクトドライバで頻繁に起こるトラブルが、稼働している途中でパワーを失って回転数が足りなくなるというものです。日頃のメンテナンスが不足している場合に起こりがちなトラブルですが、エアインパクトドライバ自体が致命的なダメージを受けている可能性は低く、修理できる可能性があります。

各部品に注油を行ってオーバーホールするだけで元に戻ることが大半ですが、それでも不可能な場合にはハンマー部分の消耗やギヤの破損が考えられ、一部の部品を交換するだけで元通りに稼働します。